日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ひび・あかぎれの原因と治療法!有効な薬は?皮膚科の受診も!

ひび あかぎれ 原因 治療

ひび・あかぎれの原因と治療法!有効な薬は?皮膚科の受診も!寒い冬にできやすい ひび あかぎれ

 

パックリ割れて血が出てしまったりする
こともあるため、非常に厄介です。

 

特に、水仕事をされている方や主婦の方も
悩んでいる人が多いと思います。

 

原因はともあれ、できれば市販薬で治療
できたら良いですね。

 

そこで今回は、ひびやあかぎれの原因や
治療法、有効な薬
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

ひび・あかぎれの原因とは?

ひびやあかぎれは、冷たい風や冷水などが
原因で、主に 寒い季節に起こります。

 

いずれも、表皮の最外層の角層が乾燥する
ことで、皮膚の弾力が失われた状態です。

 

手の乾燥とともに、皮膚に浅い裂け目
できたり、細かい線がはいったりすること
「ひび」といいます。

 

こちらは比較的軽い症状ですが、 かゆみ
伴うことも多いです。

 

さらに悪化して真皮まで割れ、血管が見え
たり、血がにじんだりして強い痛みを伴う
のが「あかぎれ」です。

 

冬はただでさえ空気が 乾燥していますので、
洗い物をしたり、冷たい風にさらされたり
すると、余計起こりやすくなります。

 

また、冷水は手の指などに血行不良を起こす
原因にもなるため、水仕事の人は特に注意
すべき症状の1つです。

 

そして、血流が悪く栄養が行き届かない状態
が続くと、ひびやあかぎれを繰り返してしま
います。

 

手荒れというと、「そのうち治るだろう」と
放置してしまう人も多いかもしれませんね。

 

しかし、放っておくと悪化する一方なので
きちんとした対処が必要です。

 

 

ひび・あかぎれの治療方法と有効な薬は?

ひびやあかぎれを治療するには、こまめな
ケアが必要です。

 

まずは手の血行を良くして、しっかり保湿
することが大切です。

 

お風呂の 湯舟の中で軽くマッサージをすると、
一時的に乾燥から開放されるため、痛みも
少なく、血行を促進することができます。

 

お風呂から上がったら、ハンドクリームを
素早く塗り込むことも大切です。

 

ひどい場合は、医薬品の 軟膏などを使用
しましょう。

 

専用の薬には「ヒビケア軟膏」「ヒビプロ」
「メンタームHAクリーム」
などがあります。

 

「オロナイン」「ワセリン」なども十分
効果を発揮します。

 

また、割れてしまうときは 「サカムケア」
「液バン」
などの液体絆創膏がおすすめです。

 

傷を水から守ってくれるため、水仕事などで
しみるのを防いでくれます。

 

洗い物などをするときは、手袋を使用する人
が多いですが、外出する時も、なるべく手袋
をして下さい。

 

傷が深い場合、手の清潔を心掛ける必要がある
ため、消毒液なども使用しましょう。
 
手や指のひび割れ!ワセリン・ステロイドの効果は?
 

 

ひどい場合は皮膚科へ!

あまりにも症状がひどく、出血などがあれば
皮膚科を受診して下さい。

 

また、市販薬を使っても効果がないという
ときも同様です。

 

市販薬では改善できなくても、皮膚科で処方
された軟膏で完治することは多いです。

 

ただし、あかぎれなどがなかなか治らないと
いう場合、他の病気が関与している可能性も
あるようです。

 

さらに大きな病院で検査をしてもらったほう
が良いでしょう。

 

手は毎日使いますし、痛みがあれば仕事の
ペースも遅くなり、効率も悪くなります。

 

凍傷以外は、基本的に家庭で治せるものと
されていますので、とにかくできることから
実践して下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。