日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

アロエの効果効能!火傷や傷の修復・ニキビやアトピー、水虫も?

アロエ 効果 効能

アロエの効果効能!火傷や傷の修復・ニキビやアトピー、水虫も?アロエといえば、昔から 薬効成分が注目
されていますよね。

 

ですが、実際にどのような効果・効能
あるのか、ご存じの方は少ないようです。

 

水虫や虫刺され、いぼにも効くといわれて
いますが、本当なのでしょうか。

 

ホームセンターに行けば、手軽に入手する
こともできますので、観賞用だけでなく、
何らかの症状が出た際も利用できるようです。

 

そこで今回は、アロエの効果・効能について
ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

アロエの効果・効能!火傷、傷の修復にも効く?

アロエの効能で、まず挙げられるのは
火傷 の修復などですね。

 

アロエはとげとげで固い皮に覆われて
いますが、その中の葉肉には優れた効果
があるのです。

 

葉肉には、ゼリー状のムコ多糖類という
成分が含まれ、強い 抗菌作用 消炎作用
があるのです。

 

ですから、火傷による炎症や、その他の
傷の修復を早く回復することが可能と
なっています。

 

火傷や傷などの外傷の場合は、葉肉の
ゼリー状の部分を患部にあてて使用します。

 

患部を氷嚢などでよく冷やしてから、
アロエをあてると効果も上がります。

 

ただし、比較的軽い火傷の場合のみの使用
にとどめ、重度の場合は、専門医の治療を
受ける必要があります。

 

現在は、直接アロエを貼るよりも、エキス
を配合したサプリメントを服用すること
のほうが多くなっています。

 

 

アロエの効果、効能・肌の保湿や、ニキビ、アトピーにも効く?

アロエは、洗顔料や化粧水などの スキンケア
商品
にも含まれていることが多いです。

 

肌にはどのような効果があるのでしょうか。

 

まずは、保湿力に優れています。

 

すべての肌トラブルの元は乾燥だとも言われ
ていますので、しっかり保湿してくれるだけ
美肌効果が期待できそうです。

 

さらに、血行を促進してくすみを和らげたり、
新陳代謝を促し、シミそばかすを予防した
りする効能も注目されています。

 

殺菌作用もあるため、ニキビの原因となる
アクネ菌も適度に殺菌し、ニキビや吹き出物
の予防にも役立ちます。

 

肌荒れを補修する作用も折り紙付きなので、
果肉を食べるだけでも、十分効果を得られ
ます。

 

市販のアロエヨーグルトなどでも意識的に
食べると綺麗な肌へ導くことができます。

 

アトピー体質で悩んでいる人が多いことも
あり、毎朝の朝食後のデザートとして食べ
ている人も多いです。

 

また、かゆい部分に果肉そのものを直接塗る
ことで、抑えるという人もいます。

 

最近では、 クリーム ローションもあるので、
アトピー性のかゆみでお悩みの方は、一度
試してみる価値はあるでしょう。

 

ただし、すべての人の肌に合うとは限らない
ため、まずは目立たない場所に塗ってみて、
かゆみが抑えられたら継続して使用してみる
ほうがおすすめです。

 
日焼けあとのケア・男性、女性にも使ってほしいローソン</a>
 

 

アロエの効果・効能・水虫、虫刺され、いぼにも効く?

アロエには、殺菌、抗菌作用があるため、
虫刺され 水虫などにも一定の効果がある
と認められています。

 

消炎作用により、かゆみを抑える働きが
あるのも嬉しいですね。

 

ただし、水虫の場合はちょっと塗ったら
すぐに治る、というわけにはいきません。

 

足の皮膚はほかの場所に比べて厚いです。

 

皮膚の奥まで白癬菌が浸透していると、
アロエで治すには根気が必要になります。

 

続けていれば、治ったという人もいますが、
これは皮膚科などで処方された軟膏など
を利用した方が早いと考えられます。

 

もし試してみようという場合は、お風呂
上がりの清潔な状態で、葉の中のゼリー
部分を患部に塗ります。

 

乾いたらまた塗りなおすという具合に
数回繰り返すのがポイントです。

 

いぼの場合も、水虫と同じように、患部に
繰り返し塗ることで一定の効果が認められ
ています。

 

完治には時間がかかりますが、あとが残る
心配がないというメリットもあります。

 

ただし、水虫は 細菌性、いぼは ウイルス性
ということを考えると、急激に治ることは
稀だと思われます。

 

お悩みの方は皮膚科の薬などを考慮する
ほうが楽に治せるのではないでしょうか。

 

それに、アロエに効果効能が期待できる
といっても、 使用する量がたくさん必要
になりますので…。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。