日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

簡単で夜すぐに眠れる方法!食事・飲み物・入浴法・ツボ・呼吸法!

夜 すぐに眠れる方法

簡単で夜すぐに眠れる方法!食事・飲み物・入浴法・ツボ・呼吸法!夜、寝ようと布団に入っても、なかなか
寝付けない経験は誰にでもありますよね。

 

何度も寝返りを繰り返しては、何時間も
経ってしまい、イライラすることも…。

 

大事な予定が入っている前日に限って
眠れないこともあり、つらいですよね。

 

不眠症になると、それが毎日のように続く
わけですから、昼間の活動にも影響します。

 

そこで今回は、誰にでもできる、簡単で
すぐに眠れる方法
をご紹介します。

Sponsored Link

 

簡単で夜すぐに眠れる方法とは?

「眠れない」と考え出すと、余計眠れなく
なるのが、非常に厄介ですね。

 

その反対で、「何とかして起きていよう」
とすると、眠気が急に襲ってくることが
あります。

 

この両極となる心理こそが、簡単ですぐに
眠れる方法のヒントとなります。

 

実際に、 不眠症の患者さんを対象とした、
ある実験結果が報告されています。

 

下記の2つの意識をそれぞれ持ったまま
夜布団に入ってもらいます。

・「眠ろうとする意識」
・「起きていようとする意識」

どちらが早く寝付くかという実験です。

 

結果として「起きていようとする意識」を
持った患者さんの方が、早く眠りに入った
人が多かったようです。

 

また、目を閉じるよりも、目を開けたまま
でいたほうが早く入眠できるという結果も
出ています。

 

これは、心理学でいう「逆説思考」という
ものです。

 

眠れないことに意識を向けないということ
が最も重要といえそうですね。

 

他にも、「これをやれば眠れる」という自分
なりのルーティーンを見つけると、条件反射
のようにすぐ眠れるようになります。

 

では、具体的な方法をいくつかご紹介します。

 

 

すぐに眠れる食事の取り方やおすすめの飲み物は?

夜、 食事後にすぐに寝るのは、入眠障害になる
だけでなく、消化の面でも良くありません。

 

確かに満腹になると眠くなることもありますが、
そこで寝てしまうと睡眠のリズムが狂い始める
ようです。

 

まず、その日1日だけ食べ過ぎてしまうことが
ないよう、心掛ける必要がありそうです。

 

理想は、睡眠の 2時間以上前に食事を済ませる
ことです。

 

それが難しい場合は、脂っこいものや刺激物は
避け、できるだけ消化の良い野菜スープなどが
おすすめです。

 

夜、寝る前には飲酒やたばこもやめましょう。

 

お酒を飲むと眠れると思いがちですが、神経が
高ぶって、寝付きが悪くなります。

 

おすすめの飲み物としては、ホットココア
ホットミルクです。

 

体を温めることによりリラックス効果が高まり、
スムーズに入眠に導いてくれます。

 

ただし、糖分は睡眠の質を低下させるため、
なるべく控えめにして下さい。

 

ノンカフェインのハーブティーやカモミール、
ルイボスティーなども効果的です。

 

1度飲んだからといってすぐに眠れるわけでは
ありませんので、毎日の 習慣にすると良いです。

 

 

すぐに眠れる入浴法は?

寝る前に入浴する場合は、布団に入る1時間前
を目安に、 ぬるめのお風呂に浸かりましょう。

 

シャワーだけで済ませたり、熱いお風呂に入る
のは逆効果になります。

 

ぬるめのお風呂に浸かることで、全身の筋肉を
リラックスさせ、自律神経も副交感神経
優位に働くよう促します。

 

リラックス効果が高く、質の良い睡眠を促す
アロマを垂らすのも良いでしょう。

 

ラベンダー、サンダルウッド、ベルガモット、
スイートオレンジなどです。

 

香りの良いシャンプーやボディケアグッズも、
睡眠に良い影響を与えてくれます。
 
ココアの効能とダイエット効果!よく眠れる?
 

 

すぐに眠れるツボや呼吸法は?

眠りを促進させる ツボ 呼吸法もあります。

 

手軽に始められますし、効果も高いので、
ぜひ試してみて下さい。

 

頭のちょうどてっぺんにあたる「百会」
1分くらい押してみると、目の疲れや不眠に
有効とされています。

 

また、耳のすぐ後ろにあり、下に向かって
いる骨の指一本分下にあるツボは、「安眠」
と呼ばれています。

 

頭の後ろから反対側の手を回し、手の平で
首を包むように押しましょう。

 

また、不眠に有効とされる 「4-7-8呼吸法」
というものがあります。

 

やり方は下記の通りです。

1.口を閉じて、ゆっくり鼻から息を吸う(4秒)
2.息を止める(7秒)
3.口からゆっくり息を吐く(8秒)

これを3セット繰り返します。

 

最初は少し苦しいと思いますが、ゆっくり
深く呼吸すると体をリラックスさせる効果
が高まります。

 

入眠しやすく、良質な睡眠が得られる方法
の1つとして有名です。

 

また、通常の 深呼吸や、 腹式呼吸などでも
副交感神経を優位に導くことが可能です。

 

夜すぐに眠りたいのなら、焦らずゆっくり
呼吸法を行ってみて下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。