日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

猫アレルギーの検査方法!病院は何科で?費用や市販のキットも!

猫アレルギー 検査

猫アレルギーの検査方法!病院は何科で?費用や市販のキットも!猫を飼いたいと思った時に気になるのが
「猫アレルギー」の存在です。

 

特に、他のアレルギーがある人は、反応
してしまわないかどうか心配ですよね。

 

そういう場合は、病院で検査を受けると
よいですが、何科に行くべきか迷って
しまうこともあるようです。

 

また、その方法や費用などもどのくらい
かかるか気になりますよね。

 

そこで今回は、猫アレルギーの検査方法
や費用面
についてご紹介します!

Sponsored Link

 

猫アレルギーの検査・病院は何科で行う?

どうも猫アレルギーらしいという 症状
出てしまった場合は、検査を受けるべき
です。

 

また、猫を飼いたいという場合も、他の
アレルギーを持っている方は、一度検査
をしてもらってからの方がよいでしょう。

 

病院は内科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科、
アレルギー科
などで受けられます。

 

罹り付けの内科でまず相談するとよいです。

 

鼻に症状が出ていれば耳鼻咽喉科、皮膚
ならば皮膚科、目ならば眼科にまず行く
のもよいと思います。

 

赤ちゃんの場合は、まず 小児科で相談して
みて下さい。

 

その病院で対処出来なければ、適切な病院
を紹介してもえるはずです。

 

また、検査は出来るけれど、その後の治療
に関してはアレルギー科の医師の方が確実
かと思われます。

 

最初から通いやすい所にあるアレルギー科
のある病院を探して行くのもおすすめです。

 
猫の毛が抜ける原因・時期・対策!部分的抜け毛やフケ毛は病気?
 

 

猫アレルギーの主な検査方法は?

猫アレルギーに限らずアレルギーの検査は

・問診
・血液検査
・パッチテスト

が基本です。

 

何らかの症状が出たという患者に対して、
医師は問診を行い、アレルギーの原因と
なる物質に検討をつけます。

 

そして、採血を行ない、猫アレルギーで
あるかどうかを検査します。

 

RAST検査が信頼性が高いとされています。

検査の結果は、数値で示されます。

 

パッチテストは、アレルゲンを突き止める
ために、皮膚の表面に原因と思われる物質
を貼りつけて、反応を見るものです。

 

猫アレルギーの検査費用はどのくらい?

症状が出てから検査を行なった場合、治療
の一端となりますので 保険が効きます。

 

しかし「これから猫を飼うから調べておき
たい」
などという場合には、費用の全額が
自己負担になります。

 

保険が適用される場合は病院によりますが、
5000円くらいで済みます。

 

保険が適用されない場合は、5000円~1万円
くらいかかってしまいます。

 

なかにはもっと高額の場合もありますので、
あらかじめ問い合わせたほうがよいですね。

 

数値を出すだけでしたら、どこの病院でも
結果は変わりません。

 

何軒か問い合わせて費用が安い所で調べて
もらうのも一つのやり方です。
 
猫の誤飲の症状と対処法!ビニール・紐・ゴム・おもちゃ注意!
 

 

市販の検査キットを購入する手も!

猫アレルギーを検査するための キット
販売されています。

 

キットに添えられている説明書に従って
指先から数滴の血液を採取し、検査機関
に送って陰性か陽性を調べてもらいます。

 

キットは宅配便で送られてきます。

採取した血液はクール便で返送します。

 

費用は7000円程のようです。

 

病院へ行く時間がなかなかとれない人で、
自分で血液を採取するのに抵抗がない人
は、やってみてはいかがでしょうか。

 

猫を飼ってしまってからアレルギーが
あることがわかると大変です。

 

なるべく猫を飼う前に検査してもらう
方が得策です。

 

もし猫アレルギーがあるとわかっても、
絶対に飼えなくなるわけでもありません。

 

自分や家族のためにも、猫のためにも
きちんと検査を受けておきましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。