日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

缶コーヒーに含まれる砂糖の量とカロリー!微糖はどのくらい?

缶コーヒー 砂糖 量

缶コーヒーに含まれる砂糖の量とカロリー!微糖はどのくらい?通勤中や仕事の合い間などに、 缶コーヒー
を飲む人はとても多いです。

 

ブラックが好みの人もいますが、忙しくて
疲れた時は甘いのも美味しいですね。

 

ただ、実際にどのくらい砂糖が使用されて
いるか、はっきりわかりませんよね。

 

何気なく1日に何本も飲んでいると、虫歯や
肥満の原因にもなりかねません。

 

もちろん糖尿病なども怖いです。

 

そこで今回は、缶コーヒーに含まれる砂糖
の量やカロリー
についてご紹介します。

 

缶コーヒーに含まれる砂糖の量とカロリーは?

市販されている缶コーヒーやジュース類は、
飲みやすくするため多めに 砂糖が添加されて
いることが多いようです。

 

缶コーヒーの場合、メーカーにもよりますが、
平均すると10~15g位の砂糖が含まれています。

 

10gの砂糖というのは、 小さじ2杯ということ
になります。

 

スティックシュガーなら2本、角砂糖でも2個
ほどです。

 

自分でインスタントなどのコーヒーを入れる
時と比べると、かなり砂糖の量が多いという
ことがわかりますね。

 

また、牛乳やミルクなどの乳脂肪も多く添加
されるので、カロリーも当然高くなります。

 

例えば、

・BOSSエメラルドマウンテン
・WONDAモーニングショット

などは100g当たり約33kcalです。

 

1本あたりだと約65kcalとなっています。

 

カフェオレタイプだとカロリーも高くなり、
BOSSカフェオレは1本 88kcalになります。

 

1本あたり180g~240gのものが多いですが、
気が付くと2本くらいは平気で飲んでしまう
こともありますね。

 

すると、砂糖は20~30g以上、カロリーも
150~200Kcalくらい摂取してしまいます。

 

好きな人だともっと多くの砂糖を摂取して
いるようです。

 

実は、缶コーヒーを2本飲むだけで、WHO
定める1日の砂糖摂取量に相当します。

 

もちろん他にも食事から摂取しているため、
気を付けた方が良さそうです。

 

摂り過ぎは当然ながら、肥満や虫歯の原因、
糖尿病などの成人病の原因にもなります。
 
コーヒーの飲み過ぎはカフェイン中毒かも?
 

 

微糖の缶コーヒーに含まれる砂糖の量とカロリーは?

微糖と表示されるものは、1本当たりの砂糖
の含有量が4.8g以下と定められています。

 

WONDA金の微糖や、 BOSSエメラルド微糖
などで、大体4gほど含まれています。

 

カロリーは、1本当たり約 35kcalです。

 

砂糖の含有量が半分なので、カロリーも大体
半分くらいになります。

 

ただし、微糖タイプには砂糖を使わずに甘み
を出すため、スクラロースなどの合成甘味料
が含まれていることが多いです。

 

低カロリーの甘味料ということで惹かれる人
もいるようですが、こちらも過剰摂取だけは
注意が必要ですね。

 

当然、微糖の方がおすすめですが、それでも
安心は禁物です。

 
急性・慢性カフェイン中毒の症状と治療法!
 

 

缶コーヒーに含まれる健康を害す成分とは?

缶コーヒーで目を引くのは、ドリップコーヒー
やインスタントコーヒーよりも カフェイン
多く含まれていることです。

 

これはコーヒー由来のカフェインだけでなく、
成分として別に添加しているからなのです。

 

場合によっては、エナジードリンク以上の量
を摂取してしまうこともあります。

 

ドリップコーヒー1杯で約60mg、缶コーヒー
1本当たりは、90~150mgほどといわれます。

 

1.5~2.5倍は含まれていることになりますが、
なぜかというと・・・

 

運転中や仕事中など、カフェインの 覚醒効果
を期待して飲まれるのを想定してのことです。

 

ただし、先般カフェイン中毒での死亡例
ニュースに取り上げられましたね。

 

成人の1日の摂取量は400mgとされているため、
缶コーヒーを3本以上飲むと、この量は超えて
きそうです。

 

カフェイン依存はタバコのニコチン依存より
も強いともいわれ、 頭痛などを引き起こす
デメリットもあります。

 

乳脂肪分の摂り過ぎも、ポッコリお腹の原因
となるため、1日1本程度でとどめておいた方
が良さそうです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。