日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

秋の体調不良の症状は頭痛や風邪!原因は自律神経?改善策は?

秋 体調不良

秋の体調不良の症状は頭痛や風邪!原因は自律神経?改善策は?暑さが厳しかった夏が終わり、 になると
徐々に過ごしやすくなりますね。

 

日中の日差しも少し弱まり、朝晩はとくに
涼しくなりますが、そんな時期に体調不良
を起こす人が増えているようです。

 

春や秋は、気温も湿度も私たちの体に
丁度良い季節のはずですが、なぜ具合が
悪くなる人が増えるのでしょうか。

 

そこで今回は、秋の体調不良の主な症状や
その原因、改善策
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

秋の体調不良の主な症状は?頭痛や風邪も多い!

通常、7月~8月は夏バテを起こす人が多く、
食欲不振に陥ったり、全身の 倦怠感を訴え
る人が多くなります。

 

それもそのはず、日本の夏は気温だけで
なく、湿度も異様に高いため、体温調節
が難しく、脱水症状に陥りがちです。

 

最近はとくに熱中症で亡くなる方も増えて
いるように感じます。

 

しかし、過ごしやすい秋になってから
体調を崩してしまうケースも多いです。

 

その症状も実に様々ですが、なんとなく
頭や体が重く感じたり、食欲が減退したり、
風邪のような微熱なども現れるようです。

 

通勤時に息切れしたり、立ちくらみや
血の気がスーッと引くような感じになる
こともあります。

 

いわゆる、 不定愁訴と呼ばれるような症状
が目立ちますが、病院に行けば、自律神経
失調症
などといわれたりしますね。

 

また、秋の体調不良の1つとして、 肩こり
腰痛などを訴える人もいます。

 

これは一見、季節とは無関係と思いがち
ですが、実は大いに関係しているのだとか…。

 

さらに、秋が深まり、寒さを感じるように
なる頃に増えるのが、に似た症状です。

 

秋の夜の虫の音も収まるようになる頃に
なると、なんとなく 物悲しい気分に陥る
人も多いですね。

 

多少の体調不良であれば、日常生活に大きく
差し障りが出ることもありませんが、早め
に解消すべき問題もあるようです。

 

体調管理にも、その季節に合った方法を
模索する必要があるでしょう。

 

では、なぜ秋になるとこのような不具合が
生じるのか、原因を探ってみましょう。

 

 

秋の体調不良の原因・自律神経が乱れる!

秋の体調不良の大きな原因として、 気圧
気温の急激な変化が挙げられます。

 

「季節の変わり目は体調を崩しやすい」
といいますが、それが一番出やすいのが
秋なのです。

 

朝晩の気温差が激しく、体がついて行かな
かったり、急激に寒くなったことで体が冷
えてしまうことも考えられます。

 

私たちの体の温度調節をしている自律神経
は、5度以上の急激な変化には対処しにくい
といわれています。

 

ですから、季節の変り目では気温がなかなか
落ち着かないことが多いため、自律神経も
乱れやすくなっています。

 

夏場にずっと冷房の効いた室内で過ごして
いた人や、冷たい食べ物を多く摂取していた
という人は、尚更要注意です。

 

自律神経が正常に働かない状況になると、
熱を生み出す血液や筋肉が正常に働かず、
体温調節の機能も衰退してしまいます。

 

暑い時期に汗をかかない生活をしていると、
汗をかけない体になることもあります。

 

また、秋の長雨という言葉がありますが、
しとしとと降り続く雨は、梅雨時期の体調
不良に似た状態を招くこともあります。

 

台風も多くなる時期で、気圧もたった1日で
大きく変化することも珍しくありません。

 

耳鳴りやめまい、腰痛、肩こりが現れても
不思議なことではないようです。

 

秋の体調不良が原因となり、心の病に罹る
人もいますので、楽観視もできませんね。

 

 

秋の体調不良・改善するには?

それでは、秋に現れる体調不良を 改善する
策はどのようなものでしょうか。

 

まずは自律神経の乱れを正常化させること
が最優先の課題となるようです。

 

朝、30分ほど日光を浴びると、セロトニン
という神経伝達物質が増え、自律神経のを
整える作用があります。

 

また、ウォーキング水泳など、一定の
リズムを繰り返す運動が効果的といわれて
います。

 

運動が苦手な方は、 朝夕の散歩からという
気軽な気持ちで始めるほうが良さそうです。

 

もう1つ、とっておきの改善策がありますが、
それは寝る前に 腹式呼吸を5分ほど続けると
いうものです。

 

聴くと寝つきが良くなるといわれる
ショパンの「ノクターン Op.9-2」も
おすすめです。

 

 

あとは規則正しい生活を心掛けていれば、
自律神経の乱れは修正可能ですね。

 

また、体を温めることも大切です。

 

秋になれば、まだまだ暑いと思っていても、
確実に少しずつ気温は下がってきています。

 

人間は体温が1度下がるだけで病気に罹る
可能性が高くなるため、寝冷えなどには
注意したいですね。

 

最近では、内臓冷え性の人が多いといわれ、
若い男性にも増えているようです。

 

女性の場合は、冷えを感じていなくても、
下半身は冷えていることがありますので、
警戒すべきことです。

 

血液循環を促すために、半身浴をしたり、
軽い運動をすると冷えにくい体になります。

 

秋に始まった体調不良が、冬や春まで続く
場合も十分考えられるため、生活習慣で
改善すべき点がないかも、チェックして
下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。