日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

コンタクトの乾燥対策!おすすめの目薬や乾きにくいレンズも!

コンタクト 乾燥

コンタクトの乾燥対策!おすすめの目薬や乾きにくいレンズも!普段コンタクトレンズを付けていると、
様々なトラブルが出てくると思います。

 

なかでも多いのは 目の乾燥感

 

人気のソフトレンズは乾きやすいため、
不快に感じる人が多いようです。

 

放置していると、外れやすくなったり、
目の痛みを伴ったりして厄介ですね。

 

そこで今回は、コンタクトレンズの乾燥
を防ぐ対策について、おすすめ目薬や、
新開発のレンズ
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

コンタクトが乾燥しやすい原因とは?

特に、空気が乾燥する冬の時期になると、
コンタクトも乾きやすいです。

 

そのまま放置していると、目の痛みの原因
になったり、ポロッと取れたりしますね。

 

ふいに外れてしまい、なくしてしまうと
大変です。

 

しかし、そもそもなぜこんなに乾燥して
しまうのでしょうか。

 

コンタクトを外した後は、保存液の中に
入れますが、常に潤いを与えなければ
いけない証拠ですね。

 

レンズを装着している場合、涙の層が薄
くなり、蒸発を防ぐ油層が綺麗に広がら
なくなります。

 

また、コンタクトを外したきり、そのまま
置いておくと、すぐに カピカピになって
しまいます。

 

目の中でそこまでの状態になることは考え
にくいですが、それだけ水分が必要だと
いうことです。

 

もしカピカピになってしまっても、保存液
に浸け直すと復活することもありますので
諦めないでくださいね。
 
ものもらいの時のコンタクト使用はどうする?
 

 

コンタクトの乾燥対策・おすすめの目薬は?

コンタクトをしていると 涙の量が減るため、
どうしても水分が不足して乾燥を招きます。

 

その対策として、最も手っ取り早いのは
目薬を差すことです。

 

レンズの装着で涙の量が減る分を、目薬で
補うというわけです。

 

最近では、様々な製薬会社から多種多様の
点眼薬が販売されていますが、より涙の
成分
に近いものを選ぶのがポイントです。

 

「人口涙液」「コンドロイチン硫酸」
が配合されているものがおすすめです。

 

逆に選んではいけないのは、メントールが
入ったクール系のもの。

 

差した瞬間はすっきりしますが、その刺激
の強さで涙が出にくくなってしまいます。

 

また、ビタミン配合がメインとなるものも
目の疲れを取るのが目的なので、乾燥対策
とは用途が異なります。

 

目の乾燥を防ぎたいわけですから、用途に
合ったものを選びましょう。

 

市販のものでおすすめなのは、

・「マイティアCL」
・「ロートCキューブモイスト」
・「アイボントローリ目薬」

などです。
 
コンタクトが白く曇る原因は油膜?ハードやソフトの対策は?
 

 

コンタクトの乾燥対策・乾きにくいレンズがある?

また、根本的に乾きを解消したいのなら、
レンズそのものを見直してみましょう。

 

目に優しいといわれているレンズは、
酸素透過率と含水率が高いものです。

 

これらの比率が高いものは、目の健康を
守る上で非常に重要とされています。

 

もともと水分は、目に酸素を通すという
役割を担っています。

 

しかし、その分涙の成分も吸収するため、
かえって目が乾燥してしまうデメリット
がありました。

 

そこで、水を通さず、レンズが直接酸素
を通す 「シリコーンハイドロゲル」
という新素材が開発されました。

 

酸素の通りをよくする効果があるため、
同時に目の水分が奪われにくいのです。

 

しかも、目から外しておいておいても
カピカピに乾燥することもありません。

 

シリコーンハイドロゲルの場合、含水率
が低いほうがより多くの酸素を目に通す
ことができるので、おすすめです。

 

乾燥が気になる方は、新素材のレンズに
変えてみることを検討しても良いですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。