日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

セーターの静電気!発生しやすい素材は?除去方法と防止法は?

セーター 静電気

セーターの静電気!発生しやすい素材は?除去方法と防止法は?保温性があって暖かく、冬のファッション
には欠かせない セーター

 

しかし、着脱の際にパチパチと、不快な
静電気を発する存在でもあります。

 

静電気は、着ている服の 素材の組み合わせや、
乾燥などの起こりやすい条件があります。

 

ただし、簡単に除去するための便利グッズを
利用することで、ある程度抑えられます。

 

そこで今回は、セーターの静電気について、
発生しやすい素材や、除去、防止法な
どを
ご紹介します。

Sponsored Link

 

セーターの静電気・発生しやすい素材は?

静電気が発する条件として、電気のプラスと
マイナスが作用し合うことが関与しています。

 

簡単にいうと、プラス素材とマイナス素材が
合わさって発生する仕組みになっています。

 

セーターの多くはウール素材で、 プラス電気
を持っています。

 

そのため、セーターの下にマイナス電気を持つ
素材の服を重ね着すると、静電気を発生させる
原因となります。

 

たとえば、ポリエステルやアクリルなどの服は
マイナスなので、これらを合わせると発生する
ことになります。

 

冬の防寒に欠かせない フリースなどはマイナス
の電気を持つため、ウールセーターと合わせる
のはNGです。

 

逆に、シルクや毛皮、ナイロンなどはプラスと
いうことで、重ね着しても問題ありません。

 

これらの電気は、冬の乾燥に影響を受けている
ため、部屋などの湿度なども関与しています。

 

つまり、発生しやすい、しにくいというのは、
セーターと他の服との相性によるということ
がいえます。
 
静電気体質の原因と改善策!スピリチュアル的影響も?
 

 

セーターの静電気・除去方法は?

とはいえ、 寒さゆえにウールのセーターと
フリースを重ね着したくなりますよね。

 

発生しやすい条件を満たした組み合わせで
服を着た場合、服を脱ぐ前に霧吹きで
かけると静電気を除去できます。

 

触れている面積の広い、お腹、背中などを
軽く濡らすと、その効果も高まります。

 

また、皮製品やコンクリートの壁といった
放電できるものに触れてから服を脱ぐのも
お勧めです。

 

ベルトや手袋に革製品があれば、活用して
みましょう。
 
髪の毛の静電気の対処法は?
 

 

セーターの静電気・防止するには?

静電気を起こさないよう防止するには、
いくつか ポイントがあります。

 

まず、セーターを洗濯するときには柔軟剤
を使用しましょう。

 

柔軟剤には静電気を緩和する力があります。

 

そして、着用前には 「エレガード」などの
防止スプレーをかけておくと良いでしょう。

 

これは、衣類に溜まった静電気を空気中に
放電してくれるもので、効果は半日程です。

 

また、防止するための ブレスレットには、
効果の有無に意見が分かれるようです。

 

体質なども関係しているため、悩んでいる
という時は、試す価値もありますね。

 

そして、前述したように衣類の組み合わせ
を考慮することです。

 

ウールのセーターを着ているのであれば、
シルクの肌着などを重ね着するのが有効
です。

 

 

静電気には時に 痛い思いをさせられますね。

 

冬だから仕方ないとあきらめるのではなく、
ちょっと工夫すれば快適に過ごせます。

 

紹介した方法をぜひ試してみて下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。