日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

梅雨時のくせ毛!ストレートパーマと縮毛矯正の効果と持続期間!

梅雨 くせ毛

梅雨時のくせ毛!ストレートパーマと縮毛矯正の効果と持続期間!普段は何の問題もなくても、雨の日は
髪の毛のセットが難しくなりますよね。

 

雨の日が続き、湿気の多い梅雨の時期は、
くせ毛がうねったりして厄介です。

 

ストレートパーマや縮毛矯正を利用して
いる人も多いですが、梅雨の時期の効果
が気になることも・・・。

 

せっかくお金をかけても、望んだような
髪型にまとまらないと悲しいですよね。

 

そこで今回は、梅雨時のストレートパーマ
や、縮毛矯正の効果と持続期間
をテーマに
ご紹介します。

Sponsored Link

 

梅雨時の湿気でくせ毛がひどくなる原因は?

雨で湿気が多くなると、 くせ毛がひどくなり、
髪の毛がはねてしまうことも多いですね。

 

もともとくせ毛が強い人でなくても、髪の毛
が傷んでいると思い通りにまとまらなくなり
ます。

 

髪の毛が傷んでいるという状態は、いわゆる
キューティクルが剥がれてしまっていること
を意味します。

 

それでも、湿度が高くない日であれば、何とか
誤魔化してまとめることも可能です。

 

ただ、梅雨時は空気中の水分がキューティクル
の剥がれた部分に入り込みやすくなります。

 

そうなると、くせ毛が一段とひどくなったり、
はねやうねりの原因になったりします。

 

しかも、一度剥がれてしまったキューティクル
を元に戻すのは容易なことではありません。

 

しっかりトリートメントをして、ヘアアイロン
などで整えて、というのが大切になります。

 

とはいえ、毎日のように髪の毛に時間をかけて
はいられないという人も多いと思います。

 

そんな方には ストレートパーマがおすすめです。

 

梅雨時のくせ毛・ストレートパーマの効果と持続期間!

ストレートパーマは、くせ毛を直すだけでなく、
髪の毛が 広がるのも抑えてくれます。

 

梅雨の時期は髪の毛が水分を含んみ、広がり
やすいですからこれは嬉しい効果です。

 

さらに、毎日ヘアアイロンをかける手間も省け
ますので、その分髪の毛への負担も減らすこと
ができます。

 

パーマは髪の毛に負担を与えますが、毎日ヘア
アイロンを使うより軽減できそうです。

 

ストレートパーマの持続期間は 2~3ヶ月です。

 

パーマ液を付けるだけなので、長期に渡って
持続できるわけではありません。

 

ただ、梅雨は長くても2ヶ月ほどですね。

 

普段は全く問題ないけれど、梅雨の時期だけ
利用したいというのなら、ストレートパーマ
の効果で十分でしょう。
 
自宅でのストレートパーマのかけ方!
 

 

梅雨時のくせ毛・縮毛矯正の効果と持続期間!

縮毛矯正は、ストレートパーマよりも効果が
強いイメージがありますね。

 

実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

実は、使用しているパーマ液はどちらも同じ
ものです。

 

では、何が違うのかというと、縮毛矯正では
熱を加えながら伸ばすというところです。

 

ですから、頑固なくせ毛の方でも真っ直ぐに
仕上げることも可能です。

 

持続力も相当長く、かけた部分の髪の毛には
半永久的だといわれています。

 

ただし、新しく伸びてきた髪の毛には効果が
ありませんので、1度縮毛矯正をすれば永久に
真っ直ぐな髪の毛という訳ではありません。

 

髪の毛の伸びる早さ、髪型、髪質によっても
異なりますが、ロングヘアーなら1年ほどは
かけ直さなくても大丈夫ですね。

 

もちろん、縮毛矯正の方が 料金もかかるため、
梅雨時だけで良いならストレートパーマの方
が経済的ですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。