日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

風邪の時・喉の痛みにバニラアイスやアイスコーヒーは良いの?

風邪 アイス

風邪の時・喉の痛みにバニラアイスやアイスコーヒーは良いの? 風邪をひいて熱が出た時は、体がだるく
なり、食欲も低下することが多いですね。

 

しかし、きちんと栄養を取らなければ、
治りも遅くなってしまいます。

 

特に熱がある時は、冷たい アイスなどは
食べられますし、喉の痛みも少し治まる
ような気もしますね。

 

アイスコーヒーなどを飲みたくなる人も
いますが、実際には悪影響しないもの
なのでしょうか。

 

そこで今回は、風邪をひいた時にアイス
を食べたり、アイスコーヒーを飲んだり
しても良いのか
、ご紹介しますね。

Sponsored Link

 

風邪の時にバニラアイスを食べてもいいの?

基本的に、風邪の時には体の芯から温めて、
免疫力を高めることが大切ですね。

 

しかし、熱が出てどうしても食欲がない時は、
冷たいアイスを食べたくなることもあります。

 

実は、食欲が低下している時に限りますが、
バニラアイスなどは有効とされています。

 

ガリガリ君のような氷菓タイプのものよりも、
牛乳を使った ラクトアイスがおすすめです。

 

氷菓だと体を冷やすだけですが、バニラと
銘打ったものは、大抵、牛乳・卵・砂糖など
を原料としており、エネルギーも豊富です。

 

つまり、栄養補給にも優れているのです。

 

冷たくて甘いので口当たりも良く、子供が
熱を出した時にも効果的です。

 

ただし、食べる量は通常の4分の1程度に
抑える必要があります。

 

というのも、これは食欲をそそるための
応急処置的な役割に過ぎないからです。

 

風邪の時に普段の量を食べると、下痢
してしまうことも十分考えられます。

 

体をできるだけ冷やさないように、少量
にとどめておいて下さいね。

 

また、ノロウイルスなどの感染による
胃腸炎などの場合は、 厳禁となります。

 

 

風邪の時にアイスコーヒーは飲んでもいいの?

熱がある時は、 アイスコーヒーも冷たくて
美味しいかもしれませんね。

 

特に毎日のように飲んでいる方は、少し
カフェイン中毒の気があるといわれます。

 

実は、コーヒーには風邪を治すのに良い
効果があるといわれています。

 

1つめは利尿作用で、コーヒーを飲むと
尿が出やすくなります。

 

細菌、ウイルスを尿で排出でき、それに
よって熱を下げることも可能です。

 

ウイルスを体外に排出するのは、汗よりも
尿のほうが良いともいわれるくらいなので、
風邪の悪化を防ぐ効果があるのです。

 

2つめは頭痛の緩和に繋がります。

 

風邪による頭痛は、血管が 拡張して筋肉を
圧迫したり、周囲の神経がその刺激を受け
てしまうことによるものです。

 

コーヒーに含まれるカフェインには、血管
の拡張を抑え、収縮させる働きがあります。

 

これによって頭痛が自然と和らぎます。

 

3つめは覚醒作用による 代謝のアップです。

 

コーヒーを飲むと、一時的に眠気が解消
されますが、交感神経を活発にする働き
があるのです。

 

交感神経が活発になると、血圧が上昇し、
代謝もよくなります。

 

熱があっても、汗をかきやすくなったり
することで、治りを早くするようです。

 

ただし、アイスコーヒーだと体を冷やし
過ぎてしまうことがあります。

 

こちらも、少量に抑えておく必要がある
でしょう。

 

また、 風邪薬にはカフェインが含まれて
いることが多いので、同時にコーヒーを
飲むのは避けたほうが良さそうです。
 
風邪による声枯れの治し方は?
 

 

風邪の喉の痛みにアイスはいいの?

食欲をそそるためには有効ですが、 喉の
痛み
がある時は、アイスはよくありません。

 

喉の炎症を抑えるのに一役買ってくれそう
なイメージもありますが、冷やし過ぎると
痛みが強くなってしまいます。

 

喉が痛い時には、はちみつをお湯で溶かして
飲んだり、そこに大根を擦り下ろして入れて
飲むと良いですね。

 

はちみつには 殺菌作用 抗炎症作用があり、
そのまま舐めるだけでも喉の痛みには最適
です。

 

大根には消炎作用があるので、腫れを引かせ
る効果もあります。

 

カリンがある時期は、小さく切ってはちみつ
に漬けておくと、いつでも飲めますね。

 

いずれにしても、風邪の時にアイスを通常
の量食べることは逆効果になります。

 

また、コーヒーとは相性が悪く、副作用が
出てしまう薬もあるので、要注意です。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。