日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

妊婦が飲んでも良い甘酒の量や温度!便秘解消に効果あり!

妊婦 甘酒

妊婦が飲んでも良い甘酒の量や温度!便秘解消に効果あり! 妊娠すると、食べて良いもの悪いものに
かなり気を遣いますよね。

 

お酒などのアルコール類は摂取を控える
ことになりますが、甘酒はどうでしょうか。

 

飲む点滴ともいわれる甘酒は、体にとても
良い成分が含まれています。

 

冬の寒い時期に飲むと、身も心も温かく
なりますね。

 

そこで今回は、妊婦が甘酒を飲んでも
良いのか
、というテーマでご紹介します。

Sponsored Link

 

妊婦が甘酒を飲んでも大丈夫?

アルコールは 胎児の成長に悪影響を及ぼす
ため、妊娠中は摂取を控えるのが普通です。

 

甘酒の場合は、基本的にソフトドリンク
として扱われていますので、妊婦さんが
飲んでも問題ありません。

 

ただし、甘酒には米麹を発酵して作った
ものと、酒粕から作ったものの二種類が
あります。

 

酒粕から作った方は、 アルコールが微量
ながら含まれているので、飲むときには
注意が必要です。

 

作り方次第では、アルコールが1%以上に
なることもありますので、気になるときは
控えた方が良いでしょう。

 

酒粕を伸ばして作った甘酒は、大量の砂糖
を加えていることも多いです。

 

糖分の摂り過ぎに注意したい妊娠期間は
味見程度にとどめて、大量に飲むことは
控えましょう。

 

特に妊娠糖尿病は怖いですね。

 

米麹を発酵して作った甘酒は、アルコール
はもちろん含まれず、糖分も控えめです。

 

こちらは栄養満点で、飲む点滴といわれる
甘酒です。

 

甘いものが欲しくなる妊娠期間のおやつ
代わりとして、米麹からできた甘酒を取り
入れるのはおすすめです。

 

ただし、こちらもカロリーが低いという訳
ではありませんので、飲み過ぎないように
して下さい。
 
甘酒の効能!酒粕と米麹から作ったものの違い!
 

 

妊婦が飲んで良い甘酒の量や温度は?

甘酒は体に良い飲み物ですが、原料がお米
ということで、 低カロリーではありません。

 

摂り過ぎは体重増加の原因になりますので、
1日1~2杯程度にとどめましょう。

 

温度は、お茶などを飲むときと同じくらいで
60~70度位が目安です。

 

お好みで調節しても良いですが、沸騰させた
直後のものは少し冷ました方がおすすめです。

 

冷えが気になる妊婦さんは、生姜の搾り汁を
垂らしたり、マイルドにしたいときは豆乳
割ると飲みやすくなりますね。
 
甘酒を飲んでも運転できるの?
 

 

甘酒は便秘に効くって本当?

米麹から作られた甘酒は、おかゆと麹を 発酵
させて作られています。

 

他の発酵食品と同じように、腸内環境を整える
働きをしてくれるので便秘解消に効果的です。

 

また、温かい状態で飲むと体を温め、腸の働き
を活発化させてくれます。

 

食物繊維 オリゴ糖も、便秘解消の手助けを
してくれますね。

 

ただし、酒粕から作られたものの場合、この
ような効果はありません。

 

甘酒にバナナを加えると、バナナの食物繊維が
よく働き、更に便秘解消に効果的な組み合わせ
となります。

 

 

何かと心配事が多く、 ストレスの溜まりやすい
妊婦さんですが、ほんのり甘い甘酒で一息付く
のもリラックスできそうですね。

 

米麹とおかゆを発酵させて炊飯器や保温ジャー
でも手軽に作れますので、試してみましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。