日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

禁煙外来の費用!初診と保険適用は?薬やパッチの効果も!

禁煙外来 費用 効果

禁煙外来の費用!初診と保険適用は?薬やパッチの効果も!近年、「お医者さんと禁煙しよう」という
CMをよく見かけるようになりました。

 

禁煙外来に通いながら、タバコをやめよう
という人も増えてきているようです。

 

自力でニコチン依存を解消するのも難しい
ため、医師の力を借りるのも賢い選択です。

 

ただ、どれほどの費用がかかり、保険適用
となるかなど、気になることも多いですね。

 

そこで今回は、禁煙外来の費用や効果
ついてご紹介します。

Sponsored Link

 

禁煙外来の費用・初診はいくら?保険適用は?

禁煙外来の初診費用は病院にもよりますが、
7,000~8,000円程度かかってしまいます。

 

保険が適用になった場合は2,500円前後です。

 

8~12週間治療を受けた場合、保険適用なら
13,000~20,000円の自己負担額になります。

 

しかし、保険はすべての人が適用になる訳
ではありません。

 

過去に禁煙治療を受けて、初回の診察日から
1年以上経過している場合は適用されます。

 

再喫煙してしまったという場合でも、再挑戦
しようという意思があれば、OKとなります。

 

また、下記の条件をすべて満たした場合です。

・ニコチン依存症を診断するテストが5点以上。(10点満点中)
・1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上。
・1か月以内に禁煙を始めたいという意思がある。
・禁煙治療を受けることに同意した文書を書いている。

 

つまり、タバコをやめたいと思いながらも、
なかなかやめられないニコチン依存症の人のみ、
保険が適用になるという訳なのです。

 

完全にやめてしまえば、 タバコ代もかから
なくなりますので、比較的安価ですよね。

 

 

禁煙外来の薬やパッチの効果は?

禁煙外来では、 チャンピックスという飲み薬
が処方されます。

 

タバコを吸うと、ニコチン受容体がニコチン
と結合し、神経伝達物質であるドーパミン
放出させます。

 

ドーパミンは 「快感」を司る物質であるため、
これが切れることで、吸わないとイライラ
してきます。

 

チャンピックスはニコチン受容体と結合し、
ニコチンの場合よりも少量のドーパミンを
放出させます。

 

そのため、ニコチン切れのイライラを軽減
させる効果があり、禁煙の成功を促します。

 

チャンピックスの量は治療の経過とともに
変わってきますので、 医師の指示に従って
服用することになります。

 

容量・用法を守らず、自己判断で服用する
ことがあれば、失敗の元となります。

 

その他、 ニコチンパッチという貼り薬を
使用することもあります。

 

自力で禁煙を試みる場合と比較すると・・・

・チャンピックス=約3倍アップ
・ニコチンパッチ=約2倍アップ

とかなり効果が期待できます。
 
タバコで血液ドロドロ・循環が悪くなることも!
 

 

禁煙外来での治療期間はどのくらい?

保険を使用した禁煙治療は、12週間で5回
治療と決まっています。

 

初診に始まり、2週間後、4週間後、8週間後、
12週間後、と続きます。

 

毎回、禁煙補助剤を処方されたり、医師に
よるアドバイスを受けたりすることができ
ます。

 

12週まで治療を受けた人のうち、約半数は
その後も禁煙に成功しているようです。

 

初診でやめてしまった場合は6.5%しか
禁煙に成功していません。

 

本当にやめたいという断固たる意思があれば、
続けて通うことに意味があると考えられます。

 

12週間で禁煙できなかった場合、その後も
治療を続けられますが、 自費診療となります。

 

それでも、せっかく始めた治療を途中で断念
するよりはマシだと考えられます。

 

この辺りについては、本人の意思次第です。

 

もし1年以上経過している場合も、保険適用
となりますので、再チャレンジしてみては
いかがでしょうか。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。