日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ハイビジョン・フルハイビジョン・4K・8Kテレビの違いとは?

ハイビジョン フルハイビジョン 4K 8K

ハイビジョン・フルハイビジョン・4K・8Kテレビの違いとは? テレビを買い替えようとする時には、
どの種類にすべきか迷ってしまいますね。

 

もちろん、お値段も影響しますし、こだわり
のメーカーがあるという場合もありますね。

 

最近では4Kテレビ、8Kテレビなども登場し、
「何が違うの?」と思いがちです。

 

一昔前だと、ハイビジョンやフルハイビジョン
でも十分でしたが、進化が止まりませんね。

 

一度買ったら10年近く使用するのが当たり前
ですから、失敗はしたくないですよね。

 

そこで今回は、テレビに関するこの4つの違い
についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

ハイビジョン・フルハイビジョン・4Kテレビ・8Kテレビの違いは?

★ハイビジョンとは?

一番の違いとなるのが解像度ですね。

 

ハイビジョンは1080×768以上の画素数を
表しています。

 

現在の地上波テレビ放送の解像度は
1440×1080で、さらに上を行っています。

 

ということは、ハイビジョンテレビでは
完全に表示できていない、という可能性
もあります。

 

ちょっとさかのぼると、 「画質が綺麗!」
と騒がれましたが、家電業界の技術の
進化スピードも速くなりました。

 

 

★フルハイビジョンとは?

対して、フルハイビジョンの場合、
1920×1080という画素数を表しています。

 

名前からも想像がつくと思いますが、
こちらの方がハイスペックですね。

 

別名では、フルスペックハイビジョン
と呼ばれています。

 

現在のハイビジョンテレビ放送やBlu-ray
などのコンテンツで、最も綺麗な映像の
規格を完全に表示できる、という意味です。

 

現在の最高解像度の規格は1920×1080です。

 

Blu-rayデスクやNHKのBSデジタル放送は、
この解像度になっています。

 

ただし、DVDなどもともと解像度の低いもの
が、より綺麗にに見える訳ではありません。

 

普段、綺麗な画像を見慣れている分、粗く
感じてしまうというデメリットもあります。

 

 

★4Kテレビとは?

4Kテレビの場合、画素数が3840×2160
になっています。

 

最近ではよく耳にするようになりましたが、
ネーミングに違和感を覚えた人もいるかも
しれませんね。

 

3840が約4000であり、1000はキロという
単位で表されるので「4K」と呼ばれています。

 

フルハイビジョンの4倍の画素数になって
いるため、性能は非常に優れています。

 

フルハイビジョンは現在のハイビジョン
放送を、すべて一番良い画質で見られる、
という意味でしたね。

 

その4倍となる4Kの場合はどうでしょうか。

 

4Kテレビは、映像を4K画質に変換して
くれるという特徴があるのです。

 

つまり、放送している画像よりも綺麗な
画質で見られるということなのです。

 

また 「Ultra HD Blu-ray」という4K画像
のBlu-rayも発売されるようです。

 

テレビ放送自体は、2020年の東京五輪
向けて、4K画像の放送をスタートさせる
ことを目標としています。

 

テレビ製造業界の進化も目覚ましいため、
今後を考えると、こちらを買っておいた方
が良いかもしれませんね。

 

また、50インチ以上の大型テレビの場合、
4K対応のものを購入する人が、全体の60%
と大変多いです。

 

大型テレビの方が 画像の粗さがわかりやすい
ですからね。

 

40インチ台以下だと、フルハイビジョンの方
が多いですが、追い抜かれるのも時間の問題、
という感じがしますね。

 

 

★8Kテレビとは?

8Kというのは、名前からも想像できる通り、
4Kのさらに上をいくものです。

 

解像度は7680×4320画素を誇り、圧倒的
美しさを実現するために開発されたようです。

 

8Kテレビは2015円10月に業務用のものが販売
されましたが、家庭にはまだ普及していません。

 

ですが、進化のスピードの速い時代ですから、
将来的には主流になると考えられます。

 

購入するにあたっては、東京五輪も4年後に
控えてますので、4Kがおすすめですが、あと
お値段次第となりますね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。