日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

寝起きの動悸の原因と症状!昼寝で息切れ・汗・しびれを伴う?

寝起き 動悸

寝起きの動悸の原因と症状!昼寝で息切れ・汗・しびれを伴う?朝目が覚めると同時に、急に 動悸
襲ってくると不安ですね。

 

今まで経験したことがない場合、病気の
存在を知らせるサインかもしれません。

 

心臓系の病気かも?と疑う人も多い
ことでしょう。

 

また、ちょっとした昼寝の後などにも
同じような症状が現れる人もいます。

 

実は、動悸はストレスとの関係も深く、
あれこれ悩むと余計に悪化することが
あるといわれています。

 

そこで今回は、寝起きの動悸の原因や
伴う症状、妊娠中の注意事項
などを
ご紹介します。

Sponsored Link

 

寝起きの動悸・主な原因とは?昼寝でも起こりやすい?

昼寝も含め、寝起きに動悸が起こる
主な原因として、2つ考えられます。

 

1つ目は、心臓などの内臓疾患。

 

2つ目は、ストレス過多による
自律神経失調症の表れです。

 

内蔵疾患に関しては・・・

 

不整脈 心筋梗塞 狭心症などが主な
ところで、心臓を中心とした内臓疾患
が潜んでいる可能性があります。

 

特に心房細動を起こす方が増えている
傾向もあり、胸のドキドキがなかなか
静まらないことも多いです。

 

ワルファリン(商品名:ワーファリン)
という抗凝固剤を日常的に服用している
中年以降の方も増えています。

 

ただし、こういった疾患が原因の時には、
動悸だけでなく、胸が苦しくなる症状を
伴ったり、寝起きに限って起こることは
少ないです。

 

たまに目が覚めた時のみに起こる場合は、
可能性は低いといえます。

 

また、 ストレス過多の状態が続くことで、
自律神経失調症に陥り、全身の機能を正常
に保つことができなくなるため、様々な
不調が起こります。

 

軽い頭痛、肩こり、めまい、ふらつき、
多汗、全身倦怠感、生理不順など様々な
不調が現れ、寝起きの動悸もその1つです。

 

病院を受診しても、はっきりした原因が
特定されない、いわゆる 不定愁訴を含む
ことが多いという特徴があります。

 

精神的、肉体的なストレスも関与して、
交感神経副交感神経からなる自律神経
が乱れたり、大きく狂ってしまうことも
あります。

 

特に、昼寝後に限って動悸が起こる人は
大きな不安や緊張を抱え込んでいないか、
自己チェックしてみて下さい。

 

また、自律神経が乱れると女性ホルモン
の分泌にも影響を及ぼします。

 

生理不順を伴う女性も注意すべきですが、
更年期を迎えた方の場合、様々な不調が
現れることが予想されます。

 

 

寝起きの動悸・息切れや汗、手足のしびれを伴うことも!

動悸の症状がひどくなり、 息切れ 大量
の汗
などを伴う場合、内臓疾患の可能性
が高くなります。

 

さらに悪化すれば、手足にしびれが出る
事態に発展することもあります。

 

不整脈なども、寝起きに現れても不思議
ではありませんので、まずかかりつけの
内科医に相談してみましょう。

 

心房細動とは異なり、心室細胞になると
非常に厄介と言わざるを得ません。

 

動悸以外にも何らかの症状を伴う場合は、
一度専門医に 検査を依頼することも必要
かと思われます。

 

更年期障害の場合もありますが、誰もが
通る道、と侮らないようにして下さい。

 

また、自己免疫疾患の1つとして甲状腺
の機能亢進症
も考えられます。

 

代謝にかかわる甲状腺ホルモンの過剰
分泌により、代謝異常が動悸、息切れ、
汗などに繋がる可能性も認識しておき
ましょう。
 
寝起きのめまい・ふらつき・起き上がれない原因は?
 

 

寝起きの動悸・妊娠中に多い?

妊娠中は、ホルモンバランスの変化や、
子宮の膨らみにより内臓が押し上げら
れることで呼吸が浅くなりがちです。

 

臓器にかかる負担は、動悸を起こす
原因になりかねません。

 

寝起きに限らず、妊娠中は動悸が起こ
りやすいため、注意しておきましょう。

 

妊娠中は体重が増え、どうしても体に
負荷がかかってしまいます。

 

日頃の動作を少しゆっくり行ってみたり、
休憩を多くとるように心がけましょう。

 

また、寝起きに急な動悸が起こった時は、
ゆったりと大きく深呼吸をすると、改善
することが多いです。

 

慌てず呼吸を整えることが先決です。

 

 

経験したことのないような動悸が起こると
極度な不安感に襲われますが、ひとまず
呼吸を整え、専門医とともに原因を探る
ことが大切です。

 

ストレスを解消できれば、治まることも
ありますが、この際、入念に検査をして
おくことも必要かもしれませんね。

 

また、もともと動悸がある人は、意外と
朝の寝起きに現れて、動けないことが
あります。

 

そういう時は、主婦の方でも無理をせず、
家事をお休みすることも大切です。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。