日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

赤ちゃんのベビー布団はいつまで?背骨の形成に!寝ない時は?

赤ちゃん ベビー布団

赤ちゃんのベビー布団はいつまで?背骨の形成に!寝ない時は?生まれたばかりの 赤ちゃんは、ほとんど
の時間を寝て過ごします。

 

したがって、赤ちゃんの成長にとって
ベビー布団はとても大切なものです。

 

実は、大人の布団では軟らか過ぎるので、
あまり相応しくありません。

 

敷き布団ひとつとっても、 成長の妨げ
なることもあります。

 

そこで今回は、赤ちゃんのベビー布団の
使用
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

ベビー布団は赤ちゃんの背骨の形成に良いの?

基本的に、ベビー布団の敷布団は、大人が
使うものより少し 硬めにできています。

 

赤ちゃんの背骨や関節はとても未熟なので、
発達をサポートするためです。

 

敷布団が軟らか過ぎると体が沈んでしまい、
背骨の歪みや関節の成長に悪影響を及ぼす
とされているのです。

 

赤ちゃんは、股関節をM字型にして寝ている
ことが多いですが、軟らか過ぎる布団だと
脱臼してしまうこともあります。
 
赤ちゃんの寝相が悪い!生後3ヶ月は?ベビーベッドの対策も!
 

 

赤ちゃんのベビー布団・いつまで必要?

では、 いつまで必要かという話になりますね。

 

長い人だと、3歳くらいまで使用させている
場合もあります。

 

ただ、寝返りをするようになるとベビー布団
では小さくなってしまい、布団からはみ出て
しまうようになります。

 

この頃から、大人の布団を使用して 添い寝
切り替える人も多いようですね。

 

ベビー布団の敷布団が硬めにできている理由
として、赤ちゃんの窒息を防ぐという目的も
あります。

 

軟らかくて顔が沈んでしまうと、息ができなく
なる可能性があるのです。

 

窒息に関しては、首が座り、寝返りができる
ようになる頃には、危険は少なくなります。

 

関節や骨の成長に関しても、 お座りが安定して
できる頃には、腰や背骨がしっかりしてきます。

 

赤ちゃんの骨格がある程度強くなってきたら、
大人の布団に添い寝しても良さそうです。

 

ただし、ウォーターベッドなど、特に軟らかい
ものは、赤ちゃんの睡眠には適していません。

 

また、大人の布団で寝かせる場合は、 タオル
一枚敷くなどして、少し硬さを保つ方が良いで
しょう。

 

敷布団は共有しても、掛布団は別に用意する
必要があります。

 

なるべく軟らかく通気性の良いものを選んで
あげましょう。
 
赤ちゃんの春の布団!枚数や選び方、蹴る時の対策は?
 

 

赤ちゃんがベビー布団で寝ない時はどうする?

赤ちゃんの中には、ママの抱っこや添い寝が
大好きな子も多いですね。

 

なかなかひとりでベビー布団やベッドに寝て
くれない子もいます。

 

住宅事情や他の事情によって、ベビーベッド
で寝ることを 習慣にしたい場合は・・・

 

泣いてもベッドで寝かせることを繰り返すと、
赤ちゃんは徐々にベッドで寝られるように
なります。

 

「泣かせるのはかわいそう」という時には、
付き合える範囲で抱っこや添い寝で寝かせて
あげても良いでしょう。

 

ママにとってもベターな選択をするのが得策
かと思われます。

 

 

育児用品は、本当にたくさんの種類が販売
されていて、何を買うか迷ってしまいます。

 

赤ちゃんの 睡眠のために、より良いベビー
布団を支度してあげたいですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。