日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

冬の赤ちゃんの肌荒れ・原因は乾燥?症状やスキンケアの対策!

赤ちゃん 肌荒れ 原因

冬の赤ちゃんの肌荒れ・原因は乾燥?症状やスキンケアの対策!赤ちゃんのお肌といえば・・・

「白くてモチモチ、理想のマシュマロ肌」
といった感じですね。

 

ですが、実際は本当にデリケートで、
ちょっとしたことで 肌荒れを起こします。

 

汗をかきやすい夏はもちろんですが、
とくに寒い冬の肌荒れには要注意です。

 

乾燥によってカサカサしたり、赤く
なってしまうことがよくあります。

 

放っておくと、異常に痒がったりして
ただれてしまうことも…。

 

そこで今回は、冬の赤ちゃんの肌荒れ
について、主な原因やスキンケアなど
の対策
をご紹介します。

Sponsored Link

 

冬の赤ちゃんの肌荒れ・主な原因は乾燥?

冬には大人も 乾燥肌に悩まされると
思いますが、赤ちゃんも同じです。

 

乾燥が原因となり、肌荒れを起こし
やすくなっています。

 

実は、生後2か月位から赤ちゃんの
お肌の皮脂水分量はガクッと減り
ます。

 

皮脂は大人に比べて半分以下、
水分量も2/3程度になります。

 

その上、お肌の バリア機能も未熟で、
水分がすぐに蒸発してしまうため、
乾燥は大敵なのです。

 

そして、このバリア機能が成熟して
いないと、外敵からの刺激から肌を
守ることが難しいのです。

 

とくに 細菌感染などに陥りやすく、
肌荒れに繋がってしまいます。
 
赤ちゃんと冬のエアコン・設定温度は?
 

 

冬の赤ちゃんの肌荒れ・現れやすい症状は?

乾燥肌が進むと、次第に肌が赤く
なってきます。

 

ほっぺが赤くなっている赤ちゃんは、
乾燥肌が原因のこともあります。

 

さらに悪化すると痒みが出てきます。

 

ただし、赤ちゃんは痒みを訴えること
はできないので、手でこすったり爪で
掻いたりして悪化させることも…。

 

掻いてしまうと血が出たり、ただれが
起こったりという二次トラブルを招き
かねません。

 

さらに傷口から細菌が入ってしまうと、
アトピーのようなひどい肌荒れを起こす
可能性があります。

 

特に、晩冬になり、花粉黄砂などが
舞う季節になると危険です。

 

傷口からそういった原因物質が入って、
アレルギーを起こすことも考えられます。

 

こうなる前に、正しいスキンケアが必要
ですね。
 
赤ちゃんのオムツかぶれの原因・対処法!
 

 

冬の赤ちゃんの肌荒れ・スキンケアやその他の対策!

赤ちゃんのスキンケアの基本といえば、
通年 「保湿」が最も重要です。

 

赤ちゃん専用の低刺激なローションや
クリームが、ドラッグストアや育児用
品店に販売されているため、用意して
おきましょう。

 

保湿は朝晩、行うと良いです。

 

は、目覚めて着替えをするときに、
濡らしたガーゼやタオルなどで優しく
体を拭いてから保湿剤を塗りましょう。

 

はお風呂上りに保湿剤を塗ります。

 

お風呂から出て10分すると、どんどん
乾燥が進みます。

 

入浴後は、なるべく早く保湿剤を塗る
ようにすることも大切です。

 

また、散歩などで外に出るときにも、
クリームやワセリンを塗るように心
掛けます。

 

乾燥を未然に防ぐことで、バリア機能
も損なわれずに済みます。

 

首筋 耳の裏など、皮膚の薄いところ
は、特に念入りなスキンケアが必要と
なります。

 

そして、エアコンをかけている室内では
加湿器などを併用し、湿度を40~60%
保つようにします。

 

特に夜寝ている間、部屋が乾燥しないよう
気を付けましょう。

 

赤ちゃんは大人が思う以上に肌荒れなどの
トラブルが多いです。

 

そして、 僅かな変化を見逃してしまうと、
すぐに悪化してしまいます。

 

こまめに観察して、症状が悪化しないよう
気を付けてあげましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。