日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

赤ちゃんの寝相が悪い!生後3ヶ月は?ベビーベッドの対策も!

赤ちゃん 寝相 悪い

赤ちゃんの寝相が悪い!生後3ヶ月は?ベビーベッドの対策も! 赤ちゃんがすやすやと寝ている姿、
いつ見てもかわいいですよね。

 

でも、いざ子育てをはじめてみると、
赤ちゃんの寝相の悪さにびっくりする
ママも多いはずです。

 

朝、目が覚めたら隣にいないので
慌てることさえありますからね。

 

どうしてあんなに動き回るのか不思議
ですが、元気な証拠かもしれません。

 

ただし、寒い季節を迎えると、寝冷え
の心配も出てきます。

 

そこで今回は、赤ちゃんの寝相が悪い理由
や風邪予防、ベビーベッドの対策
などを
ご紹介します。

Sponsored Link

 

赤ちゃんの寝相が悪い理由・生後3ヶ月で暴れ出す?

赤ちゃんの寝相が悪いのには、様々な
理由があります。

 

まず、大人に比べると眠り自体が浅い
といわれています。

 

そのため、寝ながらでも体をたくさん
動かすことができるのです。

 

個人差も大きいのですが、 新生児の間
でもよく動く子もいれば、生後3ヶ月頃
になると活発に暴れ出す子もいます。

 

また、赤ちゃんはもともと大人よりも
体温が高いことも大きく関与しています。

 

寝室が暑すぎたり、たくさん着せ込ん
だりすると、熱を逃すために体を動か
しているということもあります。

 

他にも、まだ小さいながらも、日中に
学んだことを夜の睡眠で思い出している

ということもあるそうです。

 

その際に、体が一緒に動くということも
あり、生後3ヶ月程になると寝相が極端
に悪くなる場合もあります。

 

生後6ヶ月を迎える頃には、それこそ
縦横無尽に動き回り、少し心配になる
こともあります。
 
赤ちゃんが毛深い理由・遺伝?一時的?病気?
 

 

赤ちゃんの寝相が悪い時のベビーベッドの対策は?

寝相が悪くなると、ベビーベッドでの
衝突 転落には注意が必要です。

 

寝相が悪いことで、ベビーベッドの柵
に激突し、重症になるケースはごく稀
です。

 

ベッドの柵を囲うようなクッション
販売されているので、念のため使って
みるのも良いでしょう。

 

お手軽なもので済ませたいのであれば、
荷物の梱包に使われるプチプチした
クッション材(エアキャップ)でも…。

 

ベッドの柵に巻きつけておくと安心です。

 

クッションやタオルを並べておくのは、
万が一外れて赤ちゃんに覆いかぶさり、
埋もれたりして 窒息の危険があります。

 

その点は注意しておきたいですね。

 

ベッドに寝かせて、その場を離れるとき
には、必ず柵を上げる習慣を付けておき
ましょう。

 

また、ちょっとの間だからと、ソファー
などに寝かせるのも危険です。

 

赤ちゃんの体もその動きも、日々進化
していきます。

 

昨日まで大丈夫だったのに、次の日に
事故が起こることも懸念材料ですね。
 
赤ちゃんの冬の肌着・素材の選び方や何枚必要?
 

 

赤ちゃんの寝相が悪い時の風邪予防の対策は?

夜や朝方に冷え込む時期は、寝相が悪い
赤ちゃんの 風邪予防にも気を配ります。

 

布団を多めにかけてもすぐに蹴ったり
して、剥いでしまうでしょう。

 

たくさんかけても暑がるだけなので
風邪予防の対策としては逆効果です。

 

そんな時は、 スリーパーを活用する
のが一番のおすすめです。

 

手足は熱を逃す役割をしているので
あまり心配せず、胸やお腹の胴体部分
を温めてあげることが大切です。

 

専用の腹巻などもありますので、寒さ
に応じて適宜重ねてあげましょう。

 

 

パパやママと同じ布団で寝ていると、
ものすごい寝相の悪さで起こされて
しまうこともあります。

 

ですが、それも日々成長している証
と捉え、優しく体勢を整えてあげたり、
布団をかけてあげましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。