日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

結婚式の忌み言葉!スピーチでの重ね言葉もNG!言い換えは?

結婚式 忌み言葉

結婚式の忌み言葉!スピーチでの重ね言葉もNG!言い換えは?結婚式後の披露宴では、友人や来賓代表
としてスピーチをする機会がありますね。

 

もし依頼を受けた場合、 「忌み言葉」
注意する必要があります。

 

いわゆる縁起が悪いため、使用を避ける
べきとされる言葉のことです。

 

知らずに使っている言葉でも、おめでたい
席には相応しくないものも多いです。

 

新郎新婦や親族の方に失礼のないよう
配慮が必要になってきます。

 

そこで今回は、結婚式での忌み言葉や
その言い換え
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

結婚式の忌み言葉・スピーチなどでのNGワードは?

結婚披露宴などでの忌み言葉には、以下の
ようなものがあります。

 

どれも縁起が悪いとされ、使用を控える
必要があります。

 

離婚を連想させる言葉
(例:別れる・切る・嫌う・離れる・冷える・おしまい・ほどける等)

 

再婚を連想させる言葉
(例:再度・二度・再び・戻る・繰り返す等)

 

不幸、死を連想させる言葉
(例:終わる・倒れる・枯れる・相次いで・四・九・消える・亡くなる等)

 

重ね言葉
(例:たびたび・かえすがえす・重ね重ね・しばしば等)

 

せっかくのおめでたい席なので、上手く
言い回しを変えることが求められます。

 

その他にも、 頼りない・頑固者・うざい・
きもい
など、ネガティブな言葉は避けた
方が良いでしょう。

 

 

結婚式の忌み言葉・重ね言葉も縁起が悪い!

忌み言葉のなかでも、少々意外なのが
重ね言葉です。

 

同じ言葉を2度繰り返し、強調するとき
などによく使いますよね。

 

ただ、この2度繰り返すということが、
再婚をイメージさせるため、披露宴
ではタブーとされています。

 

ただし、ネガティブな意味合いの少ない
ものは、神経質になる必要もありません。

 

例えば、下記のようなものは問題ないと
思われます。

ますます・どんどん・いよいよ・日々

 

重ね言葉というのは、ついつい無意識に
出てしまうものですから、スピーチ前に
必ずチェックしておきたいですね。
 
結婚式のブーケとブーケニアの意味と由来!
 

 

結婚式の忌み言葉・主な言い換えは?

上手に言い換えることで、縁起が悪いと
される言葉を使わずにスピーチすること
ができますね。

 

例えば、下記のような感じです。

・スポーツが嫌いでした。
⇒スポーツが好きではありませんでした。

 

・繰り返しとなりますが…。
⇒先ほど申し上げましたが…。

 

・本日はお忙しいところありがとうございます。
⇒本日はご多用のところありがとうございます。

 

・いろいろな思い出を振り返り…。
⇒たくさんの思い出を振り返り…。

 

・普段は頼りないところがありますが…。
⇒普段はおとなしく見えますが…。

 

このように、ニュアンスを残しつつ、
別の言葉に言い換えるようにします。

 

スピーチなどでもそうですが、招待状
当日の配布物など、新郎新婦が支度する
ものでも忌み言葉は避けるようにします。

 

また、招待状など人目に触れる文章は、
切るという意味合いのある 句読点
付けないようにします。

 

近頃は、忌み言葉に対する考え方も緩く
なっていますが、結婚披露宴では注意
したほうが良いかと思われます。

 

祖父母など、年配の方なども参列される
ことが多いため、不自然になり過ぎない
程度に配慮しましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。