日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

乾布摩擦のやり方!健康・ダイエット効果は?喘息にも効く?

乾布摩擦 効果

乾布摩擦のやり方!健康・ダイエット効果は?喘息にも効く?昔から健康法の1つとされている 「乾布摩擦」

 

近頃、その効果が見直され始めています。

 

冬になるとおじいちゃんがやっているのを
見たことがある、という人多いかもしれま
せんね。

 

実は、病気の予防体質改善などに効果が
あり、あのミランダ・カーも実践している
そうです!

 

そこで今回は、乾布摩擦のやり方や、健康・
ダイエット効果
などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

乾布摩擦のやり方は?

乾布摩擦とは、その字の通り、 乾いた布
皮膚を擦り刺激するという健康法です。

 

冬の寒空の下で行うようなイメージがあり、
「寒風摩擦」と勘違いされることもよく
あることです。

 

もちろん、決して寒空の下でやらなくては
ならないというものではありません。

 

そして、なぜか冬のイメージが強いですが
通年行うことができる健康法です。

 

用意するものは乾いたタオルなどの布だけで、
できれば、軟らかめの素材を選びましょう。

 

【乾布摩擦の手順】
1.足のつま先から膝にかけて左右15回程度
2.膝から足の付け根に向けて左右15回程度
3.おへその周りを時計回りに15回程度
4.手の先から肩へ向けて左右15回程度
5.背中はたすき掛けにして左右15回程度
6.首筋から心臓へ向けて15回程度
といった感じで摩擦していきます。

 

心臓から離れている部分から、心臓へ向けて
行うのがポイントです。

 

また、その際の呼吸は「吸う1:吐く2」
のリズムを繰り返すようにします。

 

裸で行う印象もありますが、素肌に直接行う
必要はなく、 衣服の上からでもOKです。

 

日常生活のいつでも行えますが、朝・入浴前・
就寝前
が特に効果的です。

 

 

乾布摩擦の健康効果とは?

至ってシンプルな健康法ですが、実に様々
健康効果が期待できます。

 

特に摩擦によって全身の血行が良くなる
ため、冷えには有効です。

 

さらに、皮膚を刺激することで皮膚が寒さ
に強くなるので、気温の急変にも対応しや
すい体になります。

 

もちろん風邪予防にも持って来いです。

 

また、皮膚を刺激することで自律神経
整いやすくなるため、体質改善にも効果
があるといわれています。

 

結果として冷え性や肌荒れが改善されたり、
内蔵機能も強くなるとされています。

 

リラックス効果も高く、寝る前に乾布摩擦
を行うと 安眠にも繋がります。

 

 

乾布摩擦にダイエット効果はあるの?

乾布摩擦はダイエットをする 女性の間でも
注目を浴びています。

 

あのミランダ・カーも、ドライブラッシング
といって、乾布摩擦を取り入れています。

 

自律神経が刺激されると、自ずと 新陳代謝
高まり、老廃物を排出するデトックス効果
期待できます。

 

また、自律神経の支配を受けている腸の働き
も活発になるため、便秘の解消にも繋がり
ます。

 

ダイエットの天敵とされる皮膚のセルライト
も乾布摩擦の刺激によって予防が可能です。

 

1日5分程度でも効果があるので、健康のため
ぜひ取り入れたいですね!

 

喘息にも効果があるって本当?

実は、風邪だけでなく、 喘息の予防にも
効果が期待できます。

 

乾布摩擦により、免疫力や抵抗力が高まる
ためです。

 

さらに、皮膚を鍛えることにより様々な
外的刺激に強くなるので、喘息の発作を
抑えることもできるようです。

 

 

このように様々な健康効果が期待できる
乾布摩擦ですが、皮膚を刺激しすぎると、
炎症を起こすなどのトラブルのもとにも
なりかねません。

 

特に、アトピー性皮膚炎など、皮膚が弱い
人には向かない健康法です。

 

ごしごしと擦る必要はないので、徐々に
刺激を強めるなどして、体を慣らしていく
ようにしましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。