日々の気になるトリビアを先取りで紹介しています!

秋の赤ちゃんの服装!(9月・10月・11月)寒暖の差を考慮して!

秋 赤ちゃん 服装

秋の赤ちゃんの服装!(9月・10月・11月)寒暖の差を考慮して!暑い夏が過ぎ、少し過ごしやすくなって
来た頃、 新米ママさんも気を遣うことが
多くなりますね。

 

秋は朝夕の寒暖差などがあり、赤ちゃんの場合、
服装での体温調整が必要になってきます。

 

赤ちゃんは暑い寒いと主張ができないので、
体の様子や機嫌をよく観察して、快適に
過ごせるように工夫してあげましょう。

 

そこで今回は、秋の赤ちゃんの衣服の
注意点
について、9月、10月、11月に
分けてご紹介しますね。

Sponsored Link

 

秋の赤ちゃんの服装・9月

9月は暦の上では秋ですが、地球温暖化の
せいか、最近は 残暑が続いていますね。

 

日中は風通しの良い涼しい恰好を心がけ、
外出で汗をかいたときには、こまめに
着替えをさせることも必要です。

 

基本的には、夏と同様に肌着やTシャツ
1枚で過ごせるでしょう。

 

外出時は、羽織りものおくるみなどを
持参し調整しましょう。

 

夜に冷えるときには、薄手の長袖パジャマ
などを着用すると良いですね。

 

では、具体的に月齢別に見てみましょう。

●新生児~3か月位
・短肌着+オムツでOK
・涼しい日は短肌着+コンビ肌着、カバードレスなど
・夜は短肌着+カバードレスなど

 

この時期は外出も少なめ、室内で過ごす
ことが多いです。

 

寝ているときには肌かけなどをかけて
あげることも忘れずに、汗とりパット
なども併用すると、汗冷えを防げます。

 
 
●首座り・寝返り期
・ロンパース型の肌着など
・涼しい日は肌着+カバーオールなど
・夜は肌着+カバーオールなど

 

少し動きが出てくる時期ですね。

散歩などの外出も、天候を見て
取り入れていきます。

 

一応9月といえば秋に含まれますので、
外に出るときには、羽織りものなどを
持っていくといいでしょう。

 
 
●ハイハイ期
・Tシャツ+ズボン
・涼しい日は肌着とTシャツを重ねましょう。
・夜は肌着+パジャマ、必要であれば腹巻
 などを着用しましょう。

 

ハイハイ期になると動きがより活発に
なります。

 

動く分、体温も高くなるので、暑い日は
涼しい恰好を、肌寒い時は汗冷えに注意
したいですね。

 

 

秋の赤ちゃんの服装・10月

10月になると、朝夕はめっきり冷える
ことも多くなります。

 

赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、
大人より1枚少なめくらいで丁度良いと
いわれます。

 

とはいえ、心配になってしまうことも
多いですね。

 

手足が冷たくないか、機嫌がいいかなど
をよく観察して調整してあげましょう。

 

外出時は室内よりも1枚多め、必要なさ
そうなときでも、お守り代わりに上着を
もって出ると安心です。

 

夜寝るときには長袖を着用し、
布団をかけましょう。

 

●新生児~3か月位
・短肌着・コンビ肌着+カバードレス
・外出するときには、おくるみなどを持参
・カバードレスも、夏物よりも厚手のもの
 を選びましょう。

 

●首座り・寝返り期
・長袖肌着+カバーオール・ロンパース
・外出時は上着などを持っていきましょう。
・寝るときにはベストや腹巻を併用して、
 胸や腹を冷やさないようにします。

 

●ハイハイ期
・長袖肌着+長袖シャツ・長ズボンなど
・外出時は上着を着せ、室内やよく動く
 ときには脱がせましょう。
・寝るときには長袖のパジャマを着用
・足が冷たくなると心配ですが、ハイハイ期
 は足の裏の感覚がとても大切です。
・室内で動くときなどは、靴下は脱がせた
 方がいいです。

 
冬の赤ちゃんの散歩・時間帯や服装は?
 

 

秋の赤ちゃんの服装・11月

11月に入ると、日中も冷え込む日が多く、
そろそろ冬支度も近づいてきます。

 

室内で暖房が利いている場合には、必要
以上に厚着をさせないよう注意が必要です。

 

スーパーやショッピングモールなどに
行ったときには、1枚脱がせ、厚着で汗
をかかないように注意しましょう。

 

ベビーカーや抱っこで出かけるときには、
風をよけられるような毛布などを利用し
たいですね。

 

夜はパジャマと厚手の布団をかけるよう
にしましょう。

 

●新生児~3か月
・短肌着・コンビ肌着+カバードレス
・外出するときには、カバーダウンなどを
 着せましょう。
・肌着も天竺ニットなどの薄くても保温性
 のあるものを選ぶとよいでしょう。

 

●首座り・寝返り期
・肌着+カバーオール
・外出時はカバーダウンなどを着せましょう。
・寝るときには腹巻などを着用すると良いです。
・レッグウォーマーなども持っていると便利です。

 

●ハイハイ期
・肌着+長袖・長ズボン
・レッグウォーマーなどを使うと、動きを
 邪魔せずに暖かく過ごせます。
・寝るときには長袖パジャマを着用しましょう。
・フリースなどの暖かい素材を選ぶと良いです。

 

 

1歳くらいになるまでの赤ちゃんの成長は
著しく早く、 動きもどんどん活発になって
いきます。

 

季節によって保温を調節することももちろん
大切ですが、動きや発達に合わせた衣類を
着せることも大切です。

 

まだ、意思表示ができない赤ちゃんなので、
普段から様子をよく見て、適切な服装にして
あげられるように心がけましょう。

 

特に9月、10月、11月の秋といえば、寒暖の
差が激しいことも十分考慮して下さいね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。