日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

アワビの保存・冷凍の手順と期間!生きてるのを翌日食べる時は?

アワビ 保存

アワビの保存・冷凍の手順と期間!生きてるのを翌日食べる時は? アワビといえば、高級食材のイメージが
強いですね。

 

いただき物だけでなく、通販で購入しても
なんだかテンションも上がりますよね。

 

ただ、まだ生きているものもありますし、
量が多くて1度に食べられない場合も…。

 

そんな時は、どのように保存すれば良い
のでしょうか。

 

あまり日常的に食べるものではないので、
長持ちさせる方法も難しいですね。

 

そこで今回は、アワビの保存方法や期間
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

生きてるアワビの保存方法・翌日に食べる場合は?

生きているもので、 翌日に食べる場合は、
そのまま涼しい場所で保存すればOKです。

 

アワビに適した水温は17度前後です。

 

冷蔵庫に入れると水温が低すぎて死んで
しまうこともあるため、常温のままが良い
でしょう。

 

発送時に、海水と酸素を入れたパックなど
に入れてくれている場合があります。

 

また、 塩氷袋という保冷剤の役目をする
ものも入っていることもあります。

 

翌日であれば、そのままにしておいた方が
活きアワビで美味しくいただけそうです。

 

もちろん生きている方が鮮度も味も落ち
ることはありませんね。

 

通販などで購入した際は、注意書きがある
と思いますのでよく読んで下さい。

 

お店によって発送方法が違うため、保存の
方法も多少異なってきます。

 

最も気になる点といえば、アワビに適した
水温です。

 

通販などでは5度前後が最適とされている
場合もあり、これだと冷蔵庫での保存が
ベストということになります。

 

この温度のギャップは産地によるものか、
お店の発送方法に関するものかは理解が
難しいですが、購入した お店で確かめる
のが一番ですね。

 

少なくとも発送から3~4日経ったものは
冷蔵庫で保存したほうが良さそうです。

 

冷蔵庫で保存する場合は、1リットルの水に
3gの塩を入れて食塩水を作ります。

 

3%の食塩水であれば、水と塩の量は調整
しても構いません。

 

その水に新聞紙もしくはキッチンペーパー
を浸して塩水を含ませます。

 

それでアワビを包んだら、の方を上にして
タッパーかボウルに入れます。

 

ラップなどはせず、そのまま 野菜室で保存
するようにしてください。

 

2~3日は生きている場合も多いですが、早め
に食べ切った方が良さそうです。
 
ヒラメのさばき方!旬の時期に美味しくいただくには?
 

 

アワビの保存方法・冷凍の手順と期間は?

発送から4日以上経過した後に食べる場合は
冷凍しておきましょう。

 

3ヶ月~最大半年程度は保存可能です。

 

冷凍保存する際は、下記のように下処理
しておく必要があります。

1.アワビに塩をたくさん振り、たわしでこする。
2.流水でよく洗う。
3.殻が薄いところにヘラを入れ、殻の底から身を剥がす。
4.殻の周りを沿うようにして殻から剥がしていく。
5.身の回りのヒモを外す。
6.裏側にある黒い肝を切り落とす。
7.殻の尖ったところにある赤い口を捨てる。
8.縁側にある足を切り離す。

 

 

身、ヒモ、縁側に切り離してからラップなど
でくるみ、 ジップ付の袋に入れ、冷凍庫
の奥に保存しましょう。

 

肝も好きな人は、ボイルして食べるのが
おすすめです。

 

身は食べやすい大きさにカットしておいても
良いでしょう。

 

また、初めにきれいに洗うことで、より身が
コリコリとして美味しくなりますよ。
 
シャコの食べ方・茹で方・剥き方は?刺身やボイルでも!
 

 

冷凍アワビの調理法・お刺身にもなる?おすすめは?

冷凍したアワビは、まず 塩水で解凍します。

 

ボウルに1リットルの水と大さじ1の塩を入れ、
よく混ぜて塩水を作ります。

 

凍ったままのアワビをその中に入れ、約30分
置きます。

 

解凍した後は 刺身で食べるのは向いていない
ようで、あまりおすすめできません。

 

ただし、生きている時にしっかり冷凍した
ものはお刺身でもいただけます。

 

火を通して食べても美味しいですね。

 

そのままソテーにしてバター醤油で味付け
したり、蒸して食べたりしても、歯ごたえ
も良く、美味しくいただけます。

 

なるべくシンプルな調理法で食べるのが
一番です。

 

ちょっと凝った食べ方だと、蒸したアワビ
野菜のあんかけをかけるのもおすすめ
です。

 

ぜひ上手に保存して、料理に活かして
下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。