日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

なめこの栄養成分・効能・カロリー!妊婦さんにもおすすめ!

なめこ 栄養 効能

なめこの栄養成分・効能・カロリー!妊婦さんにもおすすめ!納豆や山芋など、ヌルヌル、ヌメヌメする
ものは健康に良いといわれていますよね。

 

同じヌルヌルするものに 「なめこ」
ありますが、あの食感がたまらないと
いう人も多いようです。

 

ただし、その栄養成分や効能効果について
ご存じの方は少ないと思われます。

 

独特のぬめりの正体とは一体どんな成分
よるものなのでしょうか。

 

そこで今回は、なめこの栄養成分や効能、
カロリー
などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

なめこの栄養成分とカロリーは?

なめこの正体は、 モエギタケ科スギタケ属
のキノコの一種です。

 

まず、なめこのぬめりの成分ですが、
これは山芋などにも含まれる「ムチン」
という栄養成分です。

 

ムチンが含まれているということは、
健康維持効果が期待できそうですね!

 

使用する前に一度洗うと思いますが、
洗いすぎるとムチンが失われてしまう
ため、注意してくださいね。

 

他の栄養素としては、ビタミン、ミネラル
の量は少ないものの、バランス良く含んで
います。

 

また、 トレハロース コンドロイチン
含まれているのも特徴です。

 

葉酸や、もともときのこ類に豊富な
食物繊維なども含まれています。

 

なめこのカロリーに注目すると、
可食部100gあたり約15kcalです。

 

エリンギでしたら22kcal、しめじが18kcal、
えのきが22kcalですので、きのこ類の中でも
カロリーは低いとうことが分かります。

 

栄養価が高いのにカロリーが低いのは
嬉しいですね。

 

 

なめこの効能は?

まず、ヌメヌメ成分のムチンの効能は、
胃腸の働きを促進したり、風邪の予防
などにも繋がります。

 

ムチンはタンパク質と糖類でできており、
胃腸を保護している成分と同じ成分と
いわれています。

 

二日酔いや食べ過ぎで胃が弱っている時に
なめこの味噌汁を飲むと効果てきめんです。

 

また、粘膜を保護してくれるので、風邪
などのウイルスに対する抵抗力も高めて
くれる効果があります。

 

 
そして、とくに注目なのはトレハロースと
コンドロイチンです。

 

トレハロースは、保湿効果に優れている
ため、乾燥肌の人におすすめの成分です。

 

コンドロイチンも保湿成分で、化粧品など
にも含まれる成分です。

 

少し意外かもしれませんが、なめこは 美肌
効果
がかなり高い食材なのです。

 

その他にも、食物繊維が含まれているため
便秘解消の効能も期待できますし、カリウム
が含まれているため、むくみ解消効果も
期待できます。

 

さらに、 血行促進、骨粗鬆症予防、がん予防
にも効果があるといわれており、 美肌、ダイ
エット、健康維持
にも持ってこいの効能を
発揮する食材です。

 

 

なめこの栄養・妊婦さんに良い?

妊娠中は何かと食生活に気を遣うことも多く、
できるだけ母体と胎児に良い食事を心がけ
たいですね。

 

体に良いといわれているものでも、妊婦さん
は気をつけなくてはいけない食材もあるため、
心配になることも多いと思います。

 

なめこの場合には、特に妊娠中に気を付け
なければいけない成分はないようです。

 

ぬめりを持つ成分のムチンや葉酸、食物繊維
などが含まれているので、妊婦さんにとって
も良い栄養素が含まれていることになります。

 

葉酸は、赤ちゃんの体を作るのに必要な成
ですから、とくに妊娠初期には積極的に
摂取する必要があります。

 

不足すると胎児の奇形の原因にもなるため、
しっかり押さえておくべきポイントです。

 

食物繊維は便秘がちの女性には必要なので、
なめこでも良いですし、他の野菜中心の
食生活にすることも大切です。

 

きのこ類といえば、もともとミネラルが
豊富であるため、 利尿作用の強いカリウム
も大きな味方になってくれます。

 

とくにむくみで悩む妊婦さんはカリウムの
利尿作用によって改善できるため、少し
多めにいただいても良いですね。

 

実は、ムチンは妊娠を望む人にも良い効能
を発揮するとも言われています。

 

夫婦で食べるようにすると、子宝に恵まれ
る可能性も否定できません。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。