日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

グリーンアスパラ・ホワイトアスパラ・パープルアスパラの違い!

グリーンアスパラ

グリーンアスパラ・ホワイトアスパラ・パープルアスパラの違い! アスパラガスといえば、春を代表する
野菜ですね。

 

緑色のグリーンアスパラが定番ですが、生で
食べられるホワイトアスパラも人気です。

 

また、香りがよい、紫色のパープルアスパラ
などもありますね。

 

グリーン以外は、旬の時期以外はほとんど
見かけることがないと思います。

 

また、味や栄養価の面でも、それぞれに
特徴があります。

 

そこで今回は、アスパラガスの種類の違い
をテーマにご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

グリーンアスパラ・ホワイトアスパラ・パープルアスパラの違いとは?

アスパラガスは、 ギリシャ語に語源を持ち、

「たくさん分かれる」
「激しく裂ける」

という意味を持つ野菜です。

 

葉のように見える、細かく分枝した「茎」
由来しています。

 

有名な 「アスパラギン酸」というアミノ酸は、
アスパラに含まれていることから、この名が
付いたといわれています。

 

特に芽の部分に多く含まれています。

 

アスパラギン酸の働きによって、疲労回復や
美肌などにも効果が高い野菜です。

 
日本名では・・・

・阿蘭陀雉隠(オランダキジカクシ)
・阿蘭陀独活(オランダウド)
・松葉独活(マツバウド)

とも呼ばれています。

 

もともと観賞用として江戸時代にオランダ
から伝わりましたが、明治に入る頃になる
と、食用にされたようです。

 

 
では、それぞれの違いを見ていきましょう。

 

★グリーンアスパラとは?
グリーンアスパラは、芽が出たらそのまま
日光に当てて育てています。

 

太陽の下で自然に育てば、光合成により
葉緑素が作られ、鮮やかな緑色になります。

 

味としては、他の種類と比べると青臭さ
感じられるのですが、日光に当てて育てて
いるため、栄養価は他のものよりも高いです。

 

ビタミンA、B群、C、葉酸なども豊富な上、
カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、
亜鉛など、ミネラルの含有量も多いです。

 

また、高温期では1日2回収穫できるほどの
成長の速さも特徴的ですね。

 

炒めても、焼いても、茹でても美味しく
いただけるのも、主婦には嬉しいですね。

 

 

★ホワイトアスパラとは?
ホワイトアスパラはグリーンとは別の品種
というわけではなく、栽培方法により白く
なっています。

 

グリーンは、芽が出てからも日光を当てて
いますが、ホワイトの場合、 土寄せをしたり、
暗い場所に移して育てます。

 

芽が出る前に土寄せをすることもあるようで、
より柔らかく、味に癖のない状態に育ちます。

 

まるでもやしを育てるようなイメージですね。

 

グリーンとの違いとしては、生食できること
や、栄養価が少し劣ることなどです。

 

以前は、ホワイトアスパラというと缶詰用
生産されていました。

 

近頃は、採れたてのものをさっと茹でたり、
あるいは生でサラダなどにして食べるのが
美味しいといわれています。

 

お値段的にも、グリーンより少しお高めと
なっています。

 
アスパラガスの栄養と効果・効能!妊婦さんにも良い?
 

 

★パープルアスパラとは?
紫アスパラガスは、表皮にアントシアニン系
の色素を含んだアスパラです。

 

紫でアントシアニンといえば、ブルーベリー
をイメージされる方も多いことでしょう。

 

血管を保護する働きがあるため、目に優しい
成分とされていますね。

 

パープルは成長し過ぎると緑になってしまう
ため、流通のタイミングが難しく、希少価値
が最も高いアスパラです。

 

また、茹でたり炒めたりして加熱すると、
になってしまいます。

 

紫のままで楽しみたいときには、生で食べる
ようにしましょう。

 

グリーンと比べると甘味が強く、シャキシャキ
とした食感もありますが、柔らかいタイプです。

 

少し香ばしい感じも人気の秘密で、イタリアン
などでもよく使われています。

 

収穫量もグリーンの3分の1程度ということで、
当然、お値段的にも高くなります。

 

パープルアスパラは6月くらいまで流通しており、
他のものと食べ比べしてみるのも良いですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。