日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

潰れたダウンジャケットの復活方法!テニスボールでふっくら!

ダウンジャケット 復活

潰れたダウンジャケットの復活方法!テニスボールでふっくら! ダウンジャケットはクリーニングに出す
という人も多いと思います。

 

ですが、水洗いOKのタグがあれば、大抵は
自宅でも簡単に洗濯することができます。

 

ただ、自宅で洗濯に失敗して、ダウンが
潰れてしまった、という人も多いですね。

 

高価なものの場合、気分も落ち込みますが、
簡単に復活させることもできますよ。

 

諦めずに試してみて下さいね。

 

そこで今回は、ペチャンコに潰れてしまった
ダウンジャケットの復活方法をご紹介します。

Sponsored Link

 

ダウンジャケットを復活させる安全な方法とは?

潰れてしまったダウンジャケットは、中の
ダウンに 空気を含ませると復活します。

 

羽毛と羽毛が絡み合っていると、空気を
溜めるスペースがなく、実際にしぼんで
見えてしまいます。

 

・「気に入ってたけど仕方がない」
・「クリーニングに出したらひどい目にあった」

という場合も、諦めないで下さいね。

 

慎重に行いたい場合は、ジャケットの中の
ダウンを 手で丁寧に揉みほぐして下さい。

 

羽毛が偏っている時は、揉みながら上下に
振って移動させていきましょう。

 

均等になるように、根気よく「揉んで振って」
を繰り返していると徐々に元通りに近づいて
いきます。

 

多少時間はかかりますが、こうして見事
復活させる人も多いと思います。

 

 

ダウンジャケットを復活させる方法・テニスボールで簡単に!

ゆっくりダウンをほぐしている時間がないと
いう場合、 乾燥機を使うと簡単です。

 

ダウンジャケットを大きめの乾燥機に入れ、
ドライヤーボール、または硬式テニスボール
を3つくらい一緒に入れて乾燥させます。

 

回転させるタイプの衣類乾燥機や、ドラム式
洗濯乾燥機があれば、自宅でも楽にできます。

 

ダウンジャケットを袖まですべて 裏返しにし、
一度洗濯してからの方が一層仕上がりもよく
なります。

 

テニスボールなどを一緒に入れると、乾燥機
の中でジャケットを程良く叩いてくれます。

 

これで、羽毛の間にある余計な水分を完全に
飛ばすことができ、刺激によって羽毛が立ち
上がってきます。

 

空気が入るスペースも確保できるため、驚く
くらいふっくら膨らんできます。

 

時間は機種によって異なると思いますが、
乾燥のみであれば低温で5~10分が目安です。

 

洗濯も兼ねた場合は、しっかり乾燥するまで
様子を見ながら行って下さい。

 

ただし、高温にすると素材の変色、劣化
心配もあるため、あくまでも低温です。

 

間違っても軟式テニスボールを入れないよう
ご注意下さいね。

 

自宅に乾燥機がない場合は、 布団乾燥機を使う
時に、中にジャケットを入れてみるのもOKです。

 

空気が入ってしっかり乾くので、あとでよれた
ダウンを均等にすれば復活しますよ。

 

もしくはコインランドリーの乾燥機を使っても
良いでしょう。

 

ただし、コインランドリーの乾燥機は高温設定
の場合があるので、確認して下さいね。

 

また、 水洗い不可のダウンジャケットは、自宅
で洗濯することはできませんし、復活は難しい
かもしれません。

 

水洗い不可の場合、クリーニング店で復活可能
かを窓口で聞いてから出して下さい。

 

できれば、工場に隣接する窓口に出した方が、
職人さんがいますので、判断が付きやすいです。
 
セーターの縮みを修復するにはリンス、トリートメント!
 

 

ダウンジャケットの収納方法は?

ダウンには空気が含まれていますが、その空気
の中には 湿気も混じっています。

 

ですから、そのまま収納しておくとカビが生え
たり、匂いが発生してしまうことがあります。

 

収納する前には、しっかり乾燥させてからに
しましょう。

 

ハンガーにかけると膨らんでしまいますので、
圧縮袋やボックスに入れて、畳んで収納する
方が良いのです。

 

もしくは、 グルグル巻きにしてなるべく空気
を抜き、リボンやタイツなどで縛ってから袋
に入れて収納します。

 

不織布のバッグに入れてしまってもOKです。

 

開けた時にはダウンがペチャンコになって
いますが、干しておけば空気を含んで元に
戻るのが普通です。

 

それでも戻らない場合は上記の復活方法を
試してみて下さいね。

 

テレビでもよく紹介されている方法ですので、
比較的安心して行えます。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。