日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ナイアシンの効果!美肌・ダイエット・うつ病にも!副作用は?

ナイアシン 効果

ナイアシンの効果!美肌・ダイエット・うつ病にも!副作用は? ナイアシンという栄養素をご存知ですか。

 

あまり聞きなれないかもしれませんが、
ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称
を呼んでいます。

 

ビタミンB複合体の1つとされ、熱に強い
特徴を持つ「水溶性ビタミン」です。

 

三大栄養素の代謝に欠かせないため、
健康維持に必要な成分とされています。

 

美肌作りやダイエットにも有効ですが、
不足すると体調不良を起こします。

 

そこで今回は、ナイアシンの効果として
肌の健康やダイエット、うつ病などへの
効能
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

ナイアシンの効果・肌に良い!

ナイアシンには 血流を促進する作用が
あります。

 

これにより、皮膚の栄養状態も高まり、
肌の新陳代謝が活性化します。

 

肌トラブルを抱えている人は、その生まれ
変わりのサイクル、ターンオーバーが正常
に行われていない可能性があります。

 

これを正常化すると・・・

 

角質化した古い細胞が剥がれ落ち、新しい
細胞の誕生を促進して、肌トラブルの改善
が期待できます。

 

紫外線や加齢による シミや、遺伝に関わる
そばかすなどにも効果的とされています。

 

バランスの良い食生活を送っている限り、
まず欠乏することはありません。

 

ただし、不足するような事態に陥ると、
皮膚炎口内炎などの原因となったり、
下痢が続くなどの不具合も起こります。

 

最近では、ナイアシンを配合したサプリも
注目されており、 美肌を目指している人に
人気のようです。

 

 

ナイアシンの効果・ダイエットにも!

ナイアシンには、糖質や脂質、たんぱく質を
分解する 酵素の働きを助ける作用があります。

 

体に存在する約2割の酵素に関わっているとも
いわれ、いかに必要不可欠な成分であるかが
わかります。

 

ダイエットをする上で大切なのが、まず体に
溜まった脂肪を 燃焼させることです。

 

そのためには、代謝を上げる必要があるため、
ナイアシンの働きはさらに重要になります。

 

体内では、必須アミノ酸のトリプトファンから
ナイアシン合成が行われているため、様々な
食品から効率良く摂取することがベストです。

 

必須アミノ酸が「必須」とされる所以であり、
トリプトファンを含む食材にも目を向けたい
ですね。

 

また、ナイアシンを使用した薬剤、ニコチン酸
誘導体などは、 コレステロールを下げる効果も
あります。

 

脂質異常症(高脂血症)にも効能を発揮します
ので、ダイエット以外にも生活習慣病の改善に
役立つ存在です。

 

ナイアシンの効果・うつ病や統合失調症にも!

美容面だけでなく、メンタルな病気で有名な
うつ病 統合失調症にも有効とされています。

 

ナイアシンは脳内のセロトニンという物質の
合成にも関与しています。

 

セロトニンは、いわゆる神経伝達物質の1つで、
分類上、ノルアドレナリンやドーパミンに近い
ものです。

 

これが、睡眠や生体リズム、体温調節、神経内
分泌にも関わるため、 不足すると神経や精神の
働きを低下させてしまいます。

 

つまりは、トリプトファン、ナイアシンは人間
の精神にも影響を与える存在ということです。

 

実際にうつ病の治療に使用されており、研究に
より統合失調症への効果も認められています。

 

大量の飲酒不規則な生活習慣などが原因で
ナイアシン不足に陥ることもあり、注意する
必要もあるでしょう。

 

 

ナイアシンで考えられる副作用は?

薬ではないため、正確にいうと 副作用という
ものはありません。

 

しかし、過剰摂取によって症状が出ることが
あります。

 

1日の上限は60mgとされていますが、通常の
食事では、摂り過ぎて異常が出ることはまず
ありません。

 

注意しなくてはいけないのは サプリメント
服用している場合で、簡単に上限を超えて
しまいます。

 

血管が拡張して上半身が火照ったり、痒みが
出たりという症状が現れることもあります。

 

また、神経過敏、下痢、頭痛などにも繋がる
ケースがあり、容量を守って使用することが
求められます。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。