日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

鼻血が出る原因と正しい止め方!冷やす?子どもの場合は?

鼻血 原因 止め方

鼻血が出る原因と正しい止め方!冷やす?子どもの場合は?鼻の粘膜が弱まっていたりすると
急に 鼻血が出てしまうことがあります。

 

痛みがない場合も多く、いきなりの出血
に慌ててしまうことも多いですね。

 

なかなか止まらないと不安になりますし、
子どもの場合は尚更です。

 

鼻血の止め方には誤解も多く、正しい方法
を知らないと、悪化することもあります。

 

そこで今回は、鼻血が出る主な原因や、
正しい止め方
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

そもそも鼻血が出る原因とは?

鼻血が出る原因は様々ですが、出血する際の
ほとんどは キーゼルバッハ部位で起こります。

 

鼻の内部を左右に分ける壁を「鼻中隔」と呼び
ますが、その前下端部のことを指しています。

 

この部分にある粘膜は鼻の穴からも近いため、
指や綿棒などでも触れやすく、外的な刺激
受けやすくなっています。

 

前、後篩骨動静脈をはじめとする複雑な血管網
が形成されており、特に 静脈が切れて出血する
ことが多い場所です。

 

例えば、風邪や花粉症などで鼻水の量が多いと、
鼻をかんだりくしゃみをしたりすることがあり
ますね。

 

その際、一時的に急激な血圧上昇が起こると、
血管の一部が切れたりして鼻血が出ることが
あります。

 

また、何度も鼻をかんだりすると、粘膜にある
血管に刺激が蓄積されてしまいます。

 

他にも、転んで鼻をぶつけたり、ボールなどが
当たったりという突発的な刺激によって鼻血が
出ることも多いですね。

 

ただし、これらは一時的なもので、上手く止血
すれば数分以内に治まることがほとんどです。

 

稀に鼻血がダラダラ出続けて止まらないという
危険なケースもあります。

 

高血圧などの他、白血病が原因という場合には
止血することが難しく、歯茎からも出血すると
いったことも起こります。
 
チョコレートの食べ過ぎで鼻血が出るって本当?
 

 

鼻血の正しい止め方は?冷やすのも有効?

キーゼルバッハ部位の裂傷による鼻血の場合、
圧迫止血が基本です。

 

出血している側の鼻の上から、指で圧し潰す
ように10分程度圧迫し、安静にします。

 

顔を上に向けて処置する人も多いですが、血液
に回らせることになるため、誤りです。

 

出血が多い場合、窒息することもあるので、
正しい止め方を実践して下さい。

 

基本的に、下を向いて鼻をつまんで止血します。

 

万一、喉に血液が回った際は、飲み込まずに
吐き出して下さい。

 

鼻の付け根を冷やしながら処置するのも効果的
で、冷やすことで 血流を鈍らせるため、正しい
止め方の1つです。

 

後頭部をトントン叩いて止めようとすることも
多いですが、こちらは逆効果になる可能性が
高いため、やめましょう。

 

鼻にティッシュなどの詰め物をするのも、垂れ
てくる血を受け止めるだけで、鼻血の止め方と
しては有効ではありません。

 

また、処置する時は横に寝るよりも椅子などに
座り、 心臓よりも鼻が高い位置に来るように
したほうが早く止まります。
 
血の染み抜き!ベッドのマットレス、布団、ソファー、カーペット!
 

 

鼻血の止め方・子どもの場合は?

子どもは、鼻の粘膜が未熟なため、大人よりも
鼻血を出しやすい傾向があります。

 

主な原因は、大人と同様にキーゼルバッハ部位
の血管の裂傷なので、圧迫止血を行いましょう。

 

特に、子どもの場合は喉に血液が回ると危険
なので、下向きにして処置をして下さい。

 

じっとしていない子もいますが、なるべく安静
にさせ、小鼻の辺りを冷やしてあげましょう。

 

ちょっとした発熱や、鼻をかんだ際に出血する
ことも多いため、慌てず正しい止め方を実践
して下さい。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。