日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

残春の候の読み方と意味!時期はいつ?時候の挨拶を含む例文も!

晩春の候 意味

残春の候の読み方と意味!時期はいつ?時候の挨拶を含む例文も!手紙を書く時、相手が最初に目にする
時候の挨拶は重要度が増します。

 

日本には春夏秋冬という四季があり、
季節感をかもし出す美しい表現です。

 

「残春の候」もその1つで、漢字を見ると
いつ頃使用されるのかは予想できますね。

 

ただし、旧暦と新暦が入り混じることが
使い方の面で少々厄介になることも…。

 

ビジネスチャンスを逸してしまわぬよう、
知識を深めておきましょう

そこで今回は、残春の候の読み方と意味、
時期、使い方の例文
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

残春の候の読み方と意味は?

「残春の候」の読み方は、一般的な漢語調
の挨拶同様、 音読みをベースとします。

 

つまり、「ざんしゅんのこう」としますが、
訓読みすることはまずありませんので、
簡単だと思います。

 

残春とは、 「春の末」 「晩春」のことを
意味しており、「わずかになった春の名残」
を表す言葉です。

 

旧暦では、1月、2月、3月を春としており、
残春(晩春)=旧暦3月の異名です。

 

ただし、現在の新暦に置き換えると、
3月下旬~5月上旬と幅が広くなります。

 

一般的には5月上旬の桜が散る頃までの
使用が限界のようです。

 

「候」は移り変わる季節の中で、その時の
気候や天候の様子を意味する言葉です。

 

時候の挨拶では、単純化して「季節」
「時節」「頃」
と理解しておくと良いと
思います。

 

したがって「残春の候」全体としては・・・

「過ごしやすかった春もいよいよ末を迎え」
「春の陽気に名残を感じる季節」

といった意味になります。

 

 

残春の候の時期は?いつ?

「残春の候」を使用する具体的な時期は、
4月中旬以降~5月上旬になります。

 

3月にはまだまだ寒い地域もあり、残春は
相応しくないように思われます。

 

4月に入り が散り始めたら使える表現と
いって良いでしょう。

 

また、5月6日頃には、二十四節気の「立夏」
を迎え、暦の上ではにはります。

 

旧暦の日付を新暦に置き換えるのは、少々
厄介な点もありますが、インターネットを
活用すれば、すぐにわかることです。

 

使用時期に悩んだ時は上手に利用すること
も大切な気がしますね。

 
4月の時候の挨拶・各種例文も!
 

 

残春の候の使い方・時候の挨拶を含む礼文!

最後に「残春の候」を用いて、実際に手紙
を書く際の 例文をご紹介します。

 

【書き出し】

・拝啓 残春の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・拝啓 残春の候、新年度を迎え、皆様にはいっそうご活躍のことと存じます。
・謹啓 残春の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

などのように使います。

 

【結び】

・新生活にも慣れてきたころでしょうか。ますますのご活躍を祈願致します。敬具
・何かとご多忙の時期かと存じますが、お身体もご留意の上お過ごし下さい。敬白
・貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。謹啓

 

頭語と結語の組み合わせとしては・・・
「拝啓」+「敬具」「敬白」「かしこ」
などがよく使われています。

 

さらに改まった相手には・・・
「謹啓」+「謹言」「謹白」「かしこ」
などが一般的です。

 

春になり新社会人として文書を作る場合、
どうぞ参考にして下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。