日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

オクラの育て方!種まき時期・水遣り・間引き・支柱立て・害虫対策!

オクラ 育て方

オクラの育て方!種まき時期・水遣り・間引き・支柱立て・害虫対策!ネバネバが特徴で、夏バテにも効果の
ある オクラ

 

夏から秋にかけて、旬を迎えるオクラ
家庭菜園の定番野菜でもあります。

 

さっと湯がいて叩いてご飯のお供にも
してもいいですし、天ぷらやフライと
いった調理にも合います。

 

自分で育てて収穫したものであれば、
美味しさも格別ですよ。

 

そこで今回は、種から育てるオクラの
育て方
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

オクラの育て方・種まき時期と方法は?

オクラは、アフリカ原産の野菜なので
寒いところが苦手です。

 

気温が10℃以上、日がよく当たる場所
で育てましょう。

 

種まきの時期は、 4月下旬~6月中旬
くらいまでがベストです。

 

発芽には25~30℃くらいの時が適して
います。

 

オクラの種はかたい皮に覆われている
ので、種まきの前日に浸水しておくと
良いです。

 

すると、柔らかくなり発芽率もアップ
するのでポイントとなります。

 

地植えにする場合、1週間くらい前に
土作りをしておきましょう。

 

できれば温度を保つため、土の上から
農業用のビニールシートで覆っておく
ようにしましょう。

 

種植えの間隔は30~60cmくらい開け、
深さ1cmほどの穴を掘って、4~5粒
くらい種をまきます。

 

後は、軽く土をかぶせ、水をたっぷり
と与えましょう。
 
オクラのゆで時間と下ごしらえ・レンジで簡単に!離乳食では?
 

 

オクラの育て方・日当たりや水遣りは?

オクラを育てる上で最も大切なことは、
日当たりが良く、 温かい場所
育てることです。

 

寒い時にはビニールで覆って保温する
などの工夫が必要です。

 

種から育てる場合、発芽するまで土の水
を切らさないように水遣りをしましょう。

 

ただし、水を与えすぎると腐って枯れて
しまうので、その点は注意してください。

 

オクラの育て方・間引き・支柱立ては?

オクラは発芽率があまり良くないため、
間引きは慎重に行っていきましょう。

 

本葉が2~3枚になったタイミングで、
弱そうな芽は1本抜いてしまいます。

 

その後、草丈が10~20cmくらいまで
成長したら、一番元気のあるものを
1本残して間引きします。

 

オクラは1mを超える高さに育つので、
草丈が30cmくらいになるタイミング
支柱を立てましょう。

 

支柱は150~180cmくらいの高さの物
を根元から10cmほど離して立てます。

 

ビニールや麻ひもで株と支柱を結んで
あげましょう。

 

また、葉かきといって、オクラの葉を
摘み取って株元の通気性をアップして
あげると、実の成長が良くなります。

 

実の周りの数枚の葉を残して、あとは
すべて葉っぱを切リ落としても問題は
ありません。

 

そうすると、実に栄養が行きわたり
やすくなり、品質が良くなります。

 
オクラの栄養成分・効能・美容効果!妊婦さんにもおすすめ!
 

 

かかりやすい病気や害虫の対策は?

オクラは発芽までは水をあげる必要が
ありますが、過度にあげると腐って
しまいます。

 

最もかかりやすい病気に 苗立ち枯れ病
というのがあります。

 

水を与えていても葉が萎れている時は、
この病気かもしれません。

 

土壌細菌が原因で、治療はできません。

 

他の株に感染してしまう可能性もある
ので、疑わしい時は処分してください。

 

その後、薬害が少ない殺菌剤を散布して
他の株の成長は様子を見ていきましょう。

 

総称を「ネキリムシ」というカブラヤガ
やコガネムシなどの、株元の根を食べて
しまう害虫にも注意が必要です。

 

種まき~発芽時期の5月くらいから活動
するようになります。

 

土の浅い部分に潜んでいるので、被害が
出たら、土の浅いところを掘り返して
取り除きます。

 

薬剤を散布することで被害を防げますが、
ストローや段ボールなどで茎の周りを
囲んでおくことも効果的です。

 

野菜につきやすい アブラムシ
付くことがあります。

 

アブラムシが出たら、ガムテープなどで
引き剥がしましょう。

 

木酢液や唐辛子水などを散布することで
予防することができます。

 

せっかく育てているのに害虫対策を怠る
と勿体ないことになるので、ご注意を。

 

オクラの育て方についてご紹介しました。

美味しいオクラを育てて、夏場の食卓を
彩ってみましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。