日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

女性のスキーの服装!行き帰りやインナー、靴下などの寒さ対策

女性 スキー 服装

女性のスキーの服装!行き帰りやインナー、靴下などの寒さ対策初めて スキーに出かける時、どんな服装
を用意したら良いのか迷いますね。

 

ウェアが必要というのはわかりますが、
インナーに悩むことも多いと思います。

 

女性は、おしゃれに注目しがちですが、
防寒対策は非常に重要なポイントです。

 

手足が冷えすぎて、楽しめなかったと
いうこともあります。

 

また、行き帰りは何を着て行けば良いのか、
という点も、意外と頭を痛めます。

 

そこで今回は、女性のスキーの服装について
行き帰りや寒さ対策、持っていきたい物など
をご紹介します!

Sponsored Link

 

女性のスキーの服装・行き帰りは?

行き帰りの服装については、とくに決まり
はありません。

 

雪山は寒いため、防寒対策だけはきちんと
しておいたほうが良いでしょう。

 

デートなどで行くときは、多少綺麗目の格好
でも大丈夫ですよ。

 

ただし、 足元だけは注意して下さい。

 

ヒールのある靴や、水に弱い素材の靴は
避けるべきです。

 

できれば スノーブーツが一番ですが、
スニーカーで行く人が多いようです。

 

また、スニーカーに合わせて、ジャージに
スキーウェアを上着代わりにして行く人も
結構多いです。

 

サークルなどの複数で行く場合・・・

 

自分だけジャージ、もしくは自分だけとても
おしゃれな恰好になってしまうと、浮いて
しまうこともあります。

 

あらかじめ友達と相談しておいたほうが
良いかもしれませんね。

 

日帰りの場合は、そのまますぐに滑りたい
ということもあるため、ウェアを着るだけで
すぐ滑れるような服装にしたほうが良いです。

 

 

女性のスキーの服装・ウェア、インナー、靴下などの防寒対策は?

ウェアの下には何を着れば良いのかは、
天候にも左右されると思います。

 

晴れていれば温かく感じる場合もあるので、
脱ぎ着のしやすい格好をしておくことも
大切です。

 

防寒対策はもちろん必要ですが、意外と
をかいて、あとで体が冷えてしまうことも
多いです。

 

女性はなるべく体を冷やさないように
して下さいね。

 

専用のインナーもありますが、上はタートル
ネックにセーター、下はスパッツや薄手の
スウェットなどが良いでしょう。

 

ヒートテックなどがあれば、薄着でも
大丈夫かもしれませんね。

 

とくに冷え性の方は、下は重ね穿きして
おいたほうが安心です。

 

靴下も専用の厚手のものがあります。

 

厚手のものだと、多少雪で濡れてしまっても
足先が冷たくなりません。

 

専用のものがない場合は、手持ちの靴下の
重ね履きがおすすめです。

 

ただし、モコモコしたものはそれほど吸収性
に優れていませんし、靴が履きにくくなるため
避けるべきです。

 

もちろん靴下はふくらはぎまである長いもの
がおすすめです。

 

専用のインナーや靴下はスポーツ用品店など
で購入できます。

 

また、スキー専用の手袋を選ぶ場合は、
十分な厚みのあるものにして下さいね。

 

スキーとスノボのウェアには多少の違いが
ありますが、どちらを着ても問題ありません。

 

好みのものを選んで下さいね。

 

寒さ対策で失敗することも意外と多いので、
余裕がある場合、専門の用品店で揃えたり、
店主にインナーなどを聞いてみるのも良い
でしょう。

 

 

女性のスキーで持っていきたい物は?

その他で持っていくと 便利なものをご紹介
しておきます。

 

女性はおしゃれも意識してみましょう。

 

まずはネックウォーマーですが、大きめの
ものがあれば顔まで覆うことができます。

 

吹雪くと顔もかなり冷たくなりますので、
1つあると便利です。

 

耳を守るために ニット帽 イヤーウォーマー
などもあると便利ですね。

 

他はゴーグル日焼け止めです。

 

冬の雪山は紫外線が強く、雪焼けしてしまう
こともしばしばです。

 

雪焼けした肌は汚く見えてしまうので、
日焼け止めを塗って対策しておきましょう。

 

そういう意味では、ゴーグルは紫外線対策
にもなりますし、吹雪いたときにも活躍する
アイテムです。

 

手袋については前述しましたが、市販のもの
ではすぐに濡れてしまいますので、専用の
ものを購入しましょう。

 

現地でも、レンタルや販売を行っていると
思いますので、忘れたときには上手に利用
して下さい。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。