日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

赤ちゃんが毛深いのは遺伝か・一時的か・病気か?脱毛は厳禁!

赤ちゃん 毛深い

赤ちゃんが毛深いのは遺伝か・一時的か・病気か?脱毛は厳禁!生まれたばかりの可愛い 赤ちゃん

 

あれ、髪だけでなく体まで毛深い…
と、心配になることもありますね。

 

顔の眉毛や口周り、背中、肩、腕、脚
などが、フサフサしていることも…。

 

特に女の子の場合、あまりにも毛が
多いと、やっぱり気になりますね。

 

親の遺伝?体質?と悩んでしまう人も
いますが、赤ちゃんが毛深いのには
ちゃんと理由があります。

 

そして、成長とともに抜けていくため、
あまり心配し過ぎる必要はありません。

 

そこで今回は、赤ちゃんが毛深い理由や
この状態はいつまで続くのか
、という
テーマでご紹介します。

Sponsored Link

 

赤ちゃんが毛深いのは遺伝?一時的な場合もある?

よく、 体毛は皮膚や体を守るためにある
といわれますよね。

 

赤ちゃんの場合も例外ではありません。

 

特に、新生児が毛深くなる理由としては、
羊水の中で過ごしていることにあります。

 

私たちも、長湯をしたりすると手の皮膚
がふやけてしまいますね。

 

赤ちゃんも同じで、お母さんの胎内で
羊水に浸かっていると、皮膚がふやけて
弱くなってしまいます。

 

そこで、体毛によって皮膚を保護する
役割が備わっているのです。

 

遺伝により、この時期の体毛の濃い薄い
に影響が出ることはほぼありません。

 

大抵は一時的なもので、生後半年~1年
ほどで、髪の毛以外は自然に抜けていき
ます。

 

1歳を迎えても毛深いこともありますが、
それは 個人差の範囲と考えられます。

 

 

赤ちゃんが毛深いのは病気の可能性もある?

生後間もない赤ちゃんが毛深いとしても、
病気であることは、まずありません。

 

ごく稀にホルモンの影響を受け、毛深く
なる子もいるようです。

 

副腎や下垂体、卵巣などに病気を持って
いる場合、ホルモンバランスの崩れにより
体毛が濃くなることもあるようです。

 

ただし、あくまでも稀なことです。

 

生まれた時から体毛が抜けずに、どんどん
濃くなっていくときは、こういったケース
を疑う必要も出てきます。

 

また、アトピーなどの皮膚トラブルを抱え
ていて、ステロイドを使って治療している
ときには、副作用として現れることも…。

 

気になるときには、処方された小児科、
皮膚科、薬剤師などに相談しましょう。
 
赤ちゃんのいびきの原因とは?鼻水・鼻づまり・アデノイド肥大も!
 

 

剃毛・脱毛などの処理をしても良いの?

女の子のお母さんだと、毛深いことを
気にしている人も多いですね。

 

他の子と比較して、無闇に心配する必要
もないでしょう。

 

時々、剃毛・脱毛などを考えるママさん
もいますが、絶対にしてはいけません。

 

体毛が守っているのは、赤ちゃんの
やわらかい肌です。

 

本当にデリケートにできていますので、
カミソリなどを使用すれば、間違いなく
傷つけてしまいます。

 

どうしても気になることはありますが、
一時的なことなので、しばらくは我慢
して下さいね。

 

剃毛や脱毛クリームなどで処理すると、
却って後悔すること繋がることも考え
られます。

 

 

特に初めての子育てでは、心配事も多い
と思います。

 

でも、毛深くてもいつかは綺麗に抜けて、
すべすべのお肌になっていきます。

 

お母さんが心配したり、不安に思って
いると、赤ちゃんにもそれが伝わって
しまいます。

 

将来的に毛深くなるかは、遺伝もある
でしょうが、今の時点で心配すること
ではありませんね。

 

男の子の場合も、最低中学生になる頃
までは全くわからないはずです。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。