日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット!新薬との違いは?

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット!新薬との違いは?ここ数年、テレビCMなどでよく見かける
ようになった、 ジェネリック医薬品

 

今までの薬との違いはわからなくても
名前は聞いたことがあるかと思います。

 

しかし、新薬と異なる点を比較すると
メリット・デメリットが見えてきます。

 

日本では、欧米諸国に比べると普及率は
まだ低いといわれています。

 

医療に使われるものなので、慎重に選ぶ
必要もあるかと思われます。

 

そこで今回は、ジェネリック医薬品と新薬
の違いや、メリット、デメリット
について
ご紹介します。

Sponsored Link

 

そもそもジェネリック医薬品とは?何が違うの?

ジェネリック医薬品は 「後発医薬品」
呼ばれています。

 

これまで有効性や安全性が実証されてきた
新薬と、同等と認められた「低価格な薬」
を意味します。

 

新薬を開発した製薬会社が 特許を取ると、
20~25年の間は、独占的に製造と販売を
行うことができます。

 

その間に多くの利用者が使うため、安全性
を確認することもできます。

 

その後、特許期間が切れることで、開発
した製薬会社以外の製薬会社でも、製造
できるようになります。

 

そのようにして製造された薬が、新薬と
同等の成分や効果があると 厚生労働省
に認められると、ジェネリック医薬品と
なるわけです。

 

 

ジェネリック医薬品を使用する際のメリットは?

ジェネリック医薬品の一番のメリットは、
なんといっても 価格が安いことです。

 

価格が安い1つめの理由は、他の製薬会社
が開発した薬を製造するため、開発費
かかりません。

 

2つめは、効き目や安全性が確認されており、
そこにかける費用も 削減できます。

 

慢性疾患で毎日薬を服用している方には、
とても助かりますね。

 

先発医薬品との価格の比較ができるサイト
もあるので、一度調べてみると良いですね。

 

ただ、薬によっては差額が出ないものも
あります。

 

もう1つのメリットは、先発医薬品と 形状
を変えていることです。

 

例えば、今飲んでいる薬は錠剤やカプセルで、
サイズが大きすぎて飲みにくいこともあると
思います。

 

味が好きじゃなくて飲みたくないなど、他に
不満があることも…。

 

薬の名称が異なるだけでなく、 大きさ
変えているものもあり、今よりも飲みやすく
なる可能性もあります。
 
妊婦さんの頭痛薬服用・胎児への影響は?
 

 

ジェネリック医薬品を使用する際のデメリットは?

デメリットの1つめは、先発医薬品とは 違う
ことです。

 

これは当たり前かもしれませんが、製薬会社
が違うので先発医薬品とジェネリック医薬品
が全く同じ薬とはいえません。

 

メリットでもあった 形状の変化についても…

 

コーティング方法が違ったりするので、薬の
溶ける時間が変わったり、主成分の分解率
違いが出てきてしまったりします。

 

もちろん主成分は同じですが、今まで飲んで
いた薬とは効き目が変わってしまう可能性が
ゼロではないということです。

 

また、医療機関が品質の問題で、ジェネリック
医薬品の使用を中止したという例もあります。

 

ジェネリック医薬品には「安全性の試験」
ありませんので、先発医薬品よりも安全性が
低い可能性もあります。

 

このような理由から、厳重なコントロールを
必要とする、抗てんかん薬、テオフリン製剤、
ジギタリス製剤
などは、新薬のままのほうが
良いともいわれています。

 

他にも、軟膏やクリームなどの外用剤の場合
も、同様のことがいえます。

 

 

いかがでしたか?

ジェネリック医薬品は、ほぼ新薬と同じ効果
があり、 家計にとっても有難い存在ですね。

 

ただし、使うかどうかの判断は、自分自身や
専門医との相談の上で、ということです。

 

メリットとデメリットをしっかり把握した上
で、選びたいですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。