日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

菜の花の栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦さんにも良い?

菜の花 栄養

菜の花の栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦さんにも良い?まだまだ寒い日が続く季節でも、スーパー
では 「菜の花」を見かけるようになります。

 

菜の花というと春を思い浮かべますが、
実は冬から初春にかけてが旬の食材です。

 

ちょっと癖があり、苦手な人もいますが、
栄養豊富なので季節の変わり目にはぜひ
食べたい食材です。

 

そこで今回は、菜の花の栄養成分や効果
・効能・カロリー
についてご紹介します。

 

食べたことがないという方も、この機会に
試してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

 

菜の花の栄養成分とカロリーは?

菜の花は、 アブラナ科に分類される緑黄色野菜
のひとつになります。

 

ビタミン・ミネラル類がバランス良く、そして、
豊富に含まれており、栄養価の面で優れた野菜です。

 

主な栄養成分として βーカロテン、ビタミンC、
葉酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、
リン、鉄
などが目立ちます。

 

なかでもβ―カロテンやビタミンCが非常に豊富
で、活性酸素が増えるのを抑制する、抗酸化作用
に優れた食材といえます。

 

100gあたりのカロリーは約33Kcalと、一般的な
野菜同様に低カロリー食材です。

 

 

菜の花の効果・効能

菜の花は栄養が豊富ですが、具体的には以下の
ような 効能があります。

・風邪などを予防する免疫力の強化
・生活習慣病の予防
・美白や美肌効果
・貧血予防
・イライラの防止

 

βカロテンやビタミンCは、免疫力を高める作用
があり、風邪などの感染症予防に役立ちます。

 

抗酸化作用にも優れているため、日々のストレス
に負けない体作りにも適しています。

 

それにより、動脈硬化やがんなどの予防に効果を
発揮し、アンチエイジングにも有効な食材です。

 

また、ビタミンCは 美肌を求める女性には嬉しい
成分です。

 

ただし、菜の花に含まれるビタミンCは水溶性
なので、油でさっと炒めた調理法などが良いか
と思われます。

 

貧血予防は 鉄分や葉酸によるもので、イライラ
の防止には カルシウムが役立ちます。

 

ビタミンやミネラル類が豊富なので、効能が多岐
に渡り、ダイエットをしている人にもおすすめの
食材といえます。
 
菜の花の時期・種まきやスーパーに並ぶのは?
 

 

菜の花の栄養・妊婦さんに良い?

妊婦さんに摂ってほしい栄養素も豊富です。

 

例えば、妊娠初期に葉酸の摂取が少ないと、胎児
先天性異常を起こす可能性が指摘されています。

 

菜の花で葉酸を補うこともできますね。

 

また、妊娠中期・後期には 貧血に悩む人も多いの
ですが、菜の花には鉄分も豊富で、その吸収力を
アップさせるビタミンCも含まれています。

 

さらに、妊娠中は母体のカルシウムの多くが胎児
に供給されています。

 

胎児の成長にも、そして、母親の産後の骨粗鬆症
予防などにも適しています。

 

カルシウムが不足すると、余計イライラが募る
ことになるため、しっかり摂取して下さいね。

 

その他、カリウムの利尿作用は、妊婦さんが悩み
がちな むくみの改善にも繋がります。

 

免疫力も通常より下がりやすい状態にあるため、
緑黄色野菜をしっかり摂取することが望ましい
です。

 

 

季節限定の野菜である、菜の花。

 

苦手な人も、クリームパスタなどにすると
苦味が和らいで食べやすくなります。

 

見かけたら、ぜひ購入して料理に使ってみて
下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。