日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

秋の赤ちゃんの布団・種類や枚数、蹴る時は?新生児の場合は?

秋 赤ちゃん 布団

秋の赤ちゃんの布団・種類や枚数、蹴る時は?新生児の場合は?暑い夏が終わり、過ごしやすくなって
きたと思ったのも束の間…。

 

朝晩が冷える秋には、 赤ちゃんの寝冷え
対策が必要です。

 

大人よりも体温が高く、汗っかきの
赤ちゃんだけに、布団選びも慎重に
行いたいですね。

 

布団の種類やかけずぎによって体調不
良の原因になることもありますからね。

 

かといって、枚数が足りないのも
寒さ対策として問題があります。

 

布団を蹴ってしまっても自分で戻すこと
もできませんので、なんとか工夫して
あげたいですね。

 

そこで今回は、秋の赤ちゃんの布団選び、
就寝時の便利グッズ
などをご紹介します。

Sponsored Link

 

秋の赤ちゃんの布団・種類や枚数は?

夏場は肌かけやタオルなど、薄手のもの
で過ごしてきたと思います。

 

しかし、秋が深まり、朝晩の冷えが気に
なるようになったら、布団の種類や枚数
にも気を遣いましょう。

 

中綿入りの薄めの掛布団などが良いですが、
それだけだと寒さが気になるようであれば、
ブランケットなどと併用します。

 

大人と同じような素材の布団や毛布などは、
赤ちゃんにとっては重たい可能性がありま
すよね。

 

ベビー用を選んだ方が無難ですが、お母さん
と添い寝をしている場合は同じものをかけて
あげても問題はないでしょう。

 

赤ちゃんは、入眠するときに体温がぐっと
上がりますが、朝にかけて徐々に体温が
低下していきます。

 

夜寝始めた時よりも、明け方に冷えてしまう
ので、気が付いたときに1枚足してあげられ
るよう、準備しておくと良いですね。

 

ただし、汗っかきの赤ちゃんは例え冬でも
たくさん汗をかきます。

 

布団のかけすぎは、寝冷えの原因にもなり
ますので、汗のかき具合はしっかり確認
して下さいね。
 
赤ちゃんの寝相が悪い時の対策は?
 

 

秋の赤ちゃんの布団・蹴る時はどうする?

暑い寒いにかかわらず、赤ちゃんは反射的
に布団を蹴ってしまいます。

 

時には、何度も蹴ることが予想されますが、
だからといって放置することもできません。

 

そんな時に便利なのが スリーパーです。

パジャマの上から着られるベストのような
もので、保温性が高いので、万が一布団を
蹴ってしまっても安心です。

 

秋なら、スリーパーを着せた上に、薄手の
ブランケットなどで十分です。

 

特に涼しいなと感じるときは赤ちゃん用の
腹巻なども便利です。

 

手足よりも、お腹の冷えが赤ちゃんの体調
不良に繋がりやすいため、お腹を温めて
おくことはとても大切です。

 

もちろん、前述したように赤ちゃんは汗を
かきやすいので、スリーパーや腹巻も様子
を見ながら使用して下さいね。
 
赤ちゃんのベビー布団・背骨の形成に!いつまで必要?
 

 

秋の赤ちゃんの布団・新生児の注意事項は?

新生児の場合でも、掛布団と必要に応じて
ブランケットなどを併用しましょう。

 

ただし、布団に埋もれて窒息してしまうと
いうことも稀にあるため、枚数のかけ過ぎ
や、顔にかからないような工夫も要します。

 

また、新生児の場合は手足の力もまだ弱い
ので、暑いと感じても布団を蹴れない場合
もあります。

 

暑がっていないか、逆に寒がっていないか
という点は、よく観察して調節してあげる
しかありません。

 

また、新生児の場合は、夜中でも数時間
おきに授乳やミルクのために起きますよね。

 

もし、お母さんが寒いと感じるときには、
エアコンなども上手に利用しましょう。

 

秋も深まると、日中は日が出て暖かくても、
やはり夜は寒くなります。

 

体温調節がまだ上手くできない赤ちゃんに
とってはこの寒暖差がとてもつらいので、
お母さんの観察力も問われます。

 

もし何か困るようなことがあれば、実家の
母親や子どもを持つ友人などに相談すると、
良い解決策も見つかりやすいですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。