日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

産毛が濃い原因・男性と女性で異なる?顔やお腹、全身の対策!

産毛 濃い

産毛が濃い原因・男性と女性で異なる?顔やお腹、全身の対策!顔や体には、皮膚を守るために 産毛
生えています。

 

その濃さや量には個人差も大きいですが、
特に女性の場合、悩んでいる人は多いです。

 

近年では、男性ホルモンの影響で産毛が
濃い女性を 「ひげ女子」と呼ぶことも…。

 

生まれつきの体質だけでなく、間違った
ケアで濃く見えてしまうこともあります。

 

そこで今回は、顔や体の産毛が濃い原因
や対策
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

産毛が濃い原因・女性と男性では異なる?

産毛の濃さや量については、 男性ホルモン
の影響を受けています。

 

ですので、一般的に女性よりも男性の方が
目立ちやすくなっています。

 

ただし、その分、女性の顔などに産毛が
生えていると、余計目立ってしまいます。

 

他にも、 妊娠するとホルモンバランスが
乱れることにより、産毛が濃くなったり
薄くなったりすることもあります。

 

もちろん、ホルモンの影響以前に個人差
も大きい問題で、遺伝的要素や生活環境
などが原因となっている場合もあります。

 

また、過度のストレスや食生活の乱れに
よって自律神経が大きく乱れ、ホルモン
バランスが乱れていることも確かです。

 

要は、普段の生活において、どれだけ
ストレスを受けているか、ということも
関与しているということです。

 

ちなみに、髪の毛は女性ホルモンの影響
を受けるため、男性の方が薄毛に悩む人
が多いですね。
 
女性の顔の産毛処理!理容室・サロン・100均でも!
 

 

顔の産毛が濃い時の対策は?

眉間や鼻の脇、口の周りなどは、特に
産毛の濃さが気になるポイントです。

 

おでこの髪の生え際なども目立ちますね。

 

気になる対策については・・・

週に1回程度、カミソリなどで優しく
剃毛します。

 

ただし、頬やおでこが気になる場合は、
月1回程度のケアにとどめましょう。

 

どうしても産毛を剃った後は、毛の断面
が太くなり、逆に毛が濃くなったように
見えてしまいます。

 

また、過度のカミソリの使用は肌を傷付
け、カミソリ負けの原因にもなります。

 

毛が濃くて気になるかもしれませんが、
肌荒れやニキビといった別のトラブルを
招きかねません。

 

また、顔は危険なので、脱毛テープや
クリームの使用は控えて下さい。

 
女性のカミソリ負けの症状と原因!治療薬は?
 

 

お腹や全身の産毛が濃い時の対策は?

お腹や背中、脚などの産毛が濃い方は、
面積が広いだけにかなり気になりますね。

 

顔以外の部分はカミソリでのケア、脱毛
テープ、除毛クリームなどを使用します。

 

ケアの頻度は週1回程度にとどめます。

 

ただし、夏で露出が多い時などに処理の
頻度が増えた場合、 保湿ケアをしっかり
行うように心がけましょう。

 

女性は、妊娠するとお腹周りの産毛が
濃くなることがあります。

 

これもホルモンの影響ではありますが、
妊娠中は肌が敏感になっています。

 

剃ったり脱毛したりは控えるほうが良い
かと思われます。

 

出産後、ホルモンバランスが戻ることで
徐々に薄くなります。

 

 

なかなか人に聞けない 産毛の悩み。

 

間違ったケアは肌トラブルの原因となり
ますので、優しくケアしましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。