日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

クリスマスとイブの違い!それぞれの意味と本来どっちが大事?

クリスマス イブ 違い

クリスマスとイブの違い!それぞれの意味と本来どっちが大事?冬のイベントといえば、一番に挙げる
人も多い クリスマス

 

24日のイブと、25日のクリスマスは、
どちらも盛り上がりますよね。

 

でも、多くの人がその2日間の意味を
勘違いしているのかもしれません。

 

ケーキや七面鳥を食べたりするのも、
この両日のどちらなのでしょうか。

 

そこで今回は、クリスマスとイブの違いと
それぞれの意味
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

クリスマスとイブの違い・それぞれの意味は?

まずは、クリスマスの本来の意味を理解
しておく必要がありますね。

 

12月25日といえば、イエス・キリスト
の誕生日(降誕祭)とされる日です。

 

実は、キリストの誕生日は、 聖書に正確に
記載されているわけでありません。

 

キリスト教では、キリストの誕生よりも
その復活に重要な意味があるとして
いるのです。

 

キリストの誕生日が12月25日に制定
されたのは西暦325年のことです。

 

ローマで太陽神をあがめるミトラ教の人
たちは、12月に冬至の祭りを行っていた
とされています。

 

冬至を境に太陽の出ている時間が長くなる
ため 「太陽の誕生日」と考えられていたの
です。

 

そこに「イエスキリスト=太陽」という
意味を込めて、キリストの降誕祭を行う
ようになったのが、12月25日です。

 

それに対し、イブの場合・・・

「クリスマス・イブニング」の略です。

 

英語では「Evening(夜)」を表す言葉
で、 「教会歴」では25日の夜のことを呼ん
でいます。

 

といっても、私たちが普段使う暦では
24日の夜のことを指しています。

 

キリスト教の教会歴では、午前0時
ではなく、日没から新しい日が始まると
考えられています。

 

つまり、私たちがクリスマスイブとして
騒いでいる24日の夜は、教会歴では
既に25日に入っているというわけです。

 

ということは・・・

 

本来クリスマスは1日限定のものであり、
イブを皮切りにスタートし、翌日没には
終了してしまうのです。

 

教会歴の日付移行が、私たちの使う暦より
6時間ほど早いことで、解釈が異なって
いるようですね。

 
サンタクロースの由来・クリスマスとの関係とは?
 

 

クリスマスとイブの違い・本来どっちが大事?

前述した通り、教会歴ではクリスマスは
丸一日、イブはその最初の日没から午前
0時
までとなります。

 

12月24日の晩は、すでに降誕祭に入り
ますので、日没後に ミサが行われます。

 

日本では、クリスチャンの人口がそれほど
多くはないので、24日を前夜祭と勘違い
している人が多いようですね。

 

とはいえ、24日の丸1日をイブと捉え、
その夜にミサが開かれている教派もある
ため、勘違いと言ってしまうのは忍びない
のですが…。

 

最も大事な時間は、私たちの暦でいえば
24日の日没後から25日の日没前までです。

 

「日没」というのが具体的な数字ではない
ので、ちょっとわかりにくいですね。

 

日本でクリスチャン以外の人は正しく使う
場面も少ないかと思いますが、豆知識と
して覚えておくと良いですね。

 

どっちが大事といわれても、クリスマス
という1日の中にイブがあるとしか言え
ないのです。
 
クリスマスに七面鳥を食べるのはなぜ?
 

 

クリスマスとイブの違い・ケーキや七面鳥を食べるのはどっち?

キリスト教では、クリスマスまでの一定の
期間、 断食をしているようです。

 

そして、12月25日になると、正式な
食事ができるようになります。

 

もちろん、それは24日の夜からを意味
します。

 

カレンダーで25日の夜は、クリスマス
は終わっていることになるため、降誕祭
の食事を取るのは、24日の夜が正式と
言えます。

 

キリスト教圏で食べられていたご馳走と
いえば、 七面鳥 鵞鳥のローストです。

 

とくに七面鳥は、イギリスからアメリカ
に移民を果たした人々が、飢えをしのぐ
ために捕まえて食べていた食材です。

 

ちなみに、日本では七面鳥は入手困難な
ため、チキンを食べることが多いですが、
これは日本特有の文化だそうです。

 

お祝いのケーキも、24日の夜に食べる
のが正しいですね。

 

ご馳走を食べるのはイブなので、これは
暦の違いなどは関係ありません。

 

また、サンタクロースがやってくるのも
クリスマスの夜ですから、イブが終わった
直後の深夜1時ごろだと思います。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。