日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

ブロッコリーの栄養・効能・カロリー!妊婦さんにもおすすめ!

ブロッコリー 栄養 効能

ブロッコリーの栄養・効能・カロリー!妊婦さんにもおすすめ! ブロッコリーはその独特な外見や食感から
人によって好き嫌いが分かれる食材ですね。

 

好きな人は、さっと塩ゆでしたただけでも
美味しく食べられます。

 

また、サラダのボリュームアップにも使え
ますし、シチューやグラタンの具としても
活躍しますね。

 

ただ、摂取することで体に良い効能がある
のか、未知数の人も多いかもしれません。

 

そこで今回は、ブロッコリーの栄養や効能、
カロリー
についてご紹介します。

Sponsored Link

 

ブロッコリーの栄養成分と効能は?

ブロッコリーには様々な栄養素が含まれて
いますが、注目すべきは ビタミンCです。

 

ビタミンCと言えば、お肌の状態を正常に
保つ他、免疫力をアップして風邪の予防に
役立つなどの効果が期待できますね。

 

ビタミンCばかりでなく、ビタミンAやE、
葉酸も多く含まれています。

 

さらにブロッコリーは緑黄色野菜である
ことから、 β―カロテンを多く含んでいます。

 

β―カロテンは免疫力を高める効能がある
ことも証明されています。

 

これらのビタミンやβ―カロテンのおかげで、
抗酸化作用も優れており、体内で活性酸素
大量に発生するのを抑制する働きもあります。

 

それによりシミ、ソバカスができるのを
防いただり、動脈硬化がん発症の
リスクを下げる効能もあります。

 

さらに、 カリウム、カルシウム、マグネシウム、
亜鉛、鉄
などのミネラルも豊富に含まれて
います。

 

特にカリウムには、利尿作用によりむくみ
改善や、血圧を正常に保ち、不整脈
予防する効果があります。

 

また、 カルシウムが含まれていることで
骨の形成骨粗鬆症の予防にも必要な栄養素
が含まれていることになります。

 

あまり味にクセや灰汁が少ないブロッコリー
ですが、意外と優秀な食材であることが
わかります。

 

 

ブロッコリーの栄養・逃がさない方法は?

せっかく体に良い栄養素を沢山含んでいる
ブロッコリーです。

 

調理方法によってその効果を逃さないよう
にしたいですね。

 

その栄養を効果的に摂取できる調理法は
どんなものでしょうか。

 

まず、ブロッコリーに含まれるビタミンCは、
水や熱に弱いという性質があります。

 

だからといって生で食べるわけにもいきま
せんので、 ゆで方に注意が必要です。

 

まず、茎の根元の切口に、十字に 切れ目
を入れます。

 

沸騰したお湯に塩を入れ、ブロッコリーを
茎の方から入れます。

 

歯触りが残る程度にさっとゆで上げるのが
コツで、ゆで過ぎるとしんなりして色も
悪くなってしまいます。

 

下ゆでが終わったら、そのままサラダとして
食べることもできますし、さらに炒めたり、
シチューなどの具にすることもできますね。

 

 
また、下処理に 電子レンジ 蒸し器を使用
するのも、栄養素を極力逃がさないように
できます。

 

なお、ブロッコリーはあまり日持ちがしません。

買ってきてすぐ調理して食べてしまうのが
一番いいのですが、どうしても余ってしまう
ことがあります。

 

そんな時は、さっと硬めにゆでて粗熱を取った
後、水気をよく切って冷凍保存しておきましょう。
 
ブロッコリーのゆで方・硬め軟らかめの時間!
 

 

ブロッコリーの栄養・妊婦さんに良い?

ブロッコリーが栄養価の高い野菜であること
はわかりましたね。

 

ということは、 妊婦さんにも良い効能を
持っていると見当が付きますね。

 

妊娠中、特に妊娠初期に摂取すべき栄養素
の1つが葉酸です。

 

葉酸には胎児の先天的な奇形(神経管欠損症)
を予防する働きがあります。

 

「そうは言っても、摂りすぎるのもまずいん
じゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。

 

でも、摂りすぎた葉酸は尿と一緒に排泄される
ため、そんなに心配する必要はありません。

 

むしろ葉酸は、体内での蓄積性が低いので、
毎日の摂取を心がけたいくらいです。

 

また、葉酸は鉄分の吸収を助ける働きも
ありますので、 貧血になりがちな妊娠中に
にはぜひ摂取したい成分です。

 

また、ビタミンCによって免疫力を高めたり、
つらいつわりを和らげる効果や、ストレスを
緩和する効果があります。

 

ビタミンCがコラーゲンの生成を助けるため、
妊婦さんの 美肌効果もありますが、コラーゲン
胎児の強い血管や骨を作る効果もあるのです。

 

生のプロッコリーのカロリーは100gで33kcal
それをゆでると27kcalになります。

 

ダイエット食のレシピにも登場しますので、
極端に過剰摂取しない限り、カロリーを
心配する必要もありません。

 

ブロッコリーは和洋中と、どんな料理にも
使えて便利な食材だけに、味付けを工夫して
美味しくいただきましょう。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。