日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

2016年のイースター休暇はいつ?アメリカやヨーロッパは?

2016 イースター休暇

2016年のイースター休暇はいつ?アメリカやヨーロッパは?日本ではあまり馴染みのない 「イースター」

 

キリスト教のお祭りなので、日本だと無関係
という人も多いかもしれませんね。

 

ただ、海外では、イースターの前後に連休
設定される国も多く、街の様子も変わります。

 

学校なども長期休暇に入るなどして、様々な
イベントが開催されているようです。

 

そこで今回は、2016年の海外のイースター休暇
と街の様子
についてご紹介します。

 

アメリカやヨーロッパ、オーストラリアに注目
してみましたので、ぜひ参考にして下さいね。

Sponsored Link

 

イースターとはイエス・キリストの復活祭!

イースターは、日本語では 「復活祭」などと
訳されていますよね。

 

実際には、十字架にかけられて処刑された
イエス・キリストが、その3日後に復活した
ことを祝うお祭りです。

 

キリスト教徒においては、とても大事な式典
となっています。

 

イースターの 日付自体は、毎年変わります。

 

これは・・・
「春分の日のあとの最初の満月から数えて
最初の日曜日」
と決められているからです。

 

イエス・キリストが復活したのが、日曜日
だったからだと言い伝えられています。

 

2016年の場合、キリスト教圏の国では・・・

・3月25日(金):Good Friday(グッドフライデー)
・3月26日(土):休暇、または通常土曜扱い
・3月27日(日):Easter(イースター当日)
・3月28日(月):Easter Monday(イースターマンデー)

といった日程で連休となりそうです。
 
イースターの由来!イエス・キリストってどんな人?
 

 

2016年のイースター休暇・アメリカはいつ?街の様子は?

アメリカといえば 「日曜の朝は教会でミサ」
というイメージもありますね。

 

しかし、連邦政府が定める祝日の一覧には
その記載がありません。

 

ただし、各州法により休日が異なるため、
デラウェア州など11の州で、3月25日(金)
が休日と定められています。

 

3月25日は、キリストが磔の刑で亡くなった
日とされ、 「Good Friday(聖金曜日)」
などと呼ばれています。

 

クリスチャンにとってキリストの死を偲ぶ
重要な日とされ、他の州でも個人的に休暇
を取る人もいるようです。

 

また、 民間企業の場合・・・

・25日:Good Friday(20%程度)
・28日:Easter Monday(7%程度)

が休業としているようです。

 

国全体としては、アメリカは多国籍国家と
いえど、クリスチャンの数は多いです。

 

したがって、3月27日のイースター当日は、
各地で様々な イベントが開催され、賑わい
を見せるはずです。

 

お店などは、普段の日曜日と変わらず営業
していますので、旅行で訪れる場合も困る
ようなことはないでしょう。

 

最近では、「テロの脅威」に対する警戒も
必要かもしれませんね。

 

 

2016年のイースター休暇・ヨーロッパはいつ?街の様子は?

ヨーロッパでは、基本的に3月25日~28日
がイースター休暇となっています。

 

25日には教会で ミサが開かれ、イースター
のお祭りが始まります。

 

ただし、26日の土曜日に関しては、祝日の
扱いにはなっていません。

 

また、国によっても祝日の日程は異なり、
下記のように休暇とならないところも…。

・25日(金):イタリア、フランス、オランダ、オーストリア、ベルギー、モナコなど多数。
・28日(月):スペイン、ギリシャなど。

 

グッドフライデーと翌土曜日の2日間は、
肉類 乳製品を食べずに過ごします。

 

日曜日には、肉類や乳製品を解禁して、
肉料理や、バター・牛乳などを使った
菓子・パンなどを食べる習慣があります。

 

伝統料理は、下記のように国によって
少しずつ異なります。

・イギリス:ラムローストや「ホットクロスパン」というレーズンパン。
・イタリア:ラムや鳩の形をした「コロンバ・パスクァーレ」という菓子パン。
・スペイン:「パン・マケド」というパンや「ロンガニサ・デ・パスクア」というサラミ。
・スイス:アーモンドとレーズンのタルト。
・スウェーデン:鮭やラムの足、ゆで卵とにしんの酢漬け。
・ポーランド:豚肉料理、「マズレク」や「バブカ」といったケーキ。

 

また、ヨーロッパの多くの国では、 ゆで卵
カラフルな色を塗ったり、きれいに装飾する
習慣があります。

 

「イースター・エッグ」と呼び、国によって
それを隠して子供たちが探すという遊びなど
も目立ちます。

 

最近では本物の卵ではなく、卵型のお菓子も
一般的になりつつあるようです。

 

キリストがお墓から出て復活したことを、雛が
卵から産まれることとかけています。

 

卵の他にも、 うさぎ型のパンやお菓子なども
販売されています。

 

うさぎは多産なため、「生命の象徴」として
見なされているようですね。

 

また、月を連想させるため、新月から満月へと
廻る様子が「復活の象徴」とされています。
 
ハロウィンの由来・そもそも何のお祭り?
 

 

2016年のイースター休暇・オーストラリアはいつ?街の様子は?

オーストラリアでは、3月25日~29日の間が
イースター休暇となります。

 

5日間、全て 祝日に設定されています。

 

信仰に関わらず、国民のほとんどが大切に
している休暇です。

 

学校の休業期間もこの頃から始まり、大人も
仕事を休んで、家族で秋の連休を楽しみます。

 

また、3月26日~4月8日には・・・

「シドニーロイヤルイースターショー」
という国内最大のお祭りが開催されます。

 

およそ100万人がシドニーオリンピックパーク
に詰めかけ、様々なイベントを楽しみます。

 

 

いかがでしたか?

海外の多くの国で重要視される イースター休暇

 

連休はともかく、日本でもハロウィンのように
流行る日が来るかもしれませんね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。