日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

さくらんぼの食べ過ぎは腹痛・下痢・便秘に!種には毒もある!

さくらんぼ 食べ過ぎ

さくらんぼの食べ過ぎは腹痛・下痢・便秘に!種には毒もある! さくらんぼは可食部が少ないため、
つい食べ過ぎてしまいがちですね。

 

沢山食べて腹痛を起こした経験がある
という方も多いかもしれません。

 

胃腸の弱い人や子供が食べ過ぎてしまうと、
下痢や、逆に便秘になることがあります。

 

ガスが腸に溜まり、お腹が張ってしまうと
という話を耳にすることも…。

 

そこで今回は、さくらんぼの食べ過ぎに
よる健康被害
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

さくらんぼの食べ過ぎは腹痛や下痢を起こす?

生のさくらんぼを食べている時に・・・

「食べ過ぎるとお腹が痛くなるよ!」

といわれた経験はありませんか。

 

これは、果肉に含まれる「ソルビトール」
という天然の甘味料が影響しています。

 

この成分は消化されにくく、胃腸が弱い人が
食べると下痢や腹痛を起こすことがあります。

 

さくらんぼは特に、ソルビトールの含有量が
多く、100g当たり4.6gも含まれています。

 

便秘の人に、20gほどのソルビトールを摂取
させると、下剤のような効果を示すといった
データもあります。

 

シュガーレスのガムやキャンディにも、同じ
成分が使用されているものがあります。

 

ですから・・・
「食べ過ぎるとお腹が緩くなることがある」
という趣旨の注意書きがされています。

 

便秘の人は、お通じを良くする効果が得られ
るため、ありがたいと思いがちですね。

 

ただ、それほど単純な話ではありません。
 
長野県の人気のさくらんぼ狩りスポットは?
 

 

さくらんぼの食べ過ぎは便秘やガス(おなら)が増える?

確かにさくらんぼは、ソルビトールの効果
により 便秘解消の効果が期待できます。

 

ただし、皮が固ため、消化に悪い一面を
持っています。

 

また、 不溶性の食物繊維が豊富に含まれて
いるため、過剰摂取により便秘になること
もあります。

 

水溶性の食物繊維と異なる部分を持って
いるようです。

 

また、さくらんぼの食べ過ぎは、お腹に ガス
が溜まりやすいという噂も耳にします。

 

これは、人工甘味料の一部が腸内にガスを
溜めやすくするという話が転じてのことの
ようです。

 

実際には、さくらんぼに含まれている天然
のソルビトールに、そのような性質はない
ようです。

 

とはいえ、食べ過ぎは禁物です。

 

ソルビトールは糖アルコールの1つであり、
糖尿病の人などは依存しやすい傾向がある
ともいわれています。

 

血糖値が上がらないのはありがたいこと
ですが、人工甘味料も含め 賛否両論あり
ます。

 

いずれにしても、さくらんぼを食べたから
といって急激におならが増えることはない
と考えて良いでしょう。
 
さくらんぼアレルギーの症状!唇の腫れや喉の奥の痒みも!
 

 

さくらんぼには微量の毒が!食べ過ぎて死ぬこともある?

実は、さくらんぼの種には が含まれて
います。

 

「シアン化水素」と呼ばれる猛毒の1つで、
俗にいう「青酸」というものです。

 

揮発性が高く、気体になると「青酸ガス」
とも呼ばれており、耳にしたことのある
方も多いと思います。

 

通常、さくらんぼの種まで食べる人はまず
いませんが、年配者やお子さんの場合だと
注意しなくてはいけません。

 

ただし、誤って1粒種を飲んでしまったから
といって即死するような心配はありません。

 

当然ですが、種をしっかり吐き出すように
することは重要ですね。

 

 

見た目も可愛く、美味しいさくらんぼですが、
やはり、どんな食べ物も過剰摂取には注意が
必要ですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。