日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

マキベリーの栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦さんに良い?

マキベリー 栄養 効果

マキベリーの栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦さんに良い?近頃は、様々なスーパーフードと呼ばれる
ものが出回っていますね。

 

美容やダイエットに興味のある女性には
注目の存在です。

 

マキベリーもその1つで、テレビで活躍する
女優さんやモデルさんも取り入れているとか…。

 

その健康維持効果はアサイーを超えるとも
いわれ、さらに注目度も増してきそうです。

 

そこで今回は、マキベリーの栄養成分や効果
・効能、カロリー
などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

そもそもマキベリーとは?主な栄養成分は?

「マキベリーとは一体何?」と思われる方も
多いですよね。

 

その名の通り、ベリー系のフルーツの1つで、
濃い紫色をしています。

 

見た目はブルーベリーに近いですね。

 

原産はチリ南部のパタゴニアで、先住民族は
マキベリーを 解熱剤 抗炎症剤として
使っていたとされています。

 

含まれる栄養成分として、特筆すべきなのが
ポリフェノールの一種であるアントシアニン
です。

 

特に、マキベリーに含まれるアントシアニン
のほとんどが、強い抗酸化作用を持つ色素の
デルフィニジンです。

 

最高レベルの抗酸化作用を誇るデルフィニジン
の含有量が豊富なのが、マキベリーの一番の
特徴です。

 

その点だけで比較しても、スーパーフルーツ
とも名高いアサイーの5倍以上ともいわれます。

 

他にもビタミンCやカリウム、鉄分などが豊富
に含まれており、栄養満点のフルーツなのです。

 
アントシアニンの効果・効能!目のトラブル以外にも!
 

 

マキベリーの効果・効能・カロリーは?

現在大注目のフルーツですが、日本では生の
状態で入手することはまだ 難しいです。

 

食生活に取り入れる場合、マキベリーパウダー
やサプリメントを使用しましょう。

 

製品にもよりますが、パウダーだと小さじ1杯
(5g)で約5kcalです。

 

ヨーグルトや牛乳などに加えて食べることが
多いですが、追加しても気にならない程度の
カロリーといえます。

 

マキベリーの特に気になる 効果として、

・抗酸化作用によるアンチエイジング
・血中コレステロールの抑制
・血糖値の抑制
・美肌やダイエット効果

などが挙げられます。

 

やはり、抗酸化作用による 美容効果は、女性が
一番気になるポイントですね。

 

細胞の老化を防いでくれるので、肌のたるみ
シワの予防にも適しています。

 

また、抗酸化作用といえば、生活習慣病の原因
となる活性酸素が大量に増えるのを抑制する力
のことです。

 

糖尿病や脂質異常症(高脂血症)などに効能を
示し、動脈硬化による心筋梗塞、脳梗塞などの
予防にも繋がります。

 

もちろん、もはや老化の1つとされる ガン予防
にも効能を持っています。

 

マキベリーが持つアントシアニンは、中性脂肪
を下げる働きもあるので、ダイエットにも
効果的です。

 

その他、必須脂肪酸といわれる栄養素も含まれ、
内面から綺麗に痩せることを実現させます。

 

もちろん、アントシアニンが持つ の健康維持
効果は折り紙付きです。

 

軽い疲れ目から眼精疲労、糖尿病性網膜症
などにも効能が認められています。

 
ビルベリーの栄養成分と効果・効能・カロリー!化粧品にも!
 

 

マキベリーの栄養・妊婦さんに良い?

妊娠中にパウダーやサプリを摂取しても、
特に問題ないようです。

 

妊婦さんは、頭痛目の痛みを訴えることも
多く、アントシアニンが助けとなるようです。

 

また、鉄分やカリウムなどのミネラルも充実
しており、貧血むくみの予防にもなります。

 

ホルモンバラスの乱れが影響し、 肌荒れなど
を起こす人もいますが、ビタミンCの力を含め、
肌に良いことは前述しています。

 

ただし、サプリメントを利用する場合、念の
ため、産婦人科医に相談しておいて下さいね。

 

 

最近よく耳にするようになったマキベリー。

 

使いやすいパウダーなどの加工製品も、続々
登場していますので、取り入れてみるのも
良いですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。