日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

チーズの食べ過ぎは腹痛・便秘・太る原因に!ニキビや体臭も!

チーズ 食べ過ぎ

チーズの食べ過ぎは腹痛・便秘・太る原因に!ニキビや体臭も!ピザやグラタンなどの料理に使っても、
そのまま食べても美味しい チーズ

 

原料や製法の違いにより、1000種類以上
も存在するといわれています。

 

ただし、その臭いなどから、好き嫌いが
はっきり分かれる食材ですね。

 

チーズは、たんぱく質やカルシウムなどの
栄養素が豊富なので、健康にも良いです。

 

ぜひ沢山食べていただきたいところですが、
やはり 食べ過ぎは良くないようです。

 

そこで今回は、チーズの食べ過ぎによる
体への悪影響
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

チーズの食べ過ぎは腹痛・便秘・太る原因になる?

チーズに限らず、ヨーグルトや牛乳などの
乳製品は、お腹の中で ガスを発生させます。

 

善玉菌を増やすイメージのあるヨーグルト
でさえ、食べ過ぎや腸内細菌との相性により
腹痛や下痢、便秘を起こすといわれています。

 

チーズも、適度に食べる分には問題はない
ようですが、過剰摂取によりお腹が張って
苦しくなることもあります。

 

元々便秘がちな人は、さらにガスも溜まり、
状態が悪化することがあるため、注意が
必要です。

 

また、たんぱく質や脂質が豊富ということ
もあり、消化が悪い食品に該当します。

 

腸内の悪玉菌が増殖しやすく、便秘だけで
なく、腹痛や下痢に繋がることもあるため、
食べ過ぎは禁物です。

 

 
また、チーズは太りやすいというイメージ
もあるかもしれませんね。

 

種類により異なるため一概にはいえませんが、
平均カロリーは、100gあたり300kcal前後に
なります。

 

意外に、高くも低くもないといった感じです。

 

脂質が多いため、太ると考えがちですが、
エネルギーに変換されやすい 中鎖脂肪酸
ということで、過剰な心配は無用です。

 

もちろん、毎日200gほど食べるなど、限度
を超えている場合、太っても仕方ありません。

 

 

チーズの食べ過ぎはニキビや体臭が発生する?

また、 ニキビに繋がりやすいと考えている人
も多いかもしれませんね。

 

チーズには、細菌への抵抗力を高めてくれる
ビタミンAが含まれています。

 

ですから、逆にニキビ解消効果が期待できます。

 

ただし、牛乳を飲むとお腹を壊すという人は、
体内に乳製品の消化酵素を持っていません。

 

その場合、毛穴に 皮脂が詰まってアクネ菌など
が繁殖するため、ニキビの原因になることが
あります。

 

また、チーズの過剰摂取で、体臭がきつくなる
ということがあります。

 

これは、含まれている 脂質が原因です。

 

腸に運ばれた脂質は、腸内の突起の間に詰まる
傾向があります。

 

すると腐敗臭を放つようになり、体臭や口臭
までもがきつくなるといわれています。

 

詰まりを起こすと、腸の動きも悪くなるため、
便秘などを引き起こしやすいようです。

 

ヨーグルトやバター、牛乳なども同様なので、
食べ過ぎには注意したいですね。

 

 

チーズの食べ過ぎで病気になることもある?

さらに、慢性的にチーズを食べ過ぎていると、
生活習慣病などの病気を引き起こしてしまう
こともあります。

 

他にも、肉や卵魚などをたくさん食べると、
たんぱく質や脂質の摂り過ぎに繋がります。

 

特に糖尿病には注意したほうが良いです。

 

また、たんぱく質の摂り過ぎは エステロゲン
という女性ホルモンの分泌を過剰に促進します。

 

これによりホルモンバランスが崩れ、乳がん
などを引き起こすことがあるとされています。

 

どんな食品でも過剰に摂取すると、何かしら
弊害が生じることが多いです。

 

では、許容摂取量はどのくらいかというと、
カロリー、塩分、脂肪分などを考慮すると
60g程度でしたら問題ありません。

 

スライスチーズでいうと、3枚半ですので
結構食べられる量ですね。

 

毎日食べる人は特に、この量を守ることが
大切です。

 

また、牛乳やヨーグルトなどの他の乳製品
の場合も、毎日であれば量を控え目にして
おいたほうが良いですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。