日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

林檎の名前の由来と花言葉!旧約聖書やギリシャ神話の影響も!

林檎 花言葉

林檎の名前の由来と花言葉!旧約聖書やギリシャ神話の影響も!家庭でもよく食べられている 林檎(りんご)。

 

果物としては身近な存在で、とても有名
ですが、花言葉もちゃんとあります。

 

生産者農家の方しか、意外と を見たこと
がある方は少ないかもしれませんね。

 

旧約聖書やギリシャ神話などにも登場する
ため、知っておくと便利かもしれません。

 

そこで今回は、林檎の名前の由来や花言葉、
植物としての特徴
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

林檎の名前の由来は?

林檎の名前の 由来には、諸説あるようです。

 

平安時代に「利宇古宇(りうこう、りうごう)」
と呼ばれていたものが、転訛していった説。

 

また、中国語では「檎」は「家禽」の「禽」に
相当し、鳥を意味しています。

 

鋭い爪やくちばしを持ち、小動物などを捕食
する鷹や鷲、フクロウなどを「猛禽類」
呼びますので、わかりやすいですね。

 

果実が甘いので、鳥がたくさん集まって来る
ことから林檎になったという説です。

 

さらに、「檎」は漢音では 「キン」、呉音で
「ゴン」と発音します。

 

リンキンやリンゴンと呼ばれていましたが、
それが転じてリンゴになったという説など
もあります。

 

ちなみに、学名の「Malus」は、林檎の木を
意味するラテン語に由来しています。

 

また、英語の「apple」とは本来、 果物全般
を指す言葉だったといわれています。

 

「pine apple(パイナップル)」も文字通り
「松の実」を指していたようです。

 

現在では、アップル以外にはちょっと考えられ
ないですが…。

 

 

林檎の花言葉と由来・英語では?

林檎の 花言葉は・・・

「優先」「好み」「選択」「選ばれた恋」
「最もやさしき女性に」「最も美しい人へ」
「名声」「永久の幸せ」「後悔」

といったものです。

 

また、果実や木にも花言葉が存在し、

果実=「誘惑」「好物」
木 =「名誉」

とされています。

 

「優先」は、林檎の美しい花が、後の有益な
果実の先駆とされたことに由来しています。

 

「選択」は、ギリシア神話のトロイア戦争の
原因となった 「パリスの審判」に由来すると
いう説が有力です。

 

果実の「誘惑」「後悔」は・・・
ヘビにそそのかされたアダムとイヴが、禁断
の果実を食べて、エデンの園を追放されたと
いう旧約聖書の「創世記」から来ています。

 

ちなみに、アダムが食べた善悪の知識の実は、
何の果実だったのかという記載はありません。

 

また、ヘビにそそのかされたのは イブは、
アダムにも勧めたため、2人は食べてしまい
ました。

 

実を食べて知識が身に付いた2人は、自分たち
であることを悟り、急に恥ずかしがったと
いわれています。

 

西洋(英語)での花言葉は・・・
「preference」=「優先」「好み」「選択」
となっています。

 

林檎の果実の場合は・・・
「temptation」=「誘惑」
です。

 

もともとは西洋での意味が日本に入ってきた
と考えられます。

 

 

林檎の特徴

バラ科リンゴ属の落葉高木樹ですが、その
果実を意味することもあります。

 

林檎の原産地としては、カザフスタン南部、
キルギスタン、タジキスタンの辺りとされ
ています。

 

そこからヨーロッパやアジアを通して
日本に伝わったようです。

 

現在日本で栽培されているものは明治時代
以降に入ってきたものです。

 

その後、品種改良が加えられ、現在の品種が
誕生したとされています。

 

現在では、世界中に約7500種類以上の林檎が
存在しますが、暑さに弱く 熱帯地域での栽培
は難しいようです。

 

晩春には白い花を咲かせ、9~10月になると
果実が収穫されます。

 

また、「1日1個の林檎で医者いらず」との
言い伝えもあるくらい、栄養が豊富です。

 

もし、花を見る機会があれば、花言葉を
思い出して下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。