日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

手作りマヨネーズの簡単な作り方!豆乳やオリーブオイルでも!

手作りマヨネーズ 作り方

手作りマヨネーズの簡単な作り方!豆乳やオリーブオイルでも!マヨラーという言葉も定着したほどの
魅惑の調味料、 マヨネーズ

 

市販のものは添加物なども気になるため、
家で作りたいと考える人も多いですね。

 

もし作ったことがなくても、そんな方には
ぜひ手作りマヨネーズに挑戦してほしいです。

 

難しそうに思えるかもしれませんが、意外と
簡単ですし、特別な材料も要りませんよ!

 

そこで今回は、手作りマヨネーズの簡単な
作り方や、日持ち
などもご紹介します!

Sponsored Link

 

手作りマヨネーズの簡単な作り方!

まずは、材料を 室温に戻しておきましょう。

使用するものは・・・

・卵黄:1個分
・お酢:大さじ1
・サラダ油:150cc
・砂糖:小さじ1
・塩コショウ:少々

のみです。

 

マヨネーズを乳化させるのは、卵の中の
レシチンという成分です。

 

この成分は18℃前後で乳化作用が強くなり、
室温でしっかり固まるようになります。

 

作り方は非常に簡単で・・・

1.ボウルにサラダ油以外の材料を入れてよく混ぜます。
2.全てが混ざったら、サラダ油を少量ずつ加えて混ぜていきます。
3.全ての油を入れて、角が立つほどのとろみが付くまで混ぜたら完成です。

 

注意事項としては、サラダ油を2~3回に
分けて混ぜていきます。

 

ボウルに入れて泡立て器で混ぜればOKですが、
フードプロセッサーやハンディーブレンダー
を使うともっと楽ですよ。

 

ただし、混ぜ過ぎても分離してしまうため、
適度にとろみが付いたら止めて下さい。

 

金属製のボウルを使うと色が付いてしまう
場合がありますので、ガラス製やホウロウ
の容器で作るほうがおすすめです。
 
キューピーマヨネーズの賞味期限・未開封と開封後は?
 

 

手作りマヨネーズの作り方!豆乳やオリーブオイルを使っても!

手作りマヨネーズは アレンジして作ること
も可能なので、楽しいですね。

 

サラダ油の代わりにオリーブオイルを使用
してもOKで、風味も変わって美味しいです。

 

また、卵の代わりに豆乳を使用する方法も
あります。

 

この場合、豆乳と油を75ml、お酢を大さじ1
に変更して下さい。

 

卵アレルギーの方でも食べられるので、
知っておくだけで便利ですよ!

 

 

手作りマヨネーズの失敗例・ゆるい・固まらない・分離するのはなぜ?

分離する原因の多くは、しっかり混ざって
いないことです。

 

まずは油以外の材料をしっかり混ぜることと、
続いて油を数回に分けて入れ、しっかり混ぜ
ることが大切です。

 

失敗を防ぐ方法として、お酢もはじめに混ぜず、
卵と塩コショウ、砂糖だけで混ぜ、油とお酢を
交互に入れながら混ぜるのも有効です。

 

時間は少しかかりますが、しっかり固まる
ようになりますよ。

 

どうしてもゆるくなってしまうという場合は、
ホイップするように空気を入れて混ぜるのが
原因かもしれません。

 

どちらかというと、空気を含ませず、 溶き卵
を作るようにしっかり混ぜるのがコツです。

 

また、材料が室温に戻っていないと、固まり
にくくなりますので、最初の手順が重要です。
 
市販のマヨネーズが分離する原因と再生方法!
 

 

手作りマヨネーズの日持ち・消費期限はどのくらい?

市販のマヨネーズは、お酢と塩がしっかり
撹拌されているため、ほとんど腐ることは
ありません。

 

ですが、自宅では市販のもののように撹拌
することができません。

 

したがって、手作りマヨネーズは賞味期限
が短く、劣化する前に使い切ることが大切
です。

 

分量や状態にもよりますが、3日程が限界
かもしれません。

 

できれば、その日に使う分だけ作るほうが
良いですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。