日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ミニトマトの保存は常温・冷蔵・冷凍?へたを取り水に浸けても!

ミニトマト 保存

ミニトマトの保存は常温・冷蔵・冷凍?へたを取り水に浸けても!家庭菜園の定番野菜のひとつ、 ミニトマト

 

お弁当やサラダの彩にも欠かせないので、
常備しておくと便利な野菜です。

 

ただし、放っておくと熟して破裂したり
するため、保存方法が気になりますね。

 

できるだけ長持ちさせるには、どのような
方法が最適なのでしょうか。

 

そこで今回は、ミニトマトの保存について
詳しくご紹介します!

Sponsored Link

 

ミニトマトの保存・常温と冷蔵のどっち?期間は?

ミニトマトは、既に 食べ頃になっていれば
冷蔵庫で保存しましょう。

 

最適な保存温度は8~10℃なので、冬なら
常温でも問題なさそうです。

 

もし、まだ青くて固いという場合は、常温
に置いて追熟させましょう。

 

8~10℃の常温、または冷蔵庫での保存の
場合、 1週間くらいが期間の目安です。

 

冷蔵庫に入れておくと乾燥してしまうのが
気になりますよね。

 

そんな時には、ミニトマトを洗い、へた
取ってから濡らしたキッチンペーパーなど
にくるんで保存します。

 

ビニール袋などに入れておくと良いですね。

 

2週間くらいは長持ちさせることも可能です。
 
トマトソースの保存方法は?活かすレシピも!
 

 

ミニトマトの保存・水に浸けておくのも!へたは取るべき?

ミニトマトを長持ちさせる方法として、
浸けておくという手もあります。

 

買ったり収穫したりしたミニトマトを洗って
からへたを取り、水を張ったタッパーなどに
浸けてから、そのまま 冷蔵庫に入れます。

 

タッパーの水は、毎日取り換えるように保存
しておくと、2週間~1ヶ月くらいフレッシュ
さを保つことができますよ。

 

濡らしたキッチンペーパーなどにくるんでから
ジップロックなどに入れておくのも良いですが、
ダイレクトに水に浸けておく方法もあります。

 

ミニトマトの保存・冷凍の方法と期間は?

実は、トマトは冷凍すると 旨味が増す野菜の
ひとつです。

 

ミニトマトも同様に冷凍保存ができますよ。

 

方法は、綺麗に洗ってからへたを取り、その
ままジップロックなどに入れて冷凍します。

 

こちらは、2ヶ月~半年くらい長持ちします。

 

ただし、解凍しても生の状態には戻らない
ので、スープに入れたりして使用します。

 

また、そのままおろし金でおろすと、トマト
のシャーベットのようにして食べられます。

 

離乳食にも使えますので、その点は便利です。
 
驚くべきミニトマトの栄養成分と効果・効能!
 

 

ミニトマトのピクルスの保存法は?

たくさんある時には、 調理して保存するのも
おすすめです。

 

ただ、ミニトマトは大きなトマトと比べると、
トマトソースやケチャップなどには向かない
ようです。

 

ですから、酢や砂糖などを合わせたピクルス液
に漬けておくだけのミニトマトピクルスにする
のが良いでしょう。

 

手順としては、綺麗に洗ってへたを取り、1箇所
爪楊枝で皮を刺してを開け、ピクルス液に浸け
込みます。

 

2週間~1ヶ月くらいは保存が利きますよ。

 

酢には 抗菌作用があるので、夏はお弁当の彩り
などに活用できますね。

 

 

いかがでしたか?

家庭菜園でせっかく採れたのに、捨てるような
ことになれば勿体ないですね。

 

ぜひ、お試し下さい。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。