日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ナトリウム不足の症状と原因!検査での数値は?高齢者は危険!

ナトリウム不足 症状

ナトリウム不足の症状と原因!検査での数値は?高齢者は危険!近頃は、健康意識の高まりから、 減塩など
に気を遣う人も多いですね。

 

しかし、過度な減塩にも注意が必要です。

 

人間の体内には一定量のナトリウムが必要で、
不足すると体調不良を起こすことがります。

 

このナトリウム不足は、時に命に関わる
危険すら出てきます。

 

特に大量に汗をかく夏場や、高齢者の場合、
危険性が高まるといわれています。

 

そこで今回は、ナトリウム不足の症状や検査
による数値、原因となる病気
などについて
ご紹介します。

Sponsored Link

 

ナトリウム不足の症状とは?

体内で ナトリウム不足が起きると、めまい、
ふらつき、脱力感、食欲不振などの症状が
現れます。

 

ナトリウムには、体内の水分量を調整する
働きがありますが、不足すると体内で水分
不足などが起こります。

 

水分が足りなくなると代謝を悪くするため、
肌荒れや冷え性の原因にもなります。

 

また、ナトリウムには水分を蓄える性質が
あるため、 脱水症状 筋肉異常
原因にもなりかねません。

 

さらに、体内の塩分濃度の低下によって
神経系が正常に働かなくなると、重症化
することも考えられます。

 

たとえば、精神異常や昏睡状態に陥ること
もあるほど、怖い状態といえます。

 

もちろん、塩分の取り過ぎは高血圧などの
病気に繋がりますが、排除し過ぎにも十分
注意することが大切です。

 

 

血液検査によるナトリウム不足の数値は?

健康診断などで 血液検査をすると、体内の
ナトリウムの数値がわかります。

 

正常範囲とされるのは135~145mEq/lです。

 

135mEq/lを下回ると、低ナトリウム血症
と診断されます。

 

夏場などに、喉が渇いて一度にたくさんの
水分を摂取すると、一時的に体内の塩分が
不足し、低ナトリウム状態に陥ってしまう
ため、要注意です。

 

ナトリウム不足に陥る原因や病気は?

肝硬変 心不全などを持ってる人の場合、
ナトリウム不足になりやすいようです。

 

これは、尿量を減少させるホルモンの働き
によるものです。

 

一般的に、ナトリウム不足が起こる原因
として多いのは、塩分の過剰な制限と、
急激に大量の水を飲んだ時です。

 

塩分の摂取量が少ないと、体内の水分量に
が増えた時に、足りなくなってしまいます。

 

ナトリウムと水分量のバランスが保てなく
なることで、体に不具合が生じます。

 

特に、汗をかいて塩分が失われやすい夏や、
風邪などで体が衰弱している時には、 経口
補水液
などを選ぶことも大切です。
 
亜鉛不足の症状・爪や舌に異常が!対策は?
 

 

高齢者のナトリウム不足は危険?

高齢者はどちらかというと塩分過多による
高血圧などの方が多いのが特徴です。

 

ただし、夏場は熱中症などのリスクが高く、
実際にナトリウム欠乏症による脱水症状
を起こすことがあります。

 

水分補給の際は、塩分も一緒に取るように
家族が促してあげることも重要です。

 

梅干し ワカメの味噌汁などが、
ナトリウム不足を補うのに適しています。

 

高齢者の場合、熱中症で脱水状態に陥ると、
命に危険が及ぶため、十分な注意が必要と
されています。

 

血液検査をすれば、食生活における傾向
ある程度わかりますので、周りの家族が
チェックしておくことも大切ですね。

 

塩分を控えることは体にとって良いこと
ですが、過度な減塩も 危険だということ
を覚えておきましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。