日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

水戸の梅まつり2016の日程と駐車場!早咲き~遅咲きの見頃!

水戸梅まつり 2016

水戸の梅まつり2016の日程と駐車場!早咲き~遅咲きの見頃!茨木県水戸市の春の風物詩といえば、
「水戸の梅まつり」ですね。

 

日本三大庭園のひとつとされる「偕楽園」
並びに「弘道館」で開催されています。

 

2016年も多く観光客が訪れ、賑わいを
見せることが予想されます。

 

約100種類の梅の木が、合計 3000本
植えられているので見応えは十分です!

 

「偕楽園」に興味があるという方も、
ぜひイベント開催中にお出かけ下さい。

 

そこで今回は、2016年の水戸の梅まつりの
日程、おすすめのイベント、品種の見頃、
駐車場
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

水戸の梅まつり2016の日程は?

2016年の水戸の梅まつりの 開催日程
2月20日(土)~3月31日(木)です。

 

毎年、ほぼ同じ期間に行われており、
1ヶ月以上も楽しめるのは嬉しいですね。

 

梅の 品種により見頃の時期も変わるため、
前半と後半で楽しみ方も少し異なります。

 

なお、入場料に関しては・・・

・偕楽園=無料
・弘道館=大人200円、子ども100円

となっています。

 

 

水戸の梅まつりのおすすめイベントは?

梅まつり期間中には、偕楽園で様々な
イベントが開催されています。

 

納豆早食い競争、写真会、お茶会、将棋
フェスタなど、バリエーションも豊富な
ラインナップとなっています。

 

なかでも、おすすめのイベントは・・・

「全国梅酒まつりin水戸」
「夜・梅・祭」

ですね。

 

梅酒まつりは、偕楽園隣接の「常盤神社」
境内で開催されており、全国から集めた
梅酒の飲み比べができる催しです。

 

梅酒を使った料理やカクテルなど、様々
な楽しみ方ができますし、即売会も行わ
れています。

 

入場には、チケットの購入が必要となり
ますので、ご注意下さい。

 

(※2016年の日程は 未発表の段階ですが、
前年は3月6日~8日の開催でした。)

 

「夜・梅・祭」は、偕楽園、弘道館、
常盤神社で行われる、 伝統芸能 アート
の世界を楽しめるイベントです。

 

常盤神社では、水戸を代表する神楽や
演舞、演奏のステージが楽しめます。

 

また、偕楽園では、見晴広場に1万個の
和紙巻きキャンドルディスプレイが設置
され、夜の散策ツアーなどが行われます。

 

花火(スターマインなど)の打ち上げも
行われ、春の夜空を彩ります。

 

キャンドルディスプレイとの融合も幻想
的な世界を生み、魅了されること間違い
無しです。

(※なお前年は 3月14日の開催でした)

 

公式HPのアナウンスを確認して、興味の
あるイベントに合わせてお出かけする方
が良いでしょう。

 

 

水戸の梅まつり・早咲き、中咲き、遅咲きの品種と見頃は?

偕楽園の梅には 早咲き、中咲き、遅咲き
の品種があり、期間前から様々な梅の花
が楽しめるようになっています。

 

100種類以上ありますが、「水戸の六名木」
という、なかでも優れているという6品種
をご紹介します。

 

【早咲き・1月下旬~2月下旬】
・烈公梅(れっこうばい)
・白難波(しろなにわ)

 

この時期はまだつぼみの花も多いですが、
咲き始めの梅を発見する楽しみがあります。

 

 

【中咲き・2月上旬~3月上旬】
・月影(つきかげ)
・柳川枝垂(やながわしだれ)
・虎の尾(とらのお)

 

この時期になると咲いている花の数も
増え、絢爛豪華というイメージです。

 

 

【遅咲き・3月上旬~4月上旬】
・江南所無(こうなんしょむ)

 

梅の最後の季節を惜しみながら
楽しむ期間となっています。

 

昭和9年に、この6品種が「水戸の六名木」
に選定されました。

 

その他、早咲きで有名なものは
「八重寒紅」「八重冬至」

 

遅咲きには 「白加賀」「春日野」
などが挙げられます。

 

それぞれの期間で、ご自分のお気に入り
を探してみるのも楽しいですね。

 

 

駐車場について

偕楽園の駐車場は、普段は無料ですが、
梅まつり開催期間中は 有料となります。

 

料金は1日500円ほどかかりますので、
ご注意下さい。

 

また、偕楽園の周辺にも、たくさんの
駐車場があります。

 

有料でも良ければ、徒歩10分くらいの
所で、簡単に見つかると思います。

 

会場から少し遠くなると、無料でも
ありますが、徒歩25分ほどかかります。

 

また、人気のイベントが開催される日は、
混雑が予想されますので、早めの来園が
がおすすめです。

 

 

水戸藩9代藩主・徳川斉昭公が開設した
偕楽園で梅を満喫して下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。