日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ウーロン茶のカフェイン含有量!赤ちゃんや妊婦、授乳中は?

ウーロン茶 カフェイン

ウーロン茶のカフェイン含有量!赤ちゃんや妊婦、授乳中は? カフェインの多い飲み物といえば、コーヒー
を真っ先に思い浮かべる人が多いと思います。

 

ただ、お茶などにも含まれています。

 

紅茶や緑茶だけでなく、ウーロン茶にも
含まれており、含有量が気になりますね。

 

覚醒効果によって、眠れなくなるほどの
量が含まれているのでしょうか。

 

また、赤ちゃんや子供、妊婦や授乳中の方
などに悪い影響はないのでしょうか。

 

そこで今回は、ウーロン茶に含まれる
カフェインの量や体への影響
について
ご紹介します。

Sponsored Link

 

ウーロン茶のカフェイン含有量は?眠れないことも?

気になるウーロン茶のカフェイン含有量は、
100ml当たり20mgほどです。

 

対して、1日のカフェイン摂取量の目安は、
200~300mgとなっています。

 

ウーロン茶のみで摂取すると仮定した場合、
1~1.5リットル飲んでも問題ありません。

 

もちろん飲み過ぎると 眠れないこともある
でしょう。

 

ただし、人によっては少量でも眠れなくなる
場合もあります。

 

また、お茶の濃さによっても量は変わって
きますので、注意して下さいね。

 

100ml当たりのカフェインの含有量を、
他の飲み物と比較してみると・・・

・コーヒー(ドリップ):90mg
・コーヒー(インスタント):45mg
・抹茶:30ml
・紅茶:20mg
・緑茶:20mg
・玄米茶:10mg

となっています。

 

お茶と呼べるものに大差はないようです。

 

0mgのお茶もあり、麦茶、そば茶、黒豆茶、
ルイボスティーなどが挙げられます。

 

ペットボトルのウーロン茶にもカフェインは
含まれています。

 

サントリーウーロン茶で、100ml当たり20mg
500mlのものを飲み干すと100mgになります。

 

大抵の商品は、含有量もほとんど同じと
考えて良さそうです。
 
緑茶・紅茶・烏龍茶の違い!製法や効能の異なる点は?
 

 

ウーロン茶に含まれるカフェイン・赤ちゃんや子供は大丈夫?

赤ちゃんの場合、9ヶ月頃から薄めたものを
少量でしたら与えても大丈夫です。

 

カフェイン自体は、赤ちゃんの 消化吸収
負担になるため、あまりお勧めできません。

 

ベビー用のものもありますので、与えるなら
そちらが良いでしょう。

 

もしくは、麦茶に替えましょう。

 

カフェインには持久力や集中力を高める効果
がありますが、利尿作用があったり中枢神経
を興奮させる働きもあります。

 

どちらかといえば、子供に与えるには 不向き
といって良いですね。

 

飲ませる場合は、昼間のうちに少量を与える
という形がベターです。

 

子供の摂取量の上限を調べてみても、データ
が存在しないようです。

 

大人で200~300mgですので、幼児などは多く
てもその半分くらいにとどめておくべきです。
 
ウーロン茶の栄養成分と効果・効能!
 

 

ウーロン茶に含まれるカフェイン・妊婦や授乳中は問題ないの?

妊娠中は、カフェインは良くないといわれて
います。

 

ただし、全く摂ってはいけないということ
ではありません。

 

日本では明確な決まりがありませんが・・・

・アメリカ、カナダ:1日300mgまで
・イギリス:1日200mgまで

と定められています。

 

つまり、一般の成人の摂取量と同じなのです。

 

とはいえ、妊婦さんの場合、 過剰摂取だけは
気を付けたほうが良さそうです。

 

100mg程度ならまず問題はないとされるため、
上限として設定しても良いでしょう。

 

これでも、ウーロン茶だけなら500mlは飲む
ことができますね。

 

また、カフェインが母乳に移行する確率は、
0.6~1.5%とされています。

 

授乳中のママさんも、さほど問題視すること
なく飲めると思います。

 

これも程度の問題なので、授乳中の摂り過ぎは
控えるべきですね。

 

授乳後に飲むようにすると、母乳への移行率
も下がりそうです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。