日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

女性の貧血を改善する食べ物!緑黄色野菜・レバー・ナッツ類・海藻

女性 貧血 食べ物

女性の貧血を改善する食べ物!緑黄色野菜・レバー・ナッツ類・海藻生理、妊娠、出産など、様々な理由により
女性は男性よりも 貧血になりやすいです。

 

出血などで鉄欠乏性貧血を起こしやすく、
体調不良が続くこともあります。

 

顔色が優れないことで、お肌もくすみがち
に見えるため、美容面でも悪影響が…。

 

まずは普段の食生活を見直し、改善に
繋がる食べ物をいただくのが一番です。

 

そこで今回は、女性の貧血を改善する
食べ物
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

女性は月経・妊娠・出産・授乳で貧血になりやすい!

まずは、女性がなぜ貧血になりやすいのか、
考えてみましょう。

 

基本的に、血液中の 赤血球 ヘモグロビン
の量が基準値を下回っている状態のことを
いいます。

 

赤血球やヘモグロビンは、血流に乗って
全身に酸素栄養を運ぶ働きがあります。

 

つまり、これが基準値以下に減少している
ことは、体が酸欠を起こしたり、栄養不足
に陥ったりすることを意味します。

 

当然、全身の倦怠感や疲労感、冷え性など
をはじめ、めまいやふらつきなどの不調も
現れてきます。

 

顔色も青白く、優れないことが多いですが、
女性が気になる 肌ツヤまでも失われてしま
います。

 

なぜこのような状態になるのかというと、
ズバリ鉄分不足が原因です。

 

鉄分不足は、食べ物による摂取不足のみで
起こるというわけではありません。

 

体の状態によりその必要量が増加したり、
出血などで損失量が増えたりすることに
よっても起こります。

 

女性は、生理中や出産時に損失量が増加し、
妊娠、授乳中は必要量が増加します。

 

もちろん不正出血などがあれば、大きく
損失量に影響してきます。

 

どうしても鉄欠乏性貧血を起こす環境が
揃ってしまっていますね。

 

 

女性の貧血を改善する食べ物・緑黄色野菜は必須!

貧血を 食べ物で改善するには、食事で鉄分
を摂取することが大切です。

 

成人女性に必要な鉄分は1日10.5mgが理想
とされています。

 

実は、この数値は男性よりも多いのです。

 

さらに、妊娠中期以降は1日21mgと通常の
2倍の鉄分が必要になります。

 

食べ物に含まれる鉄分といっても・・・

・動物性食品に含まれる 「ヘム鉄」
・植物性食品や卵、乳製品に含まれる「非ヘム鉄」

があります。

 

ヘム鉄の方が吸収率は高いですが、非ヘム鉄
もたんぱく質やビタミンCなどと一緒に摂る
ことで吸収率がアップします。

 

貧血には 緑黄色野菜というイメージが強い
と思いますが、それだけでは不十分です。

 

緑黄色野菜で摂取する場合・・・

非ヘム鉄とビタミンCが豊富な、ほうれん草
菜の花、小松菜、ブロッコリー
などが
有効です。

 

卵や赤身の肉など、良質なたんぱく質と一緒
に摂取するとさらに吸収率がアップします。

 

単に必要とされる栄養素を摂取するだけでなく、
それを活かせる食材などを選び、バランス良く
食べることが大切です。

 

また、 の食材は、栄養価が増しているため、
なるべく旬のものをいただくと良いですね。
 
ブロッコリーの栄養成分・妊婦さんにもおすすめ!
 

 

女性の貧血を改善する食べ物・レバー・ナッツ類・海藻類も有効!

他にも効果的な食べ物を見てみましょう。

 

まず、よく挙げられるのは レバーですね。

 

レバーは牛、豚、鶏のすべてに、吸収の良い
ヘム鉄を含んでいます。

 

もちろん、動物性たんぱく質も摂れるので、
貧血の改善に有効です。

 

牛や豚には、妊娠中の女性に必須とされる
栄養素の 葉酸も含まれています。

 

 
また、昆布やひじき、海苔、もずくなどの
海藻類もおすすめです。

 

鉄分だけでなく、 カルシウムも豊富に含まれ
ており、胎児への供給源として妊婦さんには
推奨されています。

 

その他、ナッツ類にも貧血予防に効果を発揮
するものがあります。

 

ただし、種類によってかなり栄養成分に違い
があるため、何でも良い訳ではありません。

 

アーモンド、カシューナッツ、落花生
などは鉄分が豊富に含まれています。

 

妊娠中期以降で21mgの鉄分を食事だけで補う
のは難しいですね。

 

おやつをナッツ類に替えるなどして補給する
と良いですし、レーズンやプルーンなどと
一緒に食べるのもおすすめです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。