日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

2016年の旧正月!中国・台湾・香港・韓国の連休はいつ?

2016年 旧正月

2016年の旧正月!中国・台湾・香港・韓国の連休はいつ?中国圏などのアジア地域では、 旧正月
盛大にお祝いするという習慣があります。

 

この期間は連休となり、旅行に行っても
お店が開いていないということもあります。

 

それは避けたいですよね。

 

祝日は毎年変わりますので、しっかり
把握しておきましょう。

 

そこで今回は、2016年の旧正月における
中国、台湾、香港、韓国の連休の時期と
過ごし方
をご紹介します。

Sponsored Link

 

2016年の旧正月・中国の連休はいつ?過ごし方は?

2016年の旧正月の初日は2月8日です。

 

2月7日は 「除夕」という、日本でいう
大晦日にあたり、この日もお休みです。

 

中国での連休は、2月7日~2月13日
1週間が基本となります。

 

この期間を「春節」と呼びますね。

 

台湾や香港も中国圏ということで、
この呼び名が付けられています。

 

2月6日の土曜日と2月14日の日曜日は、
振替で 出勤となるそうです。

 

日本の場合、土日と重なると連休が伸び
ますが、意外とシビアですね。

 

北京など、中国北部の正月では 餃子
食べるのが定番です。

 

除夕から家族が集まって餃子を作り、
年越しに食べるそうです。

 

日本の年越しそばみたいなものですね。

 

縁起を担ぐ期間なので、やってはいけない
こともたくさんあります。

・お皿を割ってはいけない
・ハサミを使ってはいけない
・ゴミを捨ててはいけない

などのルールがあります。

 

盛大過ぎる花火や爆竹に目が行きがちに
なりますが、他にも様々なしきたりが
あるようです。

 

 

2016年の旧正月・台湾の連休はいつ?過ごし方は?

台湾の場合は、2月6日~14日の9日間
になります。

 

中国では前後の土日が出勤となりますが、
台湾では休みのままのようですね。

 

振替休日制という制度も始まったことで、
連休ができやすくなったそうです。

 

2016年は7回もありますが、旧正月のみ
を回避すると旅行は楽しめそうです。

 

台湾では1年で最も長いお休みになるため、
海外旅行に出掛ける人も多いです。

 

ただし、元々の過ごし方の風習は、一族
皆揃って団らんすることです。

 

家の中で過ごすだけでなく、一族で映画や
カラオケ、百貨店などに行くことも多いと
いわれています。

 

 

2016年の旧正月・香港の連休はいつ?過ごし方は?

香港では2月8日~10日の3日間です。
 

元旦から3日間という決まりがあり、
意外と短いですね。

 

大晦日においしいご飯をみんなで食べ、
天壇のような高い場所で新年をスタート
させます。

 

街中では花車パレードも行われ、夜遅く
までにぎわっています。

 

お店も比較的開いているようです。

 

 

2016年の旧正月・韓国の連休はいつ?過ごし方は?

韓国は2月7日~10日の4日間となります。

 

10日は、7日の日曜日の振り替え休日です。

 

基本的には、元旦を挟んだ前後の日を
合わせ、3日間となっています。

 

韓国語の旧正月は 「ソルラル」といいます。

 

ソルラルの1週間前から、先祖を供養する
儀式のために必要なものを購入したり、
贈り物を買ったりするので忙しくなります。

 

ソルラルの朝は、食べ物とお酒を並べ
お祈りをします。

 

お餅の入ったスープが代表的な食べ物で、
日本の雑煮といったところでしょうか…。

 

家族や親戚に挨拶をしたり、幸運や健康、
各分野での成功などをお祈りします。

 

現在の日本よりも、家族やご先祖様を
重んじる韓国らしい風習ですね。

 

日本では、沖縄などの一部の地域のみで
お祝いするところもあるようです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。