日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

レタスの栄養・効能・カロリー!加熱すると?妊婦さんに良い?

レタス 栄養 効能

レタスの栄養・効能・カロリー!加熱すると?妊婦さんに良い?夏も近づき、生野菜が美味しいと
感じる季節がやってきました。

 

なかでも、 レタスはシャキシャキとした
食感が人気で、冷たい麺類などと一緒に
食べても美味しいです。

 

サラダに良く使われているので、ダイエット
の味方というイメージですが、実は優れた
栄養価を持つ野菜でもあります。

 

そこで今回は、レタスに含まれる栄養や効能、
カロリー
などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

レタスの栄養と効能は?

レタスは100gあたりのカロリーが12kcal
とてもヘルシーな野菜です。

 

90%以上が水分からできているため、
夏場の汗をかく時期に食べるのに、
とても適している野菜です。

 

水分が多いせいか、栄養が少ないと思われ
がちですが、実はそんなことはありません。

 

ビタミンA、B1、B2、C、Eの他、カリウム、
カルシウム、フラボノイド
といった栄養素が
豊富に含まれています。

 

とくに 抗酸化作用を持つビタミンEが豊富に
含まれており、ビタミンCとの相乗効果で
活性酸素を除去し、動脈硬化などの予防にも
繋がる効能を持っています。

 

また、抗酸化作用といえば、美肌、抗がん、
老化防止などの効果も期待できますね。

 

 
一般的に、野菜に含まれるビタミンは加熱
によって失われることが多いですよね。

 

でも、レタスは生で食べることが多いので、
無駄なく摂取できる点もメリットです。

 

生で食べた場合には鉄分も摂取できるので
貧血予防という効能も見逃せません。

 

さらに、レタスは種類によっても栄養価が
多少異なってきます。

 

葉の色に赤みのかかったサニーレタスや
リーフレタスなどは、特に栄養価が高いです。

 

普通のものに比べると、ビタミン類は約4倍
くらいも含まれています。

 

また、レタスというと食物繊維が多い野菜の
代表でもありますが、繊維と水分を両方摂取
できるため、便秘解消にも一役買ってくれます。

 

カリウムによる利尿作用で、むくみの解消に
なったり、体に不必要なナトリウム(塩分)
を排出する働きも、 高血圧の人には嬉しい
効能ですね。

 

 

レタスの栄養・加熱すると?

野菜に含まれる栄養素は、 加熱するとその
効能を失ってしまうことが多いです。

 

ただし、レタスに含まれるビタミンEは
同じ条件下でも壊れにくい特徴があります。

 

このビタミンEは、前述したようにいわゆる
「若返り」「老化防止」などが期待できる
栄養素です。

 

血行が良くなることで代謝が上がることや、
血液の酸化防止が見込めるのです。

 

人間の健康に関するテーマとして、ストレス
などによって活性酸素が大量に増えるのを
いかに抑制できるかが重要なポイントです。

 

つまり、活性酸素が大量に増えるのを抑制する
「抗酸化作用を侮るなかれ」…ですね。

 

生野菜はかさが多くて量を食べにくいですが、
加熱するとかさが減るので摂取量が増やせる
のがメリットです。

 

食物繊維も加熱しても壊れないので、便秘の
時などには、スープなどに加えて水分と一緒
に摂取することで、より効果が増します。

 

暑い季節はレタス入りチャーハンなどで
サラッといただくのもおすすめです。

 

ただし、ビタミンCや鉄分といった栄養素は、
加熱によって効能が半減しますので、別の
食材から摂取することも考えましょう。

 

 

レタスの栄養・妊婦さんに良い?

レタスは生で食べることが多いですが、
野菜は全般的に摂りすぎると体を冷やし
てしまいます。

 

ここは、 妊婦さんにとっては気になる
ポイントですね。

 

また、生で食べるときにドレッシングや
マヨネーズなどをかけすぎるのも良く
ありません。

 

塩分の摂取量も増えてしまうので、むくみ
などに繋がる場合があります。

 

塩分控えめのドレッシング選びと過剰摂取
に注意すれば、問題はないでしょう。

 

レタスの食物繊維によって便秘の解消や、
鉄分による貧血の防止など、妊婦さんに
とってうれしい効能もあります。

 

また、体重の急増を防ぐためにも野菜は
積極的に摂取したいですし、群を抜いて
ヘルシーなレタスは、体重のコントロール
にも役立ちます。

 

 

最近はジャーサラダなど、お弁当にサラダ
を持っていくのも流行っていますね。

 

食事の彩にも役立つレタスは、女性の美容
にもうれしい効果があります。

 

体の中から綺麗にしてくれる有難い野菜
の1つですね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。