日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

雛人形の供養!いつ処分する?東京や関西でも無料でできる?

雛人形 供養

雛人形の供養!いつ処分する?東京や関西でも無料でできる?ひな祭りといえば、 雛人形を飾りますよね。

 

でも、それも子供が小さい頃の話で、
段々出さなくなることも増えてきます。

 

人形もずっと家の中で眠っていることも
多いのではないでしょうか。

 

ただし、長い間しまっておくのは、
あまりいいことではないようです。

 

役目を終えた雛人形は、しっかり供養して
あげるのも大切なことです。

 

そこで今回は、雛人形の供養の必要性や
処分する際のスポット
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

雛人形の供養・処分する時は必要?いつ行う?

まず、雛人形を処分するのは いつ頃が良いの
でしょうか。

 

全く飾らなくなったり、保存する場所の確保
が難しくなったりしたら、処分の時期になる
ようです。

 

例えば、無事結婚して、本来の雛人形の役目
が終わった時もそのタイミングになります。

 

ただし、女の子1人に1セットとされていても、
今では結婚後は 「娘のものにしたい」
と保管する人もいますよね。

 

必ずしも結婚したら処分しなくてはいけない
ということではありません。

 

そもそも雛人形は、女の子の健やかな成長を
祈願する意味で飾られていたものです。

 

また、女の子の厄を引き受けてくれるという
意味でも重要な存在です。

 

自分の身代わりになってくれた人形ですから、
適当に捨てて良いはずもありません。

 

「人形には魂が宿る」といったスピリチュアル
な問題はさておき、 供養してあげたい気持ちに
なりますね。

 

また、処分する際には、まず寄付という方法
もあります。

 

全国から雛人形を集めた「ビッグ雛祭り」
というイベントがありますので、供養の意味
も兼ねて、そこに送っても良いでしょう。

 

他には、老人ホームや幼稚園、養護施設などに
寄付することもできますね。

 

寄付できるところが見つからない場合、下記の
ような スポットで、供養するのが一番です。
 
雛人形は誰が買うの?次女や三女の時は?母親の人形で祝える?
 

 

雛人形の供養・東京でできるところは?無料でもできる?

神社やお寺では、お守りやお札などの供養を
して、 お焚き上げなどもしてくれますね。

 

実は、雛人形の供養も行ってくれる場合が
あります。

 

まずは、近所の神社やお寺で相談するのも
良いでしょう。

 

その他には、「人形供養祭」というものに
参加するのもおすすめです。

 

このような行事は、全国の神社やお寺でも
行われています。

 

関東で有名なのは、東京の 「本寿院」
行われているものです。

 

大抵は年に1回というところが多いですが、
こちらは毎月第二日曜日に行われています。

 

処分したいと思った時にすぐに持って行き、
供養してあげることができます。

 

人形は毎日9時~18時まで、年中無休で
受け付けてくれます。

 

人形供養祭に持っていくのが難しい場合は、
代行サービスなどもあります。

 

毎年10月頃に行われている、東京大神宮
人形感謝祭に代行で持って行ってくれます。

 

申し込み後、梱包さえしておけば、郵便局
から引き取りに来てくれるため、非常に楽
です。

 

感謝祭は10月ですが、受け付けはいつでも
OKです。

 

10月以降に出した場合は、翌年の感謝祭に
回してもらえます。

 

供養については、無料で探してみましたが、
今回ご紹介した2か所はどちらも 有料です。

1箱5,000円となっています。

 

全国各地の人形供養・人形感謝祭の開催予定(外部サイト)

 

 

雛人形の供養・関西でできるところは?無料でもできる?

関西でも人形供養が行われているところは
たくさんあります。

 

大阪の「四天王寺」では、人形供養祭が
毎年11月に行われています。

 

もちろん、11月以外でも雛人形を随時納めて
くれます。

 

京都の「宝鏡寺」でも常に受け付けており、
人形塚というところに納められるそうです。

 

宝鏡寺は 「人形寺」とも呼ばれ、数多くの
人形が飾られています。

 

春と秋には人形展が行われ、一般公開など
もされています。

 

和歌山県の淡嶋神社では、毎年3月3日に
「雛流しの神事」が行われています。

 

役目を終えた雛人形に願い事を書き、船に
乗せて運び、最後は に流します。

 

お雛様の最期に、胸を詰まらせる人も多い
行事だといわれています。
淡嶋神社の雛流しの神事とは?御祭神とご利益も!
 

 
いずれにしても、自分の身代わりとして
厄を引き受けてくれた大切な存在です。

 
全てが無料とは行かなくても、ぜひその
大役を労ってあげて下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。